Menu
Home » 攻略法 » 間隔が狭いリトレースメントは不要?思い切って消してしまうのもアリ!

間隔が狭いリトレースメントは不要?思い切って消してしまうのもアリ!

更新:2021年04月27日

こんにちは、ミウラです!

かなり信頼性の高いフィボナッチアークですが、

ローソク足が円の外に出てしまうと、まったく機能しなくなるのは前回に述べた通りです!

高値や安値の更新がない限り、

いつまでも機能するフィボナッチ・リトレースメントとは、ここが大きく異なるところ!

よって、描き直すということが大切になります。

※ フィボナッチリトレースメント(FXブロードネット)(注1

前回も描き直す際の工夫の一つを紹介しましたが、

今回は、また別の描き直し方を紹介したいと思います。

今回のやり方のほうが、チャートは見やすいので、好きな方を選んでいただけたら幸いです。

目次

〇  今回の描き直し方

では、今回もチャートのローソク足がアークの外へ出てしまったところから見ていきましょう。


こうなるとフィボナッチアークは役に立たないので、描き直す必要性が出てきます。

ひとつの方法は前回に紹介した、最安値ではない安値を選んで 描き直すというやり方。

これなら、リトレースメントのライン間の値幅が広くなり、トレードの判断がしやすい、 という方法でした。

今回、紹介するもうひとつの方法は、そのまま直近の高値と安値を結ぶ、というやり方になります


ここで「あれ?」と思われた方もおられるでしょう。

この方法では、フィボナッチ・リトレースメントのライン間の幅が狭く、

エントリーの判断がとても難しくなります

だからこそ、前回のように擬似的な安値を使ってでも、

リトレースメントのライン同士の幅を広くとって描いたわけです。

今回のように、単純に直近の高値と安値を選んで描くだけで良いなら、

前回のような工夫は必要ありませんよね。

「これはおかしい」とみなさんが思われるのも当然です。

〇  リトレースメントを描かない

もちろん、ここからさらに工夫を加えます。

この工夫によって、

リトレースメントのラインの幅の狭さによりトレードの判断が難しい、という問題点を解消することができます


その工夫とは、「リトレースメントを描かない」ということ

これまでは、フィボナッチ・リトレースメントとフィボナッチアークを併用していましたが、

リトレースメントを消してしまいます。


消してしまって問題はないのか?ということですが、大丈夫です。

そもそも、リトレースメントが役に立つのは、ライン間の間隔が広いときです。

そんなときは、次のラインが接近していたら、そこまでタッチしにいくだろう、等の予測が成り立つのですが、

ライン間の間隔が狭いと、ローソク足1本でリトレースメントのラインを2本、3本を同時に抜いてしまう、

といった自体が頻発します。

こうなるとどのラインで反転するのかも予想しなければならず、

どこで反転するのかわかりづらくなります。

なので、思い切って、予想を惑わすリトレースメントを消してしまうのです

〇  多すぎるヒントは判断を鈍らせる

トレードのヒントは多ければ多いほど良い、という考え方もありますが、

多すぎるヒントは判断を遅らせ、誤らせやすくなります。

特に、バイナリーの短期取引では、FXのスキャルピング同様、瞬時の判断が重要になります

よって、トレードのヒントを削ってでも、瞬時の判断を迷いなくできるようにするほうが勝率が上がります

※ 利益確定/損失確定の判断を早くする(SBIFXトレード)(注2


また、こうすることで、チャートが見やすくなり、

エンベロープ同士のクロスによるトレンド変換なども把握しやすくなります。

リトレースメントを削ったかわりに別のヒントを活用しやすくして、その穴埋めも可能なのです

〇  実践例

では、この方法で実際にトレードしてみましょう。


先ほどの画像の続き、アークのみのチャートです。

アークの性質は単純なサポートレジスタンスではなく、

いったん抜けてからサポートやレジスタンスに転換する、というものでした。

それを踏まえて、アークを下に抜けたら、戻りがアークに跳ね返されて下がる、という動きを Lowでゲットします。

同時に見やすくなったエンベロープ同士のクロスも確認しています。

上昇のサインが点灯していれば、エントリーは見送るべきですが、いまはまだ大丈夫ですね。


予想通り、アークをいったん下に抜けたローソク足が、一時的に戻りで上昇。

そして、レジスタンスとなったアークに頭をぶつけて下がっています。

そこをLowで拾って勝ち

アークのみでも問題なしです。


参考までにこの画面にリトレースメントを引いてみました。

50%と61.8%のふたつのラインにまたがっており、50%のラインにタッチして下がっている、という状態です。

アークを突き抜けて、上の50%ラインまでタッチしているので、

リトレースメントもきっちり機能しているのは流石ですが、

先ほどご覧になったように、トレード結果を左右するものではありません。

逆に、その上すぐに迫っている38.2%ラインを意識してしまうと、Lowで入りにくくなる可能性もあります。

このように過剰な情報が入ってしまい、判断が難しくなるのです。

よって、リトレースメントを消して、アーク(とその他のサイン)でトレードをするほうが、

このケースでは勝ちやすいでしょう

〇  ラインの間隔でリトレースメントの有無を決める

このように間隔の狭いリトレースメントは、判断の妨げになってしまうことがあり、

さらにトレードの勝敗を左右しない、ということが多々あります。

間隔の狭いリトレースメントを描くよりも、いっそのこと、消してしまい、

その他のサインに集中するほうが、より良い結果を得られるでしょう

なお、間隔が広いリトレースメントは、チャートが見やすいこともあって、引き続き有用なサインです

リトレースメントやアークの大きさによって、リトレースメントを描くかどうか、

上手に使い分けていきましょう。

■■■■脚注■■■■

(注1)テクニカルチャート講座(FXブロードネット) 
(注2)FXのスキャルピング(超短期取引)とは?利益を出すためのポイントを解説(SBIFXトレード)

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

最新攻略法投稿

アークやリトレースメントの中間?フィボナッチファンのみから得られる情報と!

(更新:2021年05月10日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチアークと組み合わせるなら、フィボナッチ・リトレースメントが定番ですが、 他のフィボナッチツールとの組み合わせも可能です! フィボナッチ系のツールは基本的な性質は同じながら、 それぞれ独自の性格も併せ持っています! その性格をうまく組み合わせることで、お互いを補い合って予測の精度が向上するのです。

[続きを読む]

 

間隔が狭いリトレースメントは不要?思い切って消してしまうのもアリ!

(更新:2021年04月27日) こんにちは、ミウラです! かなり信頼性の高いフィボナッチアークですが、 ローソク足が円の外に出てしまうと、まったく機能しなくなるのは前回に述べた通りです! 高値や安値の更新がない限り、 いつまでも機能するフィボナッチ・リトレースメントとは、ここが大きく異なるところ! よって、描き直すということが大切になります。

[続きを読む]

 

チャートが平らになったあとに通貨オプションを利用して利益をあげる

(更新:2021年04月23日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです! XM(XMTrading)のMT4でチャートを分析していると毎日新しい発見があって楽しいですね! 今回は、チャートを見ていてまるでハサミで切り取ったようにローソク足が押さえられている場合、 通貨オプションかもしれないと想定してトレードする方法です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ヘッジファンドの【45日ルール】の季節だが

(更新:2021年05月10日) 初心者の味方Tボーンです! 5月15日(土曜だから翌週の月曜までになりそうだ)まで、 海外のヘッジファンドの45日ルールというものの関係で荒れるそうだぞ! 6月末までにファンドを解約したい投資家は、 その45日前までにヘッジファンドに伝えるというルールなんだ。

[続きを読む]

 

相関性が消えた為替市場でもハイローチャンスはある!

(更新:2021年04月05日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、平均足を使っているがうっかりチャート設定を消してしまった! 出し直して、ラインチャートを表示させて再スタートだ! ローソク足と平均足が重なると見づらいからな! バーチャートが見えるように「プロパティ」「全般」で「チャートを前面に表示」にしておこう。

[続きを読む]

 

【向かいやすい価格】というのは信頼できるか

(更新:2021年03月04日) 初心者の味方Tボーンです! とっても前回は実験トレードが失敗してしまった! Tボーンもはじめは初心者だったんだと振り返るきっかけになったぞ! ポンド/円(GBPJPY)は相変わらず上がっている。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

Top