Menu
Home » 攻略法 » 短期ファンはいつでも書き換えOK?その際の注意点とは

短期ファンはいつでも書き換えOK?その際の注意点とは

更新:2020年10月07日

こんにちは、ミウラです!

前回は、短期ファンを運用するときに起きる問題とその対策を扱いました!

機能しなくなった短期ファンを新たなものに書き換える、というものでしたが、

そのほかにも、いくつか問題は残っています!

例えば、短期ファンが機能はしているものの、

長期間、書き直されずに残ってしまうケースです。


緩やかなトレンドのときに起きやすいのですが、フィボナッチ・ファンの61.8%を突破せず、

しかも、高値や安値も更新していかないというケースです。

こうなると、ファンの間隔が広くなりすぎて、

これまでの手法とは異なるトレード法が求められます。

この画像の場合、38.2%と50%の間を往復する動きになっており、

ボリンジャーバンドのバンドウォークを扱うようなトレードになります。

※ ボリンジャーバンドを順張りで使うためのバンドウォーク戦略(外為オンライン)(注1

これは61.8%をメインのトレンドラインと捉える短期ファンの手法とは大きく異なります。

そこで今回は、このように間隔が開きすぎた場合の対処とその際の注意点について、お話していきます。

目次

〇 フィボナッチ・ファンをツールーバーに追加しておくと便利

最初にちょっとだけMT5のカスタマイズの話です。

短期ファンを次々と書き換えていくので、

上のツールバーにフィボナッチ・ファンのアイコンを入れておくと便利です。

デフォルトでもフィボナッチ・リトレースメントは入っているのですが、ファンのほうは入っていないので、

自分でカスタマイズして追加しましょう。


やり方は単純でツールバーの上で右クリック


左のボックスで「フィボナッチ・ファン」をクリックし、「挿入」をクリックするだけです。

これでツールバーのアイコンをクリックするだけでファンを描くことができます。

〇 機能不全になる前でも書き換えOK

では、本題に入りましょう。

緩やかなトレンドが長引いて、短期ファンの間隔が開きすぎた場合、

前回と同じように短期ファンを描き直します。


前回は、短期ファンが機能しなくなってから、書き換えを行いましたが、

今回は、まだ機能が失われていない段階で描き直すということです。

ただ、この時点で、描き直したファンの61.8%は突破されかかっており、機能を失いつつあります。


そこで、思い切って下向きに書き換えてしまいます。

ただ、この時点では下向きトレンドがきつくなるかどうかは不明なので、

61.8%に達しても、Lowで入らずに様子見をします。

これくらい傾斜がきついトレンドラインで反発するのは、

かなりトレンドが強いとき限定なので、要注意ですね。


安値を更新して、ある程度、傾斜がマイルドになってきたので、61.8%に触れたところで Low .

これで2連勝しています。

短期ファンが機能不全に陥る前でも、トレードしづらくなったと感じたら、

書き換えていっても大丈夫です

〇  任意のタイミングで書き換えるときの注意点

自分の好きなタイミングで書き換えを行ってもよい、ということなのですが、

いつでもどこでも勝てる、とは限りません。

裁量による書き換えとなるため、チャートの状況をきちんと見る必要はあります


試しに、さらに短いスパンへの書き換えを試みてみましょう。

これもまたトレンドの傾斜がきついです。

かなり強いトレンドでなければ、この短期ファンはトレンドラインとして機能しないのですが・・・


案の定、61.8%を軽々と突破されていますね。

Lowで入ったら負けています。

ヒントとなるのは赤線で示した25分エンベロープの向き

完全に横ばいでトレンドが弱いことを示しています。

こういうとき、傾斜がきつい短期ファンを描いても機能しません

注意しましょう。


今度は、文句なしのきついトレンドが出ています。

エンベロープも上に置き去りにしており、

このような状況なら、傾斜のきつい短期ファンも機能しそうですが・・・


まるで機能していません・・・

ここで見落としてはいけないのが、この長期リトレースメントの0%ラインですね。

非常に長期間にわたって描かれている長期リトレースメントの0%ラインということは、

ここが前回の最安値であり、長期スパンの底値ラインということです。

ここで、一時的にせよ、上に跳ね返される可能性は考慮しておくべき場面でしょう。

※ 61・8%、38・2%、23・6%という比率が抵抗帯や支持帯に(外為オンライン)(注2

〇 書き換えたあとは周囲をよく見ること

裁量による短期ファンの書き換えは、トレードの効率を高める上で重要です

しかし、裁量である以上、

いろいろな場面での書き換えの可能性があり、そのなかには失敗も多数、含まれます。

トレンドの強弱を考慮したり、フィボナッチの水準を見落とさないなど、

裁量による書き換えを行うときは、慎重にチャート周辺の状況を精査するようにしましょう

いつものことですが、わからなければ様子見をして、

信頼できるチャートの形状になってから入るのがおすすめです。

■■■■脚注■■■■

(注1)初心者でもわかる!実戦チャート術(外為オンライン) 第18回
(注2)初心者でもわかる!実戦チャート術(外為オンライン) 第6回

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

わかったつもり?ボラティリティを考えるならこれだけでいい

(更新:2020年10月19日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 以前、わかりにくい投資用語を取り上げたことがあります! 今回はわかったつもりだけかもしれない「ボラティリティ」について、 見ることのできるインディケータと、ハイローオーストラリアでの使い方です! チャネル系、オシレータ系と分けておきますね。

[続きを読む]

 

急落・急上昇はビッグチャンス!超短期トレードでバイナリーの醍醐味を味わう!

(更新:2020年10月16日) こんにちは、ミウラです! これまでに紹介したフィボナッチ・ファンを使ったトレード以外にも、 さらに短いスパンで勝負する超短期トレードというものが存在します! 精度に少し難があること! そして、トレードの回転が早いので、すばやい状況判断が求められることなどから、 難度は高めです。

[続きを読む]

 

名目金利と実質金利はXMトレードに関係ある?

(更新:2020年10月15日) こんにちは! いろんな過去を持つファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです(笑) XM(XMTrading)トレーダーの皆さんは頭が良くてファンダメンタルズもよく知っているんですよね! でもコロナ禍で新人XMトレーダーさんが増えたのと、 米国のパウエルさんの政策で注目されたので名目金利と実質金利のお話をします。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

フィンセン文書がすっとんだ週末だが為替は平常運転だったな

(更新:2020年10月13日) 初心者の味方Tボーンです! 今、懐かしい平均足を使っているんだ! Tボーンのハイローオーストラリアは、 【トレンドをみてから水平ラインでトレードする】 という基本しかやっていないから、インディケータを変えても使い方は簡単だ。

[続きを読む]

 

ひさしぶりに使った平均足は楽しかった!

(更新:2020年09月29日) 初心者の味方Tボーンです! Tボーンがハイローオーストラリアをはじめたころ、 平均足というインディケータを使っていたんだ! ローソク足でトレードがうまくいかないと悩んでいるなら一度使ってみよう。

[続きを読む]

 

自信がなくてもこの順序でハイローオーストラリアしてみてくれ

(更新:2020年09月11日) 初心者の味方Tボーンです! 今日はTボーンのいつものトレードの流れを書くぞ! Tボーンは友達の中でも勝負事が下手なほうだし反射神経もないんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top