Menu
Home » 攻略法 » MT5でラインチャートを使うときの注意点とティックチャートのすすめ

MT5でラインチャートを使うときの注意点とティックチャートのすすめ

更新:2020年12月11日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

ハイローオーストラリアのトレードには市場分析、テクニカル分析も大切です!

得意なチャートプログラムでしっかり分析するという方も多いのではないでしょうか!

また、短期バイナリーオプションなので銘柄の細かい値動きを見たいとも思います!

今回は線グラフで為替価格を出せる、

MT5(MT4も同じ)の【ラインチャート】【ティックチャート】についてです。

目次

〇 MT5のラインチャートとは


MT5やMT4を立ち上げる(クリックして表示させる)と、

普通はローソク足が出ます。

しかし、上の図のようにメニューからローソク足の絵のあるところでほかの絵を選ぶと、

足を変えることができます。

これは、左から「バーチャート」「ローソク足」「ラインチャート」となっています。

右端の「ラインチャート」は、名前のとおり線でチャートを描くものです。

※MT5公式 (注1

〇  これがラインチャートです


この上の図が、右端の絵をクリックして出した「ラインチャート」です。

これだけ見ると、

ハイローオーストラリアのチャートに近い形になるし、使いやすい

のではないかと思えますが、どうでしょうか。

〇 ハイローオーストラリアのチャートと比べると


しかし、ハイローオーストラリアのチャートと並べてみると、

MT5のラインチャートのほうが大雑把で、いい加減なように見えます。

ちなみに、MT5は1分足を出しています。

なぜこんな大雑把になるのでしょうか。

〇 1分間見比べてみよう


その疑問を解くために、

ラインチャートの1分間とハイローオーストラリアのチャートとを見比べてみましょう

時計のアプリは適当にみつけたもので、見づらいですがすみません(;^ω^)

とにかく、時計の絵の赤い針が0秒なので、ここから1分間追いかけます。

ふたつのチャートを見比べると、縮尺の違いで角度が違いますが、

どちらも下がっています

でもやっぱり、MT5は大雑把ですね。

〇  途中経過(45秒後)


45秒くらい経ちました。

この間、ハイローオーストラリアのチャートもMT5のラインチャートも、

相場に合わせて細かくちゃんと上下に動いています。

ただし刻一刻と値動きを描き残していくハイローオーストラリアと違い、

ラインチャートは先端の5ミリくらいの棒が上下しているだけです

〇 1分経ってみると


1分過ぎました。

ハイローオーストラリアのチャートは、1分間の歴史を克明に残しているのですが、

ラインチャートは1本のまっすぐな棒が止まっただけです。

つまり「ラインチャートは1分間の終値だけを描いている」のです。

1分間足ならそうですが、日足なら一日の終値しか描いてくれません。

ローソク足の幅と同じ、とイメージするとわかりやすいかもしれません。

〇 【ティックチャート】がおすすめ


結論が最後になってすみませんが、

ハイローオーストラリアのチャートと一緒に見ながらトレードしたいなら、

ラインチャートよりも【ティックチャート】を使うのがいいのではないかと思います

出し方は上の図のように「気配値表示」のところの下のタブから選びます。

MT4だとメニューが少ないので見つけやすいですが、

MT5だと隠れているかもしれないのでわからなかったらタブを順にクリックして探しましょう。

※ティックチャートとは(一般的な解説) (注2
※ローソク足を体験したい人はこちら
『【読める】がわかるようになるローソク足レッスン【指でなぞる】』

■■■■脚注■■■■

(注1)MetaTrader 5取引プラットフォーム(MetaTrader 5)
(注2)ティッ クチャート とは(みんかぶFX)

HighLow.com

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

商品のトレードでプラチナに注目する理由とは

(更新:2021年01月25日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです! 2020年の後半ごろからコーン、大豆が注目されてきました! 原油も低迷していたのに上がってきています! XM(XMTrading)のMT5口座を開けば簡単にCFDや先物の価格でショートもロングもできます。

[続きを読む]

 

リトレースメントとタイムゾーンの併用でチャートの未来がはっきり見える!

(更新:2021年01月25日) こんにちは、ミウラです! もうずいぶんフィボナッチタイムゾーンに慣れてきたと思いますので、 ここからはフィボナッチ同士を組み合わせて使っていく方法も取り上げ ていきます! フィボナッチタイムゾーンは、時間を基準にした予測法であるのに対して、 その他のフィボナッチ系オブジェクトはレート(価格)を基準にしたものです! ※ フィボナッチタイムゾーン(OANDA JAPAN)(注1) そのため、両者を組み合わせると、 時間とレートという異なった基準でチャートを分析できます。

[続きを読む]

 

困難な(笑)エリオット波動のまとめに挑戦

(更新:2021年01月22日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 今回は、初心者の方にできるだけわかるようにエリオット波動をまとめます! エリオット波動はまともに解説しようとすると大長編になってしまいます! ここの目的は「ハイローオーストラリアでいますぐ使いたい」ですから、 がんばってまとめますので読んでくださいね。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

【AMA】が描くのは高値や安値じゃないが勝てるぞ!

(更新:2021年01月21日) 初心者の味方Tボーンです! 今日も平均足でハイローオーストラリアしているぞ! ポンド/円(GBPJPY)は勝ちやすいと思っているが最近は上下の動きが激しい! EU離脱が完全にできたのだが、こんなときだから派手なイベントもなしに終わったんだ。

[続きを読む]

 

パソコンやMT5の調子がおかしくなったらブラウザだ

(更新:2021年01月14日) 初心者の味方Tボーンです! 最近は初心に帰って平均足でチャート分析をしているんだ! パソコンの調子が悪くてMT5が入っていないパソコンで見ている! こういうときはGoogleクロームやファイヤーフォックスのような ブラウザで見られるチャートを探そう。

[続きを読む]

 

平均足の特徴を知って教訓を生かすぞ!

(更新:2020年12月22日) 初心者の味方Tボーンです! 最近使っている平均足には面白い特徴があるんだ! 最新の平均足のスタートは、その前の平均足の真ん中である!とかな! だからローソク足のように窓開けや窓埋めのテクニックは使えない。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.com

公式サイト 口座開設

Top