Home » ブログ » ハイローオーストラリアのライントレードというのは何を指す?

ハイローオーストラリアのライントレードというのは何を指す?

更新:2018年06月11日

Tボーンは、ハイローオーストラリアをするときに

ボリンジャーバンドもストキャスティクスも、シンプルに使っている!

つまり、教科書通りのオーソドックスな使い方なんだ!

しかしハイローオーストラリアのブログを読んでいるとよく「ライントレード」という言葉が出てくるよな!



いくつか読んでみたが、やっと意味がわかった!

こういうことのようだ。

バイナリーオプションは、短ければ30秒間の動きさえわかればいい。

だから、強そうなラインに跳ね返るのを狙うトレードのことをライントレードというらしいな!

FXではスキャルピングという、数分間だけのトレードにも使われるそうだ。


※サポートライン(注1
※レジスタンスライン(注2



ということは、ライントレードというのは、Tボーンもやっている方法ってことだな!

しかし、跳ね返りを狙うときも、押し目買い戻り売りのときも、どちらも「ライントレード」と呼ばれているようだ。

買う方向が全く違うから、ブログを読むときは気を付けたいな!


※トレンドとは(注3) 



こんなふうに違うんだ。

下の図をみてくれ。MT5のチャートだ。


・跳ね返り:トレンドの一時的な調整で、反対に行ってしまう。だからレジスタンスラインに触った時に「下」だ。

・押し目買い、戻り売り:トレンドが強いからトレンド方向にどんどん進む。調整があってもサポートラインに触れば、またトレンドを作り始めるんだ。だから「上」を買う。



たしかにどっちも「ライントレード」には違いないが、わかりにくいな!


※押し目買い(注4
※戻り売り(注5



ちょうど、ポンド/円(GBPJPY)の1分足が上がりかけて、同じ場所で跳ね返されて下がっている。

この黄色いホリゾンタルラインは、4時間足でも何度か止まったところなんだ。

下がり始めてしまって、遅いかもしれないが、ハイローオーストラリアの「Turboスプレッド」で「下」を買ってみよう。



「ポンド/円」
「Turboスプレッド」
「1分」
「下」



にしたぞ!

元が上昇トレンドだから、何十分もの「下」は危険だ。



1分後、しっかり下がってくれた。

それにしても、「ライントレード」のもっといい呼び方がないだろうか。

出勤の電車のなかで考えてみるか!


※ポンド市況(注6

■■■■脚注■■■■

(注1)金融・証券用語解説 [サポートライン](大和証券)
(注2)金融・証券用語解説 [レジスタンスライン](大和証券)
(注3)トレンド(とれんど)(東海東京証券)
(注4)押し目買い(おしめがい)(東海東京証券)
(注5)戻り売り(もどりうり)(東海東京証券)
(注6)マーケットアウトルック - 英ポンド -(野村證券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

流動性があってもテーマがないと動かないこともあるんだ

(更新:2019年05月22日) Tボーンです! ドル/円(USDJPY)が上がった! 中国と米国は相変わらず話がまとまらないが、今日はドル/円は上昇しているんだ! ハイローオーストラリアでは、こっちも上がっているオーストラリアドル/円(AUDJPY)をしようと思ったら、 昼頃にはもう動かなくなってしまった。

[続きを読む]

 

終わっていないが、GW最後の月曜日は荒れるのか

(更新:2019年05月09日) Tボーンです! 元号が変わった今年のゴールデンウィークは長かった! 5月6日月曜日も休みなんだ! 為替は欧米では取引されているから、ハイローオーストラリアもできたんだが、 月曜朝には、ドル/円(USDJPY)などのクロス円が急落した。

[続きを読む]

 

ボラティリティが低下しているから連休は気を付けような!

(更新:2019年04月24日) Tボーンです! 歴史上ないような大型連休を前にドル/円(USDJPY)がぜんぜん動かない! MT5で日足を見るとびっくりするくらい横ばいだ! 週の変動率が4%もないそうだ... ボラティリティがないとFXもしにくい。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

徹底的にトレンドに寄り添えばどうなるか?検証結果は思わぬことに・・・

(更新:2019年05月24日) こんにちは、ミウラです! 前回のラストで、1時間足のトレンドが示す方向のみにエントリーを絞ったほうがいい結果が出るのでは? と書きました! これまでも1時間足など、より長いスパンの時間足の方向性は意識すべきと書いてきましたが、 徹底的にトレンドに合わせた場合、どのような結果が出るかは検討してきませんでした。

[続きを読む]

 

現役証券マンから聞いた【日本人を狙うテクニカル分析のトラップ2種】

(更新:2019年05月22日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! XM口座は世界中の人が持っていて、FXならではのグローバル感がありますね! それはいいのですが、テクニカル分析が得意な日本人を狙ってくるのも世界中のトレーダーやヘッジファンドです! 今回は狙われがちなフォーメーション分析のトラップを含め2種類ご紹介します。

[続きを読む]

 

ビットコインとゴールドのハイローオーストラリアでのコツ

(更新:2019年05月21日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! リスク回避のために買われるはずのゴールドの役割を、 ビットコインが奪ったのかもしれないといわれています! 今回はこの2つのトレードを取り上げます! 日本がせっかく新元号になったのに、日経225が冴えません! 米中貿易摩擦のひとことで説明できるのかどうか、わからないのが本音です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top