Home » ブログ » 9月の為替相場をオーサム・オシレータの仲間でチェックだ

9月の為替相場をオーサム・オシレータの仲間でチェックだ

更新:2019年09月12日

Tボーンです!

いよいよ「5月に売って9月に戻れ」の9月になった!

夏は需給もあってドル/円(USDJPY)は下がりやすいのだそうだ!

日本の貿易収支も出たが、マイナスになっているな。

貿易が悪いと円が下がるという説もあるぞ。

9月ボラティリティはあるようだ。出来高はどうだろう?ボリューム系のインディケータを出してみた。


-------------------------------------
※ちなみにボラティリティがわかりずらい時は、

「ボラティリティが低下しているから連休は気を付けような! 」

こちらで詳細を説明してあります。
-------------------------------------

※国際収支・貿易収支のみかた(注1

欧米の夏休みも終わったな。

最近人気があるのは「オーサム・オシレータ」というものだ。

しかし今日はビル・ウィリアムス系の「アクセラレータ・オシレータ」(ACオシレーター)を使う。

オーサム・オシレータの移動平均を使ったオシレータだから進化系だな。

MT4にもMT5にもあるぞ。

※ACオシレーター(注2

8月よりもACオシレータの値が増えていれば、為替市場が活発になったと思えるな。

ただしこれは、ただ出来高を示しているだけじゃない。

価格が下がれば、オシレータも下がってしまう。

とはいえグラフが長ければどっちでも活況といえる。

ポンド/円(GBPJPY)はドル/円よりも活発のようだ。

グラフが長いな。

Tボーンはハイローオーストラリアをしたいから、オシレータの棒グラフが長ければうれしいぞ。

今度はポンド/円の1分足でいつもどおりハイローオーストラリアをする。

ACオシレータは一度見て、相場が活発かどうかわかればそれでいいんだ。

これが短くて地味ならトレードをやめるかもしれない。

現在の価格の近くで、気になったところにラインを引いたぞ。


-------------------------------------
※ライントレードで成功した例は

「ハイローオーストラリアの王道ライントレードの日だった」

こちらをご覧ください。
-------------------------------------

※ライン、トレンドライン(注3

今はレンジ相場だ。

ローソク足が上下にひいたラインの端に来れば、上ならLOWという買い方ができる。

しかしこのときは、その前の陰線のパワーが強くてその反動もありそうだったんだ。

前の陰線が長く速く形成されていた。

ストキャスティクスは下から上がりそうだったし、

ローソク足はミドルラインでヒゲを付けて上がってきたからHIGHを買ったぞ。


-------------------------------------
※ちなみにストキャスティクスを使ったトレードは、

「ハイローオーストラリアで自分の勝率を出せばテクニカルの優秀さもわかるぞ! 」

こちらで詳細を説明してあります。
-------------------------------------


うまくいった!

30秒のハイローなら、こんな一時の反動をとらえられるな。

オシレータをうまく使いこなすのは勝利につながるようだ!

※オシレータとは(注4

■■■■脚注■■■■

(注1)国際収支説(上田ハーローFX)
(注2)Accelerator Oscillator(ACオシレーター)(metatrader5)
(注3)トレンドライン(大和証券)
(注4)オシレーター系(SMBC日興証券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

市場の流れが変わる秋だからドル/円だ

(更新:2019年11月07日) Tボーンです! おおざっぱなんだが、日本では立冬のころ、 欧米では冬時間に変わったころ、今頃の話だ! この時期は毎年、なんとなく為替市場の雰囲気が変わる!  大企業や各国が需給を変化させるんだろうな。

[続きを読む]

 

合意はどうなったんだ?ポンドはすごく上昇しているが

(更新:2019年10月29日) Tボーンです! EUと英国のボリス・ジョンソン首相が合意したということでポンドが上昇した! だがその後また、すんなり話が進まなくなったんだ! しかしポンドは少し反応しただけでやっぱり上昇している。

[続きを読む]

 

レンジ相場のユーロが動くのはいつだろう

(更新:2019年10月10日) Tボーンです! 最近オーサム・オシレータというのも使ってるんだが、 不思議とトレンドに敏感みたいだ! 今日はユーロ/ドル(EURUSD)が気になったから見ているぞ! 1時間足ではそんなに派手な動きはないようだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

スタンダード・デビエーションとボリンジャーバンド

(更新:2019年11月14日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! スタンダード・デビエーションは日本語で標準偏差という意味で、MT4とMT5にあるインディケータです! 標準偏差といえばボリンジャーバンドが有名ですが、合わせて使うととても便利です! 見た目はオシレータのように見えますが、ナビゲーターのメニューでは「トレンド」のところにあります。

[続きを読む]

 

DMIトレードはこれで完璧!3つ目のパターンは逆張りで勝つ!

(更新:2019年11月11日) こんにちは、ミウラです! これまでにDMIを使ったトレードで2パターンを見てきました! 1つ目は、+DI、-DIがADXに追いつかれた場面! この時点でトレンド一服として逆張りするという方法でした! 画像の例では、 -DIが+DIの上にあるので下降トレンドですが、ADXに追いつかれて下げは終了! highで入って勝ちという場面です。

[続きを読む]

 

国内業者の強制ロスカットとXMのゼロカット比較

(更新:2019年11月07日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! ある日トレード仲間が 「国内業者の強制ロスカットにひっかかってお金が減った」と嘆いているのを耳にしました! XMのゼロカットシステムはわかりやすくて覚えやすいルールですが、 国内業者の強制ロスカットとはどういうシステムなのでしょうか! XMと比較をしてみましょう。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top