Home » ブログ » レンジ相場のユーロが動くのはいつだろう

レンジ相場のユーロが動くのはいつだろう

更新:2019年10月10日

Tボーンです!

最近オーサム・オシレータというのも使ってるんだが、

不思議とトレンドに敏感みたいだ!

今日はユーロ/ドル(EURUSD)が気になったから見ているぞ!

1時間足ではそんなに派手な動きはないようだ。

レンジが2日くらい続いている。

※過去記事:オーサム・オシレータとRSI(注1

ユーロ/ドルが気になった理由は、イギリスのEU離脱問題なんだ。

しばらく決着がつかないという雰囲気だが、

10月中旬まで閉会していた議会が再開されたらどうなるだろう。

ポンドもユーロも、それなりの動きがあるんじゃないだろうか。

とにかく、今のうちなら多少静かだろうと思って

安心してハイローオーストラリアの戦略を練っているんだ。

※イギリス議会閉会に対する反対(注2

それから、ユーロ/円(EURUSD)なんだが、

10月のはじめに米雇用統計があってクロス円のチャートがすべて乱れたんだ。

だからテクニカル分析も少し誤差が出ると考えて、

数日間はクロス円のハイローは休むことにした。

※テクニカル分析とは(注3

ユーロ/ドルの15分足を見てみよう。

雇用統計のときは荒れたが、すぐに落ち着いた。

ユーロ/円よりも世界的な取引量が多く流動性があるんだ。

それで月曜には窓も開けず静かなチャートになっている。

※流動性とは(注4

週のはじめの価格や朝の高値安値は

市場関係者が損切り注文を置いていたりする。

その価格の近くで止まったりするんだ。

この価格を意識していれば、トレードチャンスを探してさまよわずに済むぞ。

今は15時だが、ラインは先に引いてあった。

今は朝の価格の近くまで来ている。

上のラインに触ったらLOWを買いたい。

※高値と安値(四本値)(注5

LOWのチャンスを待っていると、1分足で急に下がり始めたんだ。

仕方ないので下げが止まって次のローソク足が上がり始めたのでHIGHを買った。

このとき、オーサム・オシレータは下ぎりぎりまで下がって売られすぎだったな。

反転上昇を取りたいときは超短期の30秒にするといいぞ。

無事勝利でトレード終了だ。

■■■■脚注■■■■

(注1)ハイローオーストラリアやFXのツールというのに気を付けてくれ(australiahighlow.com)
(注2)英最高裁、首相による議会閉会は違法と歴史的判断(BBC NEWSJAPAN)
(注3)テクニカル分析(てくにかるぶんせき)(野村証券)
(注4)流動性(りゅうどうせい)(野村証券)
(注5)四本値(よんほんね)(SMBC日興証券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

ハイローオーストラリアの休み明けは臨機応変に

(更新:2020年01月10日) Tボーンです! ハイローオーストラリアもほかの海外業者と同じようにクリスマスには休みだった! Tボーンは毎年ハイローオーストラリアをやっているが、忘れていた... つい12月24日にログインしようとしたら動いていなかった。

[続きを読む]

 

ふただび一瞬の主人公に戻ったポンド、選挙の結果は

(更新:2019年12月19日) 2019年12月12日、イギリスでは総選挙が行われたぞ! Tボーンも気になっていた! 首相のボリス氏は保守党で、これが与党なんだ! 政権を握っているということだが、 ここが勝てばいちおうスムーズにEU離脱が進むだろうというので為替市場も注目していた。

[続きを読む]

 

常に主人公の通貨は変わるんだな

(更新:2019年12月09日) 首相がボリス・ジョンソン氏に変わったときからポンドがよく動いていた! ハイローオーストラリアもやりやすいなと思っていたんだ! 東京時間にも英国の通貨であるポンドが動くなんて楽だからな! しかし今はポンド/ドル(GBPUSD)も横ばいに変わり、 まるで主人公の座から引きずり降ろされたようだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

なぜダマシが発生するのか?そのヒントはセリング・クライマックス?

(更新:2020年01月15日) こんにちは、ミウラです! ミウラが紹介するバイナリーの手法は、 一般的なエントリーのサインとは逆方向に入る、というものが多いです! 前回のダマシに関するお話は、その最たるものでした! どうして一般的な方向とは逆にエントリーするのか!? 今回はその理由についてお話していきたいと思います。

[続きを読む]

 

ボリンジャーバンドとトレンドラインでみるエキゾチック通貨の1年

(更新:2020年01月08日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアではできないものもありますが、 たまにはエキゾチック通貨をチェックしてみましょう! せっかくこれまでテクニカルの基礎をお話してきたので、復習にもなると思います! 12月26日までのチャートになってしまいますがトレードのヒントになるかもしれませんよ。

[続きを読む]

 

いたる所で出現するダマシ!これを逆手にとって勝つ!

(更新:2020年01月06日) こんにちは、ミウラです! これまでトレードにさまざまなサインを用いてきましたが、 その多くが一般的な運用とは逆の方向にエントリーする、というものでした! 例えば、ボリンジャーバンドが平均線を上に抜き去った場面! ボリンジャーバンドは平均線に標準偏差に基づいたバンドを追加したものなので、 描かれる曲線自体は平均線と同じ性質です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top