Home » ブログ » 9月の為替相場をオーサム・オシレータの仲間でチェックだ

9月の為替相場をオーサム・オシレータの仲間でチェックだ

更新:2019年09月12日

Tボーンです!

いよいよ「5月に売って9月に戻れ」の9月になった!

夏は需給もあってドル/円(USDJPY)は下がりやすいのだそうだ!

日本の貿易収支も出たが、マイナスになっているな。

貿易が悪いと円が下がるという説もあるぞ。

9月ボラティリティはあるようだ。出来高はどうだろう?ボリューム系のインディケータを出してみた。


-------------------------------------
※ちなみにボラティリティがわかりずらい時は、

「ボラティリティが低下しているから連休は気を付けような! 」

こちらで詳細を説明してあります。
-------------------------------------

※国際収支・貿易収支のみかた(注1

欧米の夏休みも終わったな。

最近人気があるのは「オーサム・オシレータ」というものだ。

しかし今日はビル・ウィリアムス系の「アクセラレータ・オシレータ」(ACオシレーター)を使う。

オーサム・オシレータの移動平均を使ったオシレータだから進化系だな。

MT4にもMT5にもあるぞ。

※ACオシレーター(注2

8月よりもACオシレータの値が増えていれば、為替市場が活発になったと思えるな。

ただしこれは、ただ出来高を示しているだけじゃない。

価格が下がれば、オシレータも下がってしまう。

とはいえグラフが長ければどっちでも活況といえる。

ポンド/円(GBPJPY)はドル/円よりも活発のようだ。

グラフが長いな。

Tボーンはハイローオーストラリアをしたいから、オシレータの棒グラフが長ければうれしいぞ。

今度はポンド/円の1分足でいつもどおりハイローオーストラリアをする。

ACオシレータは一度見て、相場が活発かどうかわかればそれでいいんだ。

これが短くて地味ならトレードをやめるかもしれない。

現在の価格の近くで、気になったところにラインを引いたぞ。


-------------------------------------
※ライントレードで成功した例は

「ハイローオーストラリアの王道ライントレードの日だった」

こちらをご覧ください。
-------------------------------------

※ライン、トレンドライン(注3

今はレンジ相場だ。

ローソク足が上下にひいたラインの端に来れば、上ならLOWという買い方ができる。

しかしこのときは、その前の陰線のパワーが強くてその反動もありそうだったんだ。

前の陰線が長く速く形成されていた。

ストキャスティクスは下から上がりそうだったし、

ローソク足はミドルラインでヒゲを付けて上がってきたからHIGHを買ったぞ。


-------------------------------------
※ちなみにストキャスティクスを使ったトレードは、

「ハイローオーストラリアで自分の勝率を出せばテクニカルの優秀さもわかるぞ! 」

こちらで詳細を説明してあります。
-------------------------------------


うまくいった!

30秒のハイローなら、こんな一時の反動をとらえられるな。

オシレータをうまく使いこなすのは勝利につながるようだ!

※オシレータとは(注4

■■■■脚注■■■■

(注1)国際収支説(上田ハーローFX)
(注2)Accelerator Oscillator(ACオシレーター)(metatrader5)
(注3)トレンドライン(大和証券)
(注4)オシレーター系(SMBC日興証券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

ハイローオーストラリアの休み明けは臨機応変に

(更新:2020年01月10日) Tボーンです! ハイローオーストラリアもほかの海外業者と同じようにクリスマスには休みだった! Tボーンは毎年ハイローオーストラリアをやっているが、忘れていた... つい12月24日にログインしようとしたら動いていなかった。

[続きを読む]

 

ふただび一瞬の主人公に戻ったポンド、選挙の結果は

(更新:2019年12月19日) 2019年12月12日、イギリスでは総選挙が行われたぞ! Tボーンも気になっていた! 首相のボリス氏は保守党で、これが与党なんだ! 政権を握っているということだが、 ここが勝てばいちおうスムーズにEU離脱が進むだろうというので為替市場も注目していた。

[続きを読む]

 

常に主人公の通貨は変わるんだな

(更新:2019年12月09日) 首相がボリス・ジョンソン氏に変わったときからポンドがよく動いていた! ハイローオーストラリアもやりやすいなと思っていたんだ! 東京時間にも英国の通貨であるポンドが動くなんて楽だからな! しかし今はポンド/ドル(GBPUSD)も横ばいに変わり、 まるで主人公の座から引きずり降ろされたようだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

なぜダマシが発生するのか?そのヒントはセリング・クライマックス?

(更新:2020年01月15日) こんにちは、ミウラです! ミウラが紹介するバイナリーの手法は、 一般的なエントリーのサインとは逆方向に入る、というものが多いです! 前回のダマシに関するお話は、その最たるものでした! どうして一般的な方向とは逆にエントリーするのか!? 今回はその理由についてお話していきたいと思います。

[続きを読む]

 

ボリンジャーバンドとトレンドラインでみるエキゾチック通貨の1年

(更新:2020年01月08日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアではできないものもありますが、 たまにはエキゾチック通貨をチェックしてみましょう! せっかくこれまでテクニカルの基礎をお話してきたので、復習にもなると思います! 12月26日までのチャートになってしまいますがトレードのヒントになるかもしれませんよ。

[続きを読む]

 

いたる所で出現するダマシ!これを逆手にとって勝つ!

(更新:2020年01月06日) こんにちは、ミウラです! これまでトレードにさまざまなサインを用いてきましたが、 その多くが一般的な運用とは逆の方向にエントリーする、というものでした! 例えば、ボリンジャーバンドが平均線を上に抜き去った場面! ボリンジャーバンドは平均線に標準偏差に基づいたバンドを追加したものなので、 描かれる曲線自体は平均線と同じ性質です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top