Home » ブログ » MT5の価格の目盛りが変わるのを利用して優位に立とう

MT5の価格の目盛りが変わるのを利用して優位に立とう

更新:2019年06月20日

Tボーンです!

ハイローオーストラリアのチャートはすごく敏感だよな!

それにMT4のものと比べると目盛りが10進法どおりに書かれていて、考えやすいんだ!

※10進法とは(注1

しかし困ることがある…

これはMT5のチャートだ。

MT4よりも見やすいが、価格の目盛りの幅が変わるんだ。

わかりやすいように「グリッド」というのを表示してみたぞ。

目盛りが変わるのは、チャートを縮尺したときに見やすくするため自動でそうなるんだ。

つまり、親切でなっているんだな。

※MT5公式ページ(注2

どちらが良いと判断はできないが、このグリッドに注目するのも役に立つんだ。

この下のチャートは、2019年2月、ほんの4か月くらい前のポンド/円(GBPJPY)の1分足なんだ。

まだ値動きが荒いときで、グリッドの間が広いんだ。

図にも書いておいたが、3.5pipsごとに目盛りがある。

だが、6月になった今日のグリッドは、1つの目盛りが1pipsになっている。

ここで、大切なことがある。

6月は、ポンド/円の値動きがとても小さいということだ。

目盛りを細かくしないとダメってことだからだ。

もちろんローソク足の見え方も変わってくるぞ。

※ポンド市況(注3

値動きが大きくてハイローオーストラリアしやすいはずのポンド/円でも、これは要注意だな。

自信がないならハイローオーストラリアを休むか、やるなら慎重にトレードしたほうがいい。

グリッドの間隔が1pipsと狭い今は、30秒の短い間にさっと勝負しよう。

これは、2本の移動平均線が近づき、ローソク足を抑え込むようになっていたところだ。

オシレーターであるCHOも、0ラインを超えられない。

ローソク足はリズミカルに1本上がって1本下がる、という動きだった。

移動平均線にローソク足が触って落ちたところでLOW(下)を買った。

うまくいったが、ここで終わっておこう!

※CHOとは(注4

■■■■脚注■■■■

(注1)小学生でも納得!N進法のわかりやすい考え方(中学受験ナビ)
(注2)MT5公式ページ(metatrader5.com)
(注3)英ポンド/円(みんかぶFX)
(注4)Chaikin Oscillator(チャイキンオシレーター)(metatrader5.com)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

9月の為替相場をオーサム・オシレータの仲間でチェックだ

(更新:2019年09月12日) Tボーンです! いよいよ「5月に売って9月に戻れ」の9月になった! 夏は需給もあってドル/円(USDJPY)は下がりやすいのだそうだ! 日本の貿易収支も出たが、マイナスになっているな。

[続きを読む]

 

出金をしたあとトラブル発生か

(更新:2019年08月30日) Tボーンです! 久しぶりにトレード仲間にあったぞ! ハイローオーストラリアのトレーダーには、麻雀やパチンコがプロ並みに上手な人も多いんだ! でも、仕事は続けている! 堅実でいいと思うぞ! 今回は、目標の金額になったので出金をした。

[続きを読む]

 

ペイアウト倍率の増加キャンペーンのお知らせと失敗パターン

(更新:2019年08月20日) Tボーンです! ハイローオーストラリアからメールが来たぞ! 「ペイアウト倍率増加キャンペーン」のお知らせだ! ペイアウト倍率が増えるのだが、今はHighLowのほうが増えているな! Turboも1.95倍くらいで2.0倍に近い。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

パラボリックにはADX?作者推奨の組み合わせはバイナリーでも通じるのか?

(更新:2019年09月17日) こんにちは、ミウラです! パラボリックによる予測の精度を上げるには、 トレンドの大きさに着目するとよいとされています! ※ 見方(カブドットコム証券)(注1) トレンドが大きいときほど予測の精度が高く、逆にボックス相場ではダマシが増えます。

[続きを読む]

 

FXチャートのブルベアトラップと水平ラインの関係

(更新:2019年09月12日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! バイナリーオプションと水平ラインは親密な関係にあります! 以前、トレンドラインのところでも少し説明しました! 今回は新たにブルトラップとベアトラップとの関係もみてみましょう。

[続きを読む]

 

パラボリックで勝ちたいならばトレンドの大きさに注目せよ!

(更新:2019年09月06日) こんにちは、ミウラです! 前回、パラボリックを紹介するとともに、その弱点のようなものもいくつか指摘しました! そのなかでも特に問題になるのが、だましの存在です! このように、パラボリックと逆向きにローソクが連続するケースがあり、 5戦限定法などでここを踏むと大損害を被ります! 特にトレンドの終盤、トレンド転換点付近でこれが起こることが多いです。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top