Home » ブログ » バンクホリデーとメモリアルデー!欧米の祝日に気を付けよう

バンクホリデーとメモリアルデー!欧米の祝日に気を付けよう

更新:2018年06月05日

Tボーンです!

今年2018年は、5月28日がバンクホリデーとメモリアルデーだった!

メモリアルデーはアメリカの休日なんだ!

ポンドに関係あるのは、バンクホリデーでこれはイギリスの休日だ!

MT5でポンド/円(GBPJPY)を開くぞ!

ハイローオーストラリアにもログインだ。


※アメリカの祝日(注1
※イギリスの祝日(注2



日足にしたら、先週引いたラインがもう使えなくなっていることに気が付いた。

右クリックするとメニューが出るが、

「オブジェクト」というところで「ライン」を選んで「削除」で消すことができるぞ。


※ラインを引く、消す(MT4)(注3



スッキリしたところで、高値や安値、前日の終値のうち、気になるラインをひいておこう。

高値とか終値がわかりにくければ、

いったん平均足を消してローソク足に変えてもいいんじゃないかな!


※バーチャート、ローソク足(MT4)(注4



ラインを引いたら、平均足に戻そう。

時間足も変えて、ハイローオーストラリアにログインする。

1分足を縮小すると、前日の終値の近くまで上げても、下がってしまうとわかった。

いちおう、頭に入れておこう。



夕方、普段ならロンドン市場がスタートしてポンドも活発になるころだ。

しかしロンドンは休日なので、いつもと違うかもしれない。

ハイローオーストラリアのチャートも、なんだかザクザクしている。

気を付けよう!

おっと、オシレータがふたつとも「売られすぎ」になった。

ボリンジャーバンドも、1σのところで反発したから「売られすぎ」と判断しよう。

ハイローオーストラリア「Turoboスプレッド」「1分」「上」でエントリーだ。


※売られすぎのトレード例(注5



ファンダメンタル的には、特に材料がない。

バイナリーオプションはそもそもファンダメンタルズだけではやりにくいが、

特にこういう日は、テクニカルが頼りになるな!

「買われすぎ」「売られすぎ」という素直な解釈でトレードしてみた。

このトレードでは、前日終値ラインは使わなかったが、いいだろう。


※テクニカル分析の特徴(注6



ハイローオーストラリアのチャートは、厳密な判定のために価格の上下をはっきりと細かく描き出す。

しかしMT5のチャートでは、見た目が違う。

慣れるしかないな。

クイックデモも有効に使って練習するのは重要だぞ!

それじゃあ、遊びに行ってくるぜ!

■■■■脚注■■■■

(注1)2018年 米国の祝日(マーケット休場日)一覧表(第一商品)
(注2)祝祭日(JETRO)
(注3)MT4でトレンドラインや水平線・垂直線を引く方法(FXTF)
(注4)バーチャート・ラインチャートの見方(FXTF)
(注5)売られすぎの反動相場と戻りの目安(楽天証券)
(注6)テクニカルの特徴(日本テクニカルアナリスト協会)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

流動性があってもテーマがないと動かないこともあるんだ

(更新:2019年05月22日) Tボーンです! ドル/円(USDJPY)が上がった! 中国と米国は相変わらず話がまとまらないが、今日はドル/円は上昇しているんだ! ハイローオーストラリアでは、こっちも上がっているオーストラリアドル/円(AUDJPY)をしようと思ったら、 昼頃にはもう動かなくなってしまった。

[続きを読む]

 

終わっていないが、GW最後の月曜日は荒れるのか

(更新:2019年05月09日) Tボーンです! 元号が変わった今年のゴールデンウィークは長かった! 5月6日月曜日も休みなんだ! 為替は欧米では取引されているから、ハイローオーストラリアもできたんだが、 月曜朝には、ドル/円(USDJPY)などのクロス円が急落した。

[続きを読む]

 

ボラティリティが低下しているから連休は気を付けような!

(更新:2019年04月24日) Tボーンです! 歴史上ないような大型連休を前にドル/円(USDJPY)がぜんぜん動かない! MT5で日足を見るとびっくりするくらい横ばいだ! 週の変動率が4%もないそうだ... ボラティリティがないとFXもしにくい。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

徹底的にトレンドに寄り添えばどうなるか?検証結果は思わぬことに・・・

(更新:2019年05月24日) こんにちは、ミウラです! 前回のラストで、1時間足のトレンドが示す方向のみにエントリーを絞ったほうがいい結果が出るのでは? と書きました! これまでも1時間足など、より長いスパンの時間足の方向性は意識すべきと書いてきましたが、 徹底的にトレンドに合わせた場合、どのような結果が出るかは検討してきませんでした。

[続きを読む]

 

現役証券マンから聞いた【日本人を狙うテクニカル分析のトラップ2種】

(更新:2019年05月22日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! XM口座は世界中の人が持っていて、FXならではのグローバル感がありますね! それはいいのですが、テクニカル分析が得意な日本人を狙ってくるのも世界中のトレーダーやヘッジファンドです! 今回は狙われがちなフォーメーション分析のトラップを含め2種類ご紹介します。

[続きを読む]

 

ビットコインとゴールドのハイローオーストラリアでのコツ

(更新:2019年05月21日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! リスク回避のために買われるはずのゴールドの役割を、 ビットコインが奪ったのかもしれないといわれています! 今回はこの2つのトレードを取り上げます! 日本がせっかく新元号になったのに、日経225が冴えません! 米中貿易摩擦のひとことで説明できるのかどうか、わからないのが本音です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top