Menu
Home » 攻略法 » 連勝したいならこれ?中長期タイムゾーンでトレード!

連勝したいならこれ?中長期タイムゾーンでトレード!

更新:2020年12月18日

こんにちは、ミウラです!

ここまで短期の高値と安値をとったフィボナッチタイムゾーンについてお話ししてきました!

短期のタイムゾーンのほうが、

手軽に書き換えができて、頻繁にエントリーしやすいので、

練習するなら短期のほうが適しています

そのためにまず短期について解説してきたのですが、

回数を重ねて、タイムゾーンの性質にも慣れてきた頃合いなので、

そろそろ、中長期のタイムゾーンの扱い方についても触れていこうかな、と思います。

中長期のタイムゾーンは、

頻繁な書き換えがないため、それなりに落ち着いてトレードできます

相場の流れをじっくり見定めてトレードしたい、という方は、

ぜひ参考にしてみてください。

目次

〇 短期も中長期も性質は共通

フィボナッチタイムゾーンは、フィボナッチ数(黄金比)により、

次の相場の変化するタイミングを予測するものです。

次の縦ラインの付近で上昇から下降、下降から上昇、というようにトレンドが変化します。

※ フィボナッチ (アイネット証券)(注1

しかし、実際に当てはめてみると、

ラインぴったりでトレンドが変化する、というのはけっこう珍しいです。


最初の高値と安値を8本のローソク足でとった、中期のなかでも短めのタイムゾーンです。

相場の変化はこのようになっており、

ラインぴったりでトレンドが変化していない部分もありますね。

なので、ラインを通過したらトレンドとは逆方向にひたすら買う、という方法は通用しません。


ここで思い出してもらいたいのが、前回にやった【平均線を跨ぐ】という性質です。

これは短期でも中長期でも原則として同じです

ひとつのスパンの中では、ローソク足が平均線を跨ぐことが多い、というものでした。

しかも、【跨いだあとは、その方向にトレンドが継続しやすい】という性質もあります。

この画像では、左と右のスパンでその性質が成立していますね。

真ん中は2回、跨ぎがでているのですが、

これはタイムゾーンのラインがすぐそばに迫っているからです。

タイムゾーンを通過する前後では、それまでのトレンドとは逆方向の力が働きやすく、

たびたびイレギュラーが発生します

このあたりは負けやすい要注意ポイントとなります

〇 中長期タイムゾーンで連続トレード

この説明だけだとちょっと分かりづらいので、実戦を通じて解説していきます。


フィボナッチタイムゾーン、5のラインを超えて8へと向かうスパンです

かなり長めのスパンとなっています。

最初は上昇の流れで来ましたが、

短期(パラメータ5)の平均線と何度も交差しており、平均線を下に跨ぎそうになっています

基本的に平均線跨ぎはスパンの中で1回のみですので、

平均線を跨いでしまえば、次の8のラインまでは、流れが下向きになるだろうと予測できます。


実際、短期の平均線とローソク足が交差するような状況になれば、

下向きの圧力はかなり強まっています

前回短期の取引でも、平均線にぶつかったところで順張りしていましたね。

平均線と接触する時点で、跨ぎが発生する可能性はかなり高いので、

完全に跨ぎが発生する前にエントリーしてしまって大丈夫。

大陽線を見たら、すぐに下げることを予測してLowで入ります


すぐに平均線の下へと押し下げられて勝ち。

短期では、取引は単発で終了するのですが、中長期の場合はここからが異なります。


そのまま続けてLowで攻め続けます。

短期の場合は、すぐに次のタイムゾーンのラインが迫ってくるので、

平均線を跨いだ後の流れがストップしやすいのですが、

中長期は次のラインが遠く、一方向の動きが継続しやすいのです。

そのため、平均線を跨いだ方向にどんどんエントリーしていきます


平均線を完全に跨いでローソク足が平均線の下に回っていますね。

ただし、深堀りしていくような下げにはならなかったので2勝1敗です。

安全策でいくなら、平均線に頭をぶつけたところでLow、というのもいいでしょう

下降トレンドでは、平均線がレジスタンスになります。

※ 使い方のポイント(マネーパートナーズ)(注2


負けてしまったので、いったん様子見でトレードをストップ。

次のタイムゾーンのラインが迫っていることもあり、

ここでイレギュラーが起きることを警戒します。

ただ、下向きの力はまだ生きていると思ったので、陽線を見てからLow

ラインギリギリですが、滑り込みで勝ちをひとつ取っておきます。

ここでタイムゾーンのラインに差し掛かったので様子見。

逆方向への力が働きやすいことを利用してさらに1勝を積もうかと思ったのですが・・・


大きすぎる下げが出て、相場がしばらく荒れそうなので、ここで切り上げ

上方向でタイムゾーンのラインを通過したのでLowとは思っていたのですが、

タイムゾーン通過後に陽線が出るのを待っている間に下げてしまったので、

手を出せませんでしたね・・・

〇  単発トレードと連続トレードで使い分ける

中長期でタイムゾーンを描くと、ライン間の間隔が広くなります

これにより、タイムゾーンを通過する瞬間の、

反対方向へはたらく力を利用したトレードができる回数は減ります

短期のタイムゾーンはこのトレード法のエントリー回数を増やすために、

短いスパンでタイムゾーンを描いていたわけです。

一方、ラインの間隔が広がることで、

全体のトレンドの流れを意識したトレードはやりやすくなります。

今回のように、【平均線を跨いだ方向にトレンドが継続する】という性質を利用して、

連続でエントリーしていく、というような手法が可能になるのです。

【単発でトレードするなら短期】

【連続でトレードしたいなら中長期】

と使い分けてもよいでしょう。

■■■■脚注■■■■

(注1)テクニカル分析入門(アイネット証券)
(注2)テクニカル分析辞典(マネーパートナーズ)

HighLow.com

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

商品のトレードでプラチナに注目する理由とは

(更新:2021年01月25日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです! 2020年の後半ごろからコーン、大豆が注目されてきました! 原油も低迷していたのに上がってきています! XM(XMTrading)のMT5口座を開けば簡単にCFDや先物の価格でショートもロングもできます。

[続きを読む]

 

リトレースメントとタイムゾーンの併用でチャートの未来がはっきり見える!

(更新:2021年01月25日) こんにちは、ミウラです! もうずいぶんフィボナッチタイムゾーンに慣れてきたと思いますので、 ここからはフィボナッチ同士を組み合わせて使っていく方法も取り上げ ていきます! フィボナッチタイムゾーンは、時間を基準にした予測法であるのに対して、 その他のフィボナッチ系オブジェクトはレート(価格)を基準にしたものです! ※ フィボナッチタイムゾーン(OANDA JAPAN)(注1) そのため、両者を組み合わせると、 時間とレートという異なった基準でチャートを分析できます。

[続きを読む]

 

困難な(笑)エリオット波動のまとめに挑戦

(更新:2021年01月22日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 今回は、初心者の方にできるだけわかるようにエリオット波動をまとめます! エリオット波動はまともに解説しようとすると大長編になってしまいます! ここの目的は「ハイローオーストラリアでいますぐ使いたい」ですから、 がんばってまとめますので読んでくださいね。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

【AMA】が描くのは高値や安値じゃないが勝てるぞ!

(更新:2021年01月21日) 初心者の味方Tボーンです! 今日も平均足でハイローオーストラリアしているぞ! ポンド/円(GBPJPY)は勝ちやすいと思っているが最近は上下の動きが激しい! EU離脱が完全にできたのだが、こんなときだから派手なイベントもなしに終わったんだ。

[続きを読む]

 

パソコンやMT5の調子がおかしくなったらブラウザだ

(更新:2021年01月14日) 初心者の味方Tボーンです! 最近は初心に帰って平均足でチャート分析をしているんだ! パソコンの調子が悪くてMT5が入っていないパソコンで見ている! こういうときはGoogleクロームやファイヤーフォックスのような ブラウザで見られるチャートを探そう。

[続きを読む]

 

平均足の特徴を知って教訓を生かすぞ!

(更新:2020年12月22日) 初心者の味方Tボーンです! 最近使っている平均足には面白い特徴があるんだ! 最新の平均足のスタートは、その前の平均足の真ん中である!とかな! だからローソク足のように窓開けや窓埋めのテクニックは使えない。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.com

公式サイト 口座開設

Top