Menu
Home » 攻略法 » ティックチャートを使ってハイローオーストラリア

ティックチャートを使ってハイローオーストラリア

更新:2021年01月06日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

前回は「見られますよ」とだけお伝えしたMT4のティックチャートですが、

今回は実際どう使うのかをご紹介します!

このティックチャートが無料で見られるサービスは意外と少なく、

トレーディングビューでも有料で秒足を出せるようにしないと似たように使えません。

さっそくハイローオーストラリアのチャートと比べながら見てみましょう。

目次

〇 3つのチャートを比べると…


上の図で並んでいるのは左から、

・トレーディングビューの1分足のライン表示
・MT4のティックチャート
・ハイローオーストラリアのチャート

です。

トレーディングビュー

1分ごとにしか価格が更新されない(グラフが描かれない)のでカクカクしています

ぱっと見ただけでも、MT4のティックチャートの雰囲気は合っているように感じますね。

※前回ではティックチャートとラインチャートを比べました。
『MT5でラインチャートを使うときの注意点とティックチャートのすすめ』

〇  クイックデモで検証しましょう


クイックデモを使ってトレードに実際使えるかどうかやってみます。

厳しい条件で試してみましょう。

Turboスプレッドの30秒をトレードします。

その前に、

ポンド/円(GBPJPY)の4時間足です。

全体は下げ基調のようですね。

移動平均線の下にローソク足があることが多く、

特に最新のローソク足はずっと下ですね。

ハイローオーストラリアでもLOWを買ったほうが安心な場面です

〇 いよいよトレードです


いよいよローソク足は1分足です。

ティックチャートは10分程度の間をいつも見せてくれるのですが、

期間の変更はできません。

このまま見ましょう。

ローソク足で何度か押し目ができているのがわかりますね。

下ヒゲが出ています

同じようにティックチャートも時々下がっています。

4時間足ではLOWが有効だと思ったのですが、1分足は上昇していますね。

30秒をトレードするならHIGHでも良さそうです

ハイローオーストラリアのチャートはなだらかですが、同じ時間のものです

厳密に見ると、ポンド/円の価格はそれぞれ違っていますが、

チャートの形が合っていれば意外と勝てるので、ここでは気にしないことにします。

〇 縮尺に注意です


この方法の一番の注意点は縮尺です

ぜんぶ縮尺が違うので、目立つ押し目などを見つけてしっかり照らし合わせましょう。

ただ、重要なのは今の最新の動きですから縮尺を気にしすぎないことも大切です。

ちょっと難しいですね。

時間をかけて慣れましょう。

〇  レジスタンス上抜けでチャンス到来


何度も138.73円まで上がっては下がっていて、

レジスタンスになっていたのに、それを上抜けました

そこで、できるだけティックチャートが下がったところでHIGHを買ったつもりでしたが、

画面をキャプチャーしていて少し遅れました

※レジスタンス、レジスタンスゾーン (注1

〇 ティックチャートは使えるヤツだった!


でも、上抜けのパワーが続いていたのと30秒という短い時間だったので、

ひょいと上がったところで判定、勝てました。

ティックチャートはハイローオーストラリアのチャートと同じように動いていました

なかなか使えそうです。

チャートシステムには長所短所がありますが、

参考にしてみてくださいね!

■■■■脚注■■■■

(注1)レジスタンスゾーン(カブドットコム証券)

HighLow.com

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

商品のトレードでプラチナに注目する理由とは

(更新:2021年01月25日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです! 2020年の後半ごろからコーン、大豆が注目されてきました! 原油も低迷していたのに上がってきています! XM(XMTrading)のMT5口座を開けば簡単にCFDや先物の価格でショートもロングもできます。

[続きを読む]

 

リトレースメントとタイムゾーンの併用でチャートの未来がはっきり見える!

(更新:2021年01月25日) こんにちは、ミウラです! もうずいぶんフィボナッチタイムゾーンに慣れてきたと思いますので、 ここからはフィボナッチ同士を組み合わせて使っていく方法も取り上げ ていきます! フィボナッチタイムゾーンは、時間を基準にした予測法であるのに対して、 その他のフィボナッチ系オブジェクトはレート(価格)を基準にしたものです! ※ フィボナッチタイムゾーン(OANDA JAPAN)(注1) そのため、両者を組み合わせると、 時間とレートという異なった基準でチャートを分析できます。

[続きを読む]

 

困難な(笑)エリオット波動のまとめに挑戦

(更新:2021年01月22日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 今回は、初心者の方にできるだけわかるようにエリオット波動をまとめます! エリオット波動はまともに解説しようとすると大長編になってしまいます! ここの目的は「ハイローオーストラリアでいますぐ使いたい」ですから、 がんばってまとめますので読んでくださいね。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

【AMA】が描くのは高値や安値じゃないが勝てるぞ!

(更新:2021年01月21日) 初心者の味方Tボーンです! 今日も平均足でハイローオーストラリアしているぞ! ポンド/円(GBPJPY)は勝ちやすいと思っているが最近は上下の動きが激しい! EU離脱が完全にできたのだが、こんなときだから派手なイベントもなしに終わったんだ。

[続きを読む]

 

パソコンやMT5の調子がおかしくなったらブラウザだ

(更新:2021年01月14日) 初心者の味方Tボーンです! 最近は初心に帰って平均足でチャート分析をしているんだ! パソコンの調子が悪くてMT5が入っていないパソコンで見ている! こういうときはGoogleクロームやファイヤーフォックスのような ブラウザで見られるチャートを探そう。

[続きを読む]

 

平均足の特徴を知って教訓を生かすぞ!

(更新:2020年12月22日) 初心者の味方Tボーンです! 最近使っている平均足には面白い特徴があるんだ! 最新の平均足のスタートは、その前の平均足の真ん中である!とかな! だからローソク足のように窓開けや窓埋めのテクニックは使えない。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.com

公式サイト 口座開設

Top