Home » ブログ » ハイローオーストラリアやFXのツールというのに気を付けてくれ

ハイローオーストラリアやFXのツールというのに気を付けてくれ

更新:2019年09月27日

Tボーンの後輩がまた、バイナリーオプションの偽ツールを高額で買わされた!

インスタグラム、Twitter、LINE、フェイスブックなどのSNS

「バイナリーオプション必勝」とか「儲かる」とかのメッセージをもらったら気を付けてくれ。

そういうのは、誰でもネットでも見つけられるようなものしかないんだ。

攻略法とかいっても、移動平均線だけでもネット証券などで意味を調べて、

自分で使えばいいだけなんだ。

みんなも引っかからないでくれよな!

今日もポンド/円(GBPJPY)を見ているが、

2019年の9月はFOMC日銀、英国中央銀行などの政策が発表されて

クロス円も上下に激しく動いた。

MT5日足を見て、ハイローオーストラリアにもログインしよう。

※過去記事「動かなかったクロス円」(注1

どの中央銀行も、変わった政策ではなく現状維持が多かった。

FOMCの利下げも予想通りだったから

ドル/円(USDJPY)はかえって上昇したくらいなんだ。

さっきの日足ではポンド/円は上昇していたが、

今日の1時間足では、前日に大きく下がったんだな。

そして前日の反動で朝から上昇している。

1分足を見てハイローオーストラリアをしよう。

今日はオーサム・オシレータRSIを見比べたいから出してみた。

オーサム・オシレータが黒くなっていたので右クリックして色を変えよう。

※過去記事「オーサム・オシレータ」(注2

これが横ばいでレンジ相場だったが動きが出た。

・ローソク足が移動平均線の下になった。

・オーサム・オシレータが0のところより下になった。

・RSIが50より下になった。


こんな条件がそろい始めたな。

横ばいがしばらく続いたことで注文もたまり、一気に動き出すとみてLOWの1分にしたぞ。

※オーサム・オシレータ(MT5公式)(注3

1回目、エントリーがはやすぎて負けだった。

しかし数分は下降が続くと考えて、もう2回LOWを買った。

1回目の失敗を取り戻すトレードができたんだが、

十字線がいくつもできているからつぎに上がるか下がるかはわからないんだ。

ここでいったん終わりにしたぞ。

それじゃあ昼飯を食べるぜ!

※十字線とは(注4

■■■■脚注■■■■

(注1)ポンドは話題が少ないが、クロス円全体ではやっと動きはじめた(australiahighlow.com)
(注2)9月の為替相場をオーサム・オシレータの仲間でチェックだ(australiahighlow.com)
(注3)Awesome Oscillator(オーサムオシレータ)(metatrader5)
(注4)十字線(じゅうじせん)(東海東京証券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

市場の流れが変わる秋だからドル/円だ

(更新:2019年11月07日) Tボーンです! おおざっぱなんだが、日本では立冬のころ、 欧米では冬時間に変わったころ、今頃の話だ! この時期は毎年、なんとなく為替市場の雰囲気が変わる!  大企業や各国が需給を変化させるんだろうな。

[続きを読む]

 

合意はどうなったんだ?ポンドはすごく上昇しているが

(更新:2019年10月29日) Tボーンです! EUと英国のボリス・ジョンソン首相が合意したということでポンドが上昇した! だがその後また、すんなり話が進まなくなったんだ! しかしポンドは少し反応しただけでやっぱり上昇している。

[続きを読む]

 

レンジ相場のユーロが動くのはいつだろう

(更新:2019年10月10日) Tボーンです! 最近オーサム・オシレータというのも使ってるんだが、 不思議とトレンドに敏感みたいだ! 今日はユーロ/ドル(EURUSD)が気になったから見ているぞ! 1時間足ではそんなに派手な動きはないようだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

スタンダード・デビエーションとボリンジャーバンド

(更新:2019年11月14日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! スタンダード・デビエーションは日本語で標準偏差という意味で、MT4とMT5にあるインディケータです! 標準偏差といえばボリンジャーバンドが有名ですが、合わせて使うととても便利です! 見た目はオシレータのように見えますが、ナビゲーターのメニューでは「トレンド」のところにあります。

[続きを読む]

 

DMIトレードはこれで完璧!3つ目のパターンは逆張りで勝つ!

(更新:2019年11月11日) こんにちは、ミウラです! これまでにDMIを使ったトレードで2パターンを見てきました! 1つ目は、+DI、-DIがADXに追いつかれた場面! この時点でトレンド一服として逆張りするという方法でした! 画像の例では、 -DIが+DIの上にあるので下降トレンドですが、ADXに追いつかれて下げは終了! highで入って勝ちという場面です。

[続きを読む]

 

国内業者の強制ロスカットとXMのゼロカット比較

(更新:2019年11月07日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! ある日トレード仲間が 「国内業者の強制ロスカットにひっかかってお金が減った」と嘆いているのを耳にしました! XMのゼロカットシステムはわかりやすくて覚えやすいルールですが、 国内業者の強制ロスカットとはどういうシステムなのでしょうか! XMと比較をしてみましょう。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top