Menu
Home » 攻略法 » フィボナッチの賞味期限切れ問題をどうする?その対策はコレ!

フィボナッチの賞味期限切れ問題をどうする?その対策はコレ!

更新:2020年09月23日

こんにちは、ミウラです!

前回は、

フィボナッチ・リトレースメントとフィボナッチ・ファンを両方とも長期スパンで使いました!

こういう使い方では、

ラインの間隔が広いのでこれからローソク足がどちらの方向へ進むのかを知ることができます

ただ、この運用法にはひとつ、大きな欠点があります


先ほど、安倍首相の辞任表明があり、ドル円は一気に値を下げました。

このように短時間で大きな下げを挟んだ場合、

斜線で表現されるフィボナッチ・ファンは傾斜がきつくなり、ごく短期間しか機能しなくなりま す

この画像でも、フィボナッチ・ファンを抜けた後は、

フィボナッチ・リトレースメントのみでのトレードになってしまいます。

そこで今回は、こういったときどうすればよいのかを解説していきます。

目次

〇 フィボナッチ・ファンを短いスパンで描画する

フィボナッチ・リトレースメントとフィボナッチ・ファンは、

より精度を上げるため併用するのが望ましいとされています。

※ フィボナッチファン(MetaTrader5)(注1

しかし、同じ高値と安値で描画してしまうと、

ファンだけがローソク足に早い段階で抜き去られてしまい、参考にならなくなってしまいます。

そこで、フィボナッチ・ファンだけを別の高値と安値で描画する、という対策をとります。


具体的には、フィボナッチ・リトレースメントよりも、短いスパンでフィボナッチ・ファンを描画します

これにより、フィボナッチ・ファンが先に賞味期限切れになってしまうことを防げます

別の高値と安値を結んでいるので、リトレースメントとファンの間に関連性はなくなってしまうのですが、

裏を返せば、別の要素からなるガイドを併用することになります。

二重のフィルターで精度が上がっている、ともいえるので、問題はありません。

リトレースメントで長期的な動きのガイド、

ファンで短期的な動きのガイドをする、

という風にも考えられます。

〇 実戦での使い方

では、この長期リトレースメントと短期ファンの組み合わせをどう使っていくのか。

実戦での動きを見ていきましょう。


最新のローソク足ではこうなっています。

ここで見ておきたいポイントは2つ。

まず、

「長期リトレースメントの23.6%ラインと短期ファンの61.8%ラインでもみ合いながら、下に落ちていっているな」と読みます。

この流れが継続する限りは、下降トレンドなのでLowで行くべきか、 となりますね。

しかし、一方で下のMACDに注目してみてください。

MACD、シグナルともに、まだ0ラインの下にあります。

このMACDとシグナルが0ラインを超えるのは上昇トレンド最後の確認ポイントでした。

※ 売買ポイント(auカブコム証券)(注2

しかし、これ以降はもう上昇トレンドのサインが出ないので、ここから反転が始まりやすいです。

これは前回でも使いましたね。

現状では、MACD、シグナルともに、まだ0ラインを超えていないので、

超えるまでは下げには転換しにくいかも・・・という警戒をする必要があります。


よって、様子見をしていると、もみ合いから脱して上に抜けようとし始めました。

MACDが発する警戒が当たった形です。

こうなるとレジスタンスであるリトレースメントやファンが抜かれたことで、

ブレイクアウトして次のリトレースメント38.2%を目指す動きに変化した可能性があります。

※ フィボナッチファンとポイント(ヒロセ通商)(注3


もみ合いが続くなら、23.6%の上に出たとしても、すぐにまた23.6%ラインにタッチしに行くはず。

しかし、押しのターンでも戻る気配がありません

そこで、「これは上を目指す流れだな」と判断し、Highで入っていきます


まずは1本目、Highで入って勝ち

連続トレードで、新規のローソクが出た瞬間、始値のところでHighで入っていきます。

方針は、38.2%に到達するまで。

途中で負けを挟んでもトータルで勝てると踏んで、決め打ちで連続エントリーです。


2戦目も勝ち

38.2%が近づいてきたせいか、少し勢いが落ちてきました。

ですが、まだラインに到達してはいないので、あと1戦はいけるはず。

次で終了だろうなという目安を立てて、もう3戦目に挑みます


ですが、3戦目は負け

トレード中に38.2%に到達し、そこで達成感が出てしまったのか、完全に勢いを失いまし

このあたりは短期間トレードのめぐり合わせということで、仕方ない面はありますね。


その後の動きはこうなります。

さっきの負けの時点ですでにエンベロープ同士のクロスによる、下げサインは出現していました。

しかし、MACDシグナルはまだ点灯せず、という状態です。

そこからMACDシグナルが0ラインを超えたのを合図に下げへと転換してふたたび23.6%に戻っています

〇 ファンはこまめに描き直すほうがよい

この、ファンが抜き去られたあとの動きを見てもわかるように、

レジスタンスとしてのファンが抜き去られても、一時的なブレイクアウトの上昇にはつながると しても、

すぐにまた下降に転じてしまう、ということはよくあります。

ファンは61.8%ラインを抜かれた時点で、短時間ブレイクアウト方面へのトレンドが発生しますが、

そのあとは効力を失うと考えてよいでしょう。

従って、今回のトレードでいえば、

3戦終了して下げ始めた時点でファンだけは描きなおしたほうが、安定してトレードを継続でき ます

リトレースメントは長期スパンで固定しつつ、

短期ファンはこまめに描きなおしたほうがよいでしょう。

■■■■脚注■■■■

(注1)フィボナッチファン(MetaTrader5)
(注2)第13回 MACD(auカブコム証券)
(注3)フィボナッチファン(ヒロセ通商)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

わかったつもり?ボラティリティを考えるならこれだけでいい

(更新:2020年10月19日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 以前、わかりにくい投資用語を取り上げたことがあります! 今回はわかったつもりだけかもしれない「ボラティリティ」について、 見ることのできるインディケータと、ハイローオーストラリアでの使い方です! チャネル系、オシレータ系と分けておきますね。

[続きを読む]

 

急落・急上昇はビッグチャンス!超短期トレードでバイナリーの醍醐味を味わう!

(更新:2020年10月16日) こんにちは、ミウラです! これまでに紹介したフィボナッチ・ファンを使ったトレード以外にも、 さらに短いスパンで勝負する超短期トレードというものが存在します! 精度に少し難があること! そして、トレードの回転が早いので、すばやい状況判断が求められることなどから、 難度は高めです。

[続きを読む]

 

名目金利と実質金利はXMトレードに関係ある?

(更新:2020年10月15日) こんにちは! いろんな過去を持つファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです(笑) XM(XMTrading)トレーダーの皆さんは頭が良くてファンダメンタルズもよく知っているんですよね! でもコロナ禍で新人XMトレーダーさんが増えたのと、 米国のパウエルさんの政策で注目されたので名目金利と実質金利のお話をします。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

フィンセン文書がすっとんだ週末だが為替は平常運転だったな

(更新:2020年10月13日) 初心者の味方Tボーンです! 今、懐かしい平均足を使っているんだ! Tボーンのハイローオーストラリアは、 【トレンドをみてから水平ラインでトレードする】 という基本しかやっていないから、インディケータを変えても使い方は簡単だ。

[続きを読む]

 

ひさしぶりに使った平均足は楽しかった!

(更新:2020年09月29日) 初心者の味方Tボーンです! Tボーンがハイローオーストラリアをはじめたころ、 平均足というインディケータを使っていたんだ! ローソク足でトレードがうまくいかないと悩んでいるなら一度使ってみよう。

[続きを読む]

 

自信がなくてもこの順序でハイローオーストラリアしてみてくれ

(更新:2020年09月11日) 初心者の味方Tボーンです! 今日はTボーンのいつものトレードの流れを書くぞ! Tボーンは友達の中でも勝負事が下手なほうだし反射神経もないんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top