Menu
Home » 攻略法 » 個々人の環境で適正値が変わる?フィボナッチアークのスケール設定とは

個々人の環境で適正値が変わる?フィボナッチアークのスケール設定とは

更新:2021年04月06日

こんにちは、ミウラです!

フィボナッチアークはとても使いやすい指標なのですが、

証券会社やアナリストなどが公表する市場分析ではほぼ、用いられていません!

頻繁に使用されるフィボナッチ・リトレースメントとは大違いです!

※ 上昇トレンド崩れたナスダックはまだ危機脱せず、一時的反発の可能性(ブルームバーグ)(注1

なぜ、フィボナッチアークがこうした分析で用いられないかというと、

フィボナッチアークはスケール(縮尺)の設定のしかたによって、形状が大きく異なるからです

単純に高値と安値を結んで描かれるフィボナッチ・リトレースメントには、

こうした個々人の設定が入り込む余地はありません。

※ フィボナッチリトレースメント(FXブロードネット)(注2

誰が描いても同じような形状になるため、

フィボナッチ・リトレースメントは多く用いられるというわけです

今回は、このフィボナッチアークのスケールについてお話ししていこうと思います。

スケールの設定について理解を深めれば、より精密なカスタマイズも可能になるでしょう。

目次

〇  スケールの数値でアークの形状は変化

以前にお話ししましたが、

MT4、MT5のフィボナッチアークは、単純に2点を結んで描いた状態では、うまく機能しません


デフォルトの状態では、このようないびつな形になってしまい、使い勝手が悪いです。

設定を弄って、適性な形に描き直す必要があります


オブジェクトのプロパティに、スケールの設定があります。

デフォルトの状態では12.38となっています。

このスケールは、円を描く際の縦軸と横軸の比率を示しており、

スケールを変更すると円の形状が変化します。

このスケールの数値を上手に設定することが大事なのですが、これがなかなかくせものなのです。

〇  比率1ではきれいなアークにならない

きれいな真円を描きたければ、

縦軸と横軸を1:1に設定すればよい、と誰しもが思うでしょう。

しかし、これではうまくいかないのです。


スケールを1に設定してみましょう

そして、フィボナッチアークがどう変化するかというと・・・


このように平べったい形状になってしまいます。

一応、アーク(弧)を描いていますが、このゆるいカーブではアークを描く意味はありません。


同じ2点を使ってリトレースメントを描いてみました。

アークのカーブがゆるいせいで、

リトレースメントとほぼ重なってしまっているような形になっています。

これならば、アークなど使わなくてもリトレースメントだけでいいよね、 となってしまうわけです。

〇  適正なスケールは個々人の環境によって異なる

なぜ比率が1なのに真円が描かれないのかというと、

チャートの横軸と縦軸にはなんの関連性もないからです

チャートの縦軸は価格(レート)、横軸は時間を示していますが、この2つはまるで無関係の数値です

比率を1:1に設定したとして、

レート1pipsにつき、時間を1秒とするのか、1分とするのか、それとも1時間か・・・など、

どの数値に設定するかは無限の選択肢があります。

また、真円を描きたいとき、価格と時間を1:1に設定しても意味はなく、

あくまでモニター上の長さで1:1に設定しなければいけない、ということです。

そしてこれは、チャートの縮小、拡大の倍率やローソク足の本数によっていくらでも変化してしまいます

個々人の環境や設定方法によって描かれるアークの形状は千差万別なので、

市況分析のコラムなどでも取り上げられることはないのです。

〇  適正なスケールの設定方法

では、どのようにスケールを設定すればよいのか、ということですが、

これも決まった定石がない、という状況です。

よく言われるのは、

「結んだ2点の間に含まれるローソク足の本数の数をスケールとして設定する」という方法です。


先ほどと同じ場面でこの方法を実践してみましょう。

2点のあいだに含まれるローソク足の本数は36本。

そこでスケールを36に設定してみます。


これがスケール=36のアークです。

フィボナッチタイムゾーン?みたいな形状になっていますね。

このかたちでは、サポートやレジスタンスとして機能させるのは無理でしょう

このように2点の間のローソク足の本数を設定する、という方法 も、あまりうまく機能しないのです

〇  スクリプトを使うのがお手軽

スケールの適正値を導き出すには、自分がよく使うチャートの倍率で実際に数値を弄くり、

うまくアークを描ける数値を探し出す必要があります

ただ、これにはかなり手間がかかりますし、

2点に含まれるローソクの本数が変化するとスケールの数値も変化させないといけないなど、なかなか大変です。


そこで、前々回に紹介した自動調整のスクリプトを使うというわけです。

これを適用すれば、その状況に応じて、適宜、機能しやすそうなアークを描いてくれます


これが先ほどと同じ場面にスクリプトを適用した状態です。

うまく状況に応じたアークになっていますね。


ローソク足が抜けるだけ抜けて、戻ってきたところでアークがサポートになっているのも

前回に説明したとおりです。

自分でスケールを設定するのが理想ではありますが、

実際上の都合を考えると、このスクリプトを活用するのが、いちばん手っ取り早い、 とミウラは考えています。

〇  アークにはリトレースメントと同等のポテンシャルがある

フィボナッチアークは、使う人によって描かれる形が違うので、チャート分析などではあまり紹介されていません

とはいうものの、本質的にはフィボナッチ・リトレースメントと同じものであり、

リトレースメントが分析で多用されている以上、アークにも同じくらいのポテンシャルがあるのです

自分でスケールを設定するにせよ、スクリプトに頼るにせよ、

うまく使えばリトレースメントをおおいに補強してくれるオブジェクトです。

■■■■脚注■■■■

(注1)上昇トレンド崩れたナスダックはまだ危機脱せず、一時的反発の可能性(ブルームバーグ)
(注2)テクニカルチャート講座(FXブロードネット) 

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

最新攻略法投稿

MACDとOsMA(Moving Average of Oscillator)でハイローチャンスが増える?!

(更新:2021年04月09日) MACDのことはよく知られていますが、 MACDのMACDであるOsMAはあまり使われていないようです! MT4にもMT5にも標準であります! ハイローオーストラリアでは、 できるだけ売買チャンスを増やしたいですが適当にやるわけにはいきません! そこで、この2つをMT5に出しましょう! インディケータを上手に組み合わせると、良いチャンスを数多く絞り込めるので使ってみましょう。

[続きを読む]

 

個々人の環境で適正値が変わる?フィボナッチアークのスケール設定とは

(更新:2021年04月06日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチアークはとても使いやすい指標なのですが、 証券会社やアナリストなどが公表する市場分析ではほぼ、用いられていません! 頻繁に使用されるフィボナッチ・リトレースメントとは大違いです! ※ 上昇トレンド崩れたナスダックはまだ危機脱せず、一時的反発の可能性(ブルームバーグ)(注1) なぜ、フィボナッチアークがこうした分析で用いられないかというと、 フィボナッチアークはスケール(縮尺)の設定のしかたによって、形状が大きく異なるからです。

[続きを読む]

 

リトレースメントの発展型?フィボナッチアークの正体とは

(更新:2021年03月29日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチリトレースメントとは少し異なるアークの使い方を解説しましたが、 使い方に違いはあってもリトレースメントもアークも同じ性質のものです! フィボナッチアークは、リトレースメントに横の広がり(時間の概念)を持たせたアレンジバージョンであり、 リトレースメントを補強したオブジェクトです! そこで今回は、 【フィボナッチアークを利用することで、リトレースメントがどのように補強されるか】 についてお話します。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

相関性が消えた為替市場でもハイローチャンスはある!

(更新:2021年04月05日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、平均足を使っているがうっかりチャート設定を消してしまった! 出し直して、ラインチャートを表示させて再スタートだ! ローソク足と平均足が重なると見づらいからな! バーチャートが見えるように「プロパティ」「全般」で「チャートを前面に表示」にしておこう。

[続きを読む]

 

【向かいやすい価格】というのは信頼できるか

(更新:2021年03月04日) 初心者の味方Tボーンです! とっても前回は実験トレードが失敗してしまった! Tボーンもはじめは初心者だったんだと振り返るきっかけになったぞ! ポンド/円(GBPJPY)は相変わらず上がっている。

[続きを読む]

 

レンジ相場トレードの実験は失敗だった!

(更新:2021年02月05日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリアにも関係ありそうだが、 ファイザー製薬の売り上げはワクチンだけでもすごいらしいな! 150億ドルの予想だそうで、これはドルが上がる一因なのだそうだ! いちおう覚えておいて、Tボーンはいつものポンドを確認するぞ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

Top