Home » ブログ » 直近の高値と直近の安値を生かして連続取引した!

直近の高値と直近の安値を生かして連続取引した!

更新:2019年03月14日

Tボーンです!今日はなんだか早く目覚めてしまった!

イギリスの政情はあいかわらずだが、ポンド/円(GBPJPY)は東京時間は荒れないからと、

朝から何度かハイローオーストラリアをしていたぞ!

おおざっぱな流れが見たくて、5分足にしてみた!

直近に高くなってすぐに下がった価格があるな

直近というのは「いちばん最近」という意味だ。

たしかオプションの注文が集中していたのがこの148.30円だったから止まりがちなのかもしれないな。

LOWでいいみたいだ

ストキャスティクスがクロスしたぞ!

※東京時間(株の立会時間)(注1

実は、5分足のMT5チャートを見ながら「30秒」を何度か買ったんだ。

これは、連続取引の方法のひとつだぞ。

5分間の相場を表したローソク足が強ければ、その間は短いハイローを続けて買えることがあるんだ。

そのうち2~3回は不発だとしても勝率は50%を超えやすい

※ローソク足基本(注2

直近の高値というのは、こんなふうに数時間前のものでも役に立つんだな。

しかし役に立つ条件というものがある。

この間はずっと東京時間なんだ。

もし夕方の欧州時間がはじまっていたらガラッと様子が変わり簡単に高値をうわ抜けてしまうこともある。

たまたま早起きしていてできたことなんだな。

※高値(注3

もちろん1分足直近の高値、安値を使うこともできる。

このドル/円(USDJPY)の1分足はどうだろう。111.855円あたりが直近の高値だ。

ちょっと気になるのは、ストキャスティクスの下が上がってきていることだ。

しかし、ダイバージェンスではない

※安値(注4

111.855円まで上昇したあと、ストキャスティクスも価格も下がった

ここでいくつかLOWを買ったが、次のローソク足が行って来いの急上昇になってしまった。

だが、また下がったので一安心。

見ていると下げが速く値幅も大きい

そこで30秒の連続取引にした

最初に投資金額を1,000円と間違えて入れてしまったが、途中で気づいていつものように10,000円~50,000円にした。

ミスがあったので、この後は少し休むか、いさぎよく終わりにしよう!

■■■■脚注■■■■

(注1)東京時間(株の立会時間)
(注2)ローソク足基本
(注3)高値
(注4)安値

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

流動性があってもテーマがないと動かないこともあるんだ

(更新:2019年05月22日) Tボーンです! ドル/円(USDJPY)が上がった! 中国と米国は相変わらず話がまとまらないが、今日はドル/円は上昇しているんだ! ハイローオーストラリアでは、こっちも上がっているオーストラリアドル/円(AUDJPY)をしようと思ったら、 昼頃にはもう動かなくなってしまった。

[続きを読む]

 

終わっていないが、GW最後の月曜日は荒れるのか

(更新:2019年05月09日) Tボーンです! 元号が変わった今年のゴールデンウィークは長かった! 5月6日月曜日も休みなんだ! 為替は欧米では取引されているから、ハイローオーストラリアもできたんだが、 月曜朝には、ドル/円(USDJPY)などのクロス円が急落した。

[続きを読む]

 

ボラティリティが低下しているから連休は気を付けような!

(更新:2019年04月24日) Tボーンです! 歴史上ないような大型連休を前にドル/円(USDJPY)がぜんぜん動かない! MT5で日足を見るとびっくりするくらい横ばいだ! 週の変動率が4%もないそうだ... ボラティリティがないとFXもしにくい。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

徹底的にトレンドに寄り添えばどうなるか?検証結果は思わぬことに・・・

(更新:2019年05月24日) こんにちは、ミウラです! 前回のラストで、1時間足のトレンドが示す方向のみにエントリーを絞ったほうがいい結果が出るのでは? と書きました! これまでも1時間足など、より長いスパンの時間足の方向性は意識すべきと書いてきましたが、 徹底的にトレンドに合わせた場合、どのような結果が出るかは検討してきませんでした。

[続きを読む]

 

現役証券マンから聞いた【日本人を狙うテクニカル分析のトラップ2種】

(更新:2019年05月22日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! XM口座は世界中の人が持っていて、FXならではのグローバル感がありますね! それはいいのですが、テクニカル分析が得意な日本人を狙ってくるのも世界中のトレーダーやヘッジファンドです! 今回は狙われがちなフォーメーション分析のトラップを含め2種類ご紹介します。

[続きを読む]

 

ビットコインとゴールドのハイローオーストラリアでのコツ

(更新:2019年05月21日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! リスク回避のために買われるはずのゴールドの役割を、 ビットコインが奪ったのかもしれないといわれています! 今回はこの2つのトレードを取り上げます! 日本がせっかく新元号になったのに、日経225が冴えません! 米中貿易摩擦のひとことで説明できるのかどうか、わからないのが本音です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top