Home » ブログ » 教科書どおりにはいかないトライアングル!でも勝利だ

教科書どおりにはいかないトライアングル!でも勝利だ

更新:2019年03月16日

Tボーンです!

2019年の3月29日がイギリスのEU離脱の日のはずだ!

それなのにまだなにも決まっていない...

そしてポンドは荒れ放題だ...

ポンド/ドル(GBPUSD)ならイギリスポンドをドルに換算した値のはずだよな!

でもこんなに上下していたら銀行も大変そうだ。

MT5の日足だぞ。

※英下院の話し合い(注1

それから、イギリスでは紙幣が新しくなるとすぐに使えなくなるそうだ。

旅行に行くときは気を付けたいな!

それじゃあハイローオーストラリアにログインしよう。

ハイローはポンド/円(GBPJPY)にするからチャートも切り替えよう。

※イギリス紙幣の交換方法(注2

ポンド/円をしようと思ったのは今日は何も新しいことが思い付かないからだ。

日足は上昇していたが1分足はこうだ。

また上がりそうにも見えるがどうだろう。

どうやらいったん底になり、上昇するようだ。

そこになる前に押し目のような場所があったから、水平ラインを引いた。

これが抵抗になって下がったが、ハイローオーストラリアは失敗だ。

エントリータイミングが遅かった。

※ダブルフォーメーション(注3

見ていると、引いておいたレジスタンスラインを抜けて上がっていく。

しかし数時間前に停滞していた場所があるから、

ここまで上がるともう一度動かなくなるかもしれないな。

そこの価格を守ろうとする勢力があるかもしれないからな!

勢力というのは、誰なのかはわからない。

この価格は147.10円くらいのところだが、

たとえばそれ以上上がると損をするポジションを持っている機関投資家かもしれない。

または、たまたま世界中の個人投資家がそこでばかり売っていたのかもしれない。

とにかく予想したとおり動かなくなり、まるでトライアングルみたいな形になってきたぞ!

※トライアングル(注1

一般的な解釈を無視してトライアングルっぽかったのに下降した!

ただしトライアングルで何分もエネルギーを溜めていたから方向さえ決まれば、しばらくは下だ!

チャンスだぞ。

3回くらいは連続取引ができた。まあまあの結果を残せたぞ!

■■■■脚注■■■■

(注1)英下院の話し合い
(注2)イギリス紙幣の交換方法
(注3)ダブルフォーメーション
(注4)トライアングル

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

レンジ相場のユーロが動くのはいつだろう

(更新:2019年10月10日) Tボーンです! 最近オーサム・オシレータというのも使ってるんだが、 不思議とトレンドに敏感みたいだ! 今日はユーロ/ドル(EURUSD)が気になったから見ているぞ! 1時間足ではそんなに派手な動きはないようだ。

[続きを読む]

 

ハイローオーストラリアやFXのツールというのに気を付けてくれ

(更新:2019年09月27日) Tボーンの後輩がまた、バイナリーオプションの偽ツールを高額で買わされた! インスタグラム、Twitter、LINE、フェイスブックなどのSNSで 「バイナリーオプション必勝」とか「儲かる」とかのメッセージをもらったら気を付けてくれ。

[続きを読む]

 

9月の為替相場をオーサム・オシレータの仲間でチェックだ

(更新:2019年09月12日) Tボーンです! いよいよ「5月に売って9月に戻れ」の9月になった! 夏は需給もあってドル/円(USDJPY)は下がりやすいのだそうだ! 日本の貿易収支も出たが、マイナスになっているな。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

MT4の音を徹底コントロール

(更新:2019年10月11日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 今回はMT4とMT5を使うにあたってよく悩みになることをご紹介します! 「接続が切れたときのぼよーんという変な音を消したい」「ほかの音も消す方法が知りたい」 「音を変えることができるのか」「効果音の意味がわからない」「そもそも音がうるさい」 について解決方法をまとめてみましょう。

[続きを読む]

 

パラボリックが通用しない!?それを見破るのがMACD!

(更新:2019年10月09日) こんにちは、ミウラです! パラボリックを使った1分チャートでのトレードは、 エントリーのタイミングがわかりやすく、判断に困らないのが長所です! ところが、前回も少し述べたようにトレードを控えたほうがいいタイミングもあります! どのような攻略法にでも言えることですが、これだけやっていれば勝てる、という方法はありません。

[続きを読む]

 

もやっとしたけれど、翌日物レポレート上昇の理由と教訓をまとめましょう

(更新:2019年10月08日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 2019年9月17日のことですがこんな意味のわからないニュースが流れました! 「米短期金利が急上昇、NY連銀がリーマンショック以来の緊急オペ」 銀行間で貸し借りする金利が10%に瞬間タッチしたというものです! 政策金利が1.75~2.00%だというのにそれを大幅に超えています。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top