Home » ブログ » ハイローオーストラリアでグランビルの法則を使おうとしたが?

ハイローオーストラリアでグランビルの法則を使おうとしたが?

更新:2019年03月22日

イギリスのEU離脱は、決まってから何年も経つうちに、

人間関係も絡んで予定が大幅に遅れそうになってきた!

何度かの議決を繰り返してもまとまらない...

ポンド/円(GBPJPY)ポンド/ドル(GBPUSD)は荒くなってはいても、方向は定まっていないな!

MT5ポンド/ドルの日足を見ると英議会の前後の動きもまちまちだ。

※英議会(注1

ポンド/円の日足は、4日間くらい全く動きがないから次になにかあると怖いな。

どう決まったとしても、そのときには荒れそうだ。

次は1時間足だ。

前日の終値とほとんど変わらない価格のままで、究極のレンジ相場という雰囲気だな。

もう欧州も夏時間になっているから午後3時くらいに動きがあってもよさそうなものだが。

とにかくこういうときは、ハイローオーストラリアは上を買っても下を買っても良い。

もっと短い足で判断しよう。

※夏時間とは(注2

1分足を見ると理由はよくわからないが、パッと上昇して下がっている。

これはグランビルの法則ってやつになるかもしれないな。

移動平均線に対していっきに離れすぎていたから下がるってやつだ。

LOWを買い損ねてしまった。

次のチャンスは、過去にもみ合ったところと移動平均線が重なっている。

ここで上がるだろうか。

※グランビルの法則とは(注3

すると移動平均線もラインも破って下がってしまった。

さっきまで「サポート」だった価格の148.197円が「レジスタンス」になった。

ということは、今度はここまで上がったら下がるだろうか。

こんなときは、過去にこだわらずに素早く判断しないと連続負けになってしまう。

※サポートライン(注4
※レジスタンスライン(注5

さっき上がりかけていた1分足は、レジスタンスに触ってさがりはじめている。

あまり猶予がなさそうだからハイローオーストラリアの「30秒」「Turbo」LOWを買ったぞ!

1分足の1本ぶんだけ下がった。

30秒の判断が良かったようで、勝利できた。

基本って大切なんだな!

■■■■脚注■■■■

(注1)英議会
(注2)夏時間
(注3)グランビルの法則
(注4)サポートライン
(注5)レジスタンスライン

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

レンジ相場のユーロが動くのはいつだろう

(更新:2019年10月10日) Tボーンです! 最近オーサム・オシレータというのも使ってるんだが、 不思議とトレンドに敏感みたいだ! 今日はユーロ/ドル(EURUSD)が気になったから見ているぞ! 1時間足ではそんなに派手な動きはないようだ。

[続きを読む]

 

ハイローオーストラリアやFXのツールというのに気を付けてくれ

(更新:2019年09月27日) Tボーンの後輩がまた、バイナリーオプションの偽ツールを高額で買わされた! インスタグラム、Twitter、LINE、フェイスブックなどのSNSで 「バイナリーオプション必勝」とか「儲かる」とかのメッセージをもらったら気を付けてくれ。

[続きを読む]

 

9月の為替相場をオーサム・オシレータの仲間でチェックだ

(更新:2019年09月12日) Tボーンです! いよいよ「5月に売って9月に戻れ」の9月になった! 夏は需給もあってドル/円(USDJPY)は下がりやすいのだそうだ! 日本の貿易収支も出たが、マイナスになっているな。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

MT4の音を徹底コントロール

(更新:2019年10月11日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 今回はMT4とMT5を使うにあたってよく悩みになることをご紹介します! 「接続が切れたときのぼよーんという変な音を消したい」「ほかの音も消す方法が知りたい」 「音を変えることができるのか」「効果音の意味がわからない」「そもそも音がうるさい」 について解決方法をまとめてみましょう。

[続きを読む]

 

パラボリックが通用しない!?それを見破るのがMACD!

(更新:2019年10月09日) こんにちは、ミウラです! パラボリックを使った1分チャートでのトレードは、 エントリーのタイミングがわかりやすく、判断に困らないのが長所です! ところが、前回も少し述べたようにトレードを控えたほうがいいタイミングもあります! どのような攻略法にでも言えることですが、これだけやっていれば勝てる、という方法はありません。

[続きを読む]

 

もやっとしたけれど、翌日物レポレート上昇の理由と教訓をまとめましょう

(更新:2019年10月08日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 2019年9月17日のことですがこんな意味のわからないニュースが流れました! 「米短期金利が急上昇、NY連銀がリーマンショック以来の緊急オペ」 銀行間で貸し借りする金利が10%に瞬間タッチしたというものです! 政策金利が1.75~2.00%だというのにそれを大幅に超えています。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top