Home » ブログ » ボリバンで見るトレンドフォローとブレイクアウト

ボリバンで見るトレンドフォローとブレイクアウト

更新:2018年09月05日

Tボーンです!

イギリスでは、またメイ首相がケンカに巻き込まれている!

それでポンドが下がった!

EU離脱問題はしつこいな!

今日もハイローオーストラリアにログインしよう!

MT5のチャートはポンド/円(GBPJPY)の日足だぞ!

下がっているな!



そんなメイ首相の要人発言があったが土日は市場が休みだ。

5分足で月曜の朝の様子を見ると、一気に下がっているな。

ボリンジャーバンドも一気に広がっている。

56piosくらいだ。


※まだまだEU離脱騒ぎ(注1



ここで1分足を縮小して、5分足と同じくらいの範囲を出してみよう。

朝いちばんに下がったが、すぐに少しづつ買い戻されている様子がわかる。

しばらく買われて、

日本の株式市場がはじまったころには、また売られているようだ。


※日本株の取引時間(注2



それじゃあ、1分足の大きさをいつもと同じにして、ハイローの準備にかかろう。

理想的なのは、ボリンジャーバンドがずっと狭かったのに急に広がるようなときだ。

でも、今はその反対で広がった後狭くなり始めている。


平均足を見ると、素直に下値を切り下げる「下降トレンド」だから「下」にしたい。


※ボリンジャーバンドとは(注3
※平均足とは(注4



下値を切り下げているときは、すぐ前の安値が気になる。

そこで水平ラインを引いた。

これはトレンドラインの水平なやつだ。

狭くなっていたボリンジャーバンドがふたたび広がり始めたのは、

値動きがありそうなときだ。


同時に、価格が水平ラインを下抜けたら「下」のチャンスだが、

買うのが遅れてしまい、うまくいかなかった。


※トレンドラインとは(注5



20分ほど、他のことをしながらチャートをチェックしていた。

(ほんとうは待つ間もチャートだけを見ていたほうがいいぞ)

今になって、短かった平均足が長くなり始め、水平ラインをうわ抜けてきた。

トレンドが変わり、じっくりと上昇するかもしれない。

じっくり上昇するのなら「3分」の「上」だ。


※トレンドとは(注6



最初に「下」と決めていたが、1分足でのトレンドが変わったので、

急遽「上」のタイミングを探した。

1回目はギリギリで負けたが、やはりチャートは上昇していく。

2回目、できるだけ下押ししたところで「上」を買った。

自信があったから金額も増やしたが気持ちにも余裕があったぞ!

■■■■脚注■■■■

(注1)ポンド、向こう数カ月はボラティリティーに直面も-英EU離脱巡り(Bloomberg)
(注2)取引可能な時間っていつ?(みんなの株式)
(注3)金融・証券用語解説 [ボリンジャーバンド](大和証券)
(注4)(20) 平均足(MARKETSPEED)
(注5)金融・証券用語解説 [トレンドライン](大和証券)
(注6)金融・証券用語解説 [トレンド](大和証券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

久しぶりにトレンドラインに注目した気がする!

(更新:2019年04月18日) Tボーンです! 日本では4月下旬から10日間も休日が続く! そのとき欧米がドル/円(USDJPY)を暴落させたら大変だとアナリストがよく言っているが、 ハイローオーストラリアではあまり関係ないと思うぞ。

[続きを読む]

 

急に下がったクロス円に驚いたがルールどおりにできた!

(更新:2019年04月10日) Tボーンです! 今朝は夜勤明けに少しハイローオーストラリアをしたくて午前9時過ぎにMT5を開いたんだ! 東京の株式市場が開いてすぐだが、先週の雇用統計はまあまあだったし、 特に目立った動きがないだろうと思っていた! しかしドル/円(USDJPY)が急に下がり始めた・・・。

[続きを読む]

 

素直な下げには素直にLOWを買っておこう!

(更新:2019年04月03日) Tボーンです! 日本では新年号が発表されてわくわくモードだ! マクロ市場では中国の製造業PMIが久しぶりに50以上になった! ドル/円(USDJPY)も上がったな! ※マクロ分析とは(注1) 4月2日は、オーストラリア中銀の政策金利が発表されるんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

ハイローの勝敗に直結!これがRSIダイバージェンスの弱点!

(更新:2019年04月19日) こんにちは、ミウラです! RSIのダイバージェンスをトレンド転換のサインと捉え、だましを見破る、 という方法を以前に紹介しました! ※2. ダイバージェンス(逆行現象)法則 (FXTF)(注1) このやり方、確かにトレンド転換となる確率は高いのですが、気になる弱点があります! 特にハイローオーストラリアでは、この弱点が勝敗を決定的に分ける可能性があります。

[続きを読む]

 

2つのXMファンダメンタルズレポート読み解き方

(更新:2019年04月16日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 海外FXであるXMですが、投資情報を日本語でも発信してくれています! それにしてもファンダメンタルズ情報をトレードに生かすのは大変ですね! 「このニュース絶対買い!」と思ってロングにしたら「織り込み済みですから下がりました」となることもしばしば。

[続きを読む]

 

【ADX総集編】DMIとの関係そしてADXの点

(更新:2019年04月15日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! MT4やMT5を使っていると最初からある「ADX」ですから、 普段はなんの疑問もなく使っていますね! でもADXで検索していると「DMI」という言葉がヒットしてわけがわからなくなります! 今回はこの説明とADXの欠点をまとめます。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top