Menu
Home » ブログ » ポンドをチェック!【レンジ相場の戦い方】

ポンドをチェック!【レンジ相場の戦い方】

更新:2020年11月25日

初心者の味方Tボーンです!

ハイローオーストラリアしやすいと思っているポンドだが、事件があったな!

イギリスはEUから離脱するんだが、

細かい交渉をしていたカミングスさんという人が辞任したんだ。

そのときにポンド/円(GBPJPY)が下がったんだが、

思ったほどの暴落じゃないな。

※カミングス氏、首相官邸を去る(注1



4時間足にはビックリだ。

カミングス報道の後はまったく動かなくなった。

次になにかあるのだろうかと経済指標カレンダーを検索すると、

この日、11月18日の16時(午後4時)にはCPIの発表

夜にはベイリー総裁の発言がある。

そこまではレンジ相場のままかもしれないな。

※経済指標カレンダー(注2



今は横ばい(レンジ相場)だというのを前提にハイローオーストラリアをしようぜ。

ハイローオーストラリアをするなら細かく見たいな。

15分足に変えよう。

Tボーンはよく、レンジの上下に水平ラインを引くんだ。

しかし今回は、斜めに引いたほうが綺麗みたいだし、少し迷った。

結局、慣れている水平ラインにした。

得意なラインは人それぞれだよな。



137.90円(だいたいでいいぞ)の水平ラインを引いた後、

1分足にした。

1分のハイローオーストラリアをしたいから近い時間で見るんだぞ。

137.90円は過去に2回は買われたところだ。

今、そこに近づいているがヘッド・アンド・ショルダー・ボトムにも見えるな。

ラインの引き方によってはダイヤモンド・フォーメーションにもなりそうだ。

次に大きく動くのは同じだから、名前はどうでもいいけどな。

※フォーメーション分析とは(注3



1分足にした後、上にもどこか水平ラインを引きたかったんだ。

レジスタンスだったところがサポートになっているな。

だいたい137.99円のところだから、

ほぼ138円ぴったりだ。

そうして引いてみたら、そっちに向かって上昇してきたぞ。

平均足の上ヒゲがぶつかっては落ちるので、

そういうときにLOWを買ったんだ。




1回目ははやすぎて負け。

次は2回勝った。


その後も陰線が続いているからやりたいときはLOWを続けて買ってもいいんだ。

しっかりとハイローオーストラリアのチャートも見ながら買っていこうな。

それから、さっきヘッド・アンド・ショルダー・ボトムの可能性があると思ったよな。

ということは上昇するかもしれないからあまりLOWは深追いしないほうがいいぞ。

あと、今日は水平ラインが決まりそうだったから移動平均線は引かなかったぞ。

ハイローオーストラリアって面白いな!!


-------------------------------------------------------
※こんな移動平均線を使っていたぞ。

『【AMA】面白い移動平均線をみつけた!』

平らなところが多くて面白いんだ。
-------------------------------------------------------



■■■■脚注■■■■

(注1)英首相の上級顧問カミングス氏、首相官邸を去る 「空気一新」と首相(BBCnews)
(注2)経済指標カレンダー(外為どっとコム)
(注3)フォーメーション分析とは? | FX初心者のためのテクニカル分析講座(OANDAラボ)

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

最新ブログ投稿

相関性が消えた為替市場でもハイローチャンスはある!

(更新:2021年04月05日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、平均足を使っているがうっかりチャート設定を消してしまった! 出し直して、ラインチャートを表示させて再スタートだ! ローソク足と平均足が重なると見づらいからな! バーチャートが見えるように「プロパティ」「全般」で「チャートを前面に表示」にしておこう。

[続きを読む]

 

【向かいやすい価格】というのは信頼できるか

(更新:2021年03月04日) 初心者の味方Tボーンです! とっても前回は実験トレードが失敗してしまった! Tボーンもはじめは初心者だったんだと振り返るきっかけになったぞ! ポンド/円(GBPJPY)は相変わらず上がっている。

[続きを読む]

 

レンジ相場トレードの実験は失敗だった!

(更新:2021年02月05日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリアにも関係ありそうだが、 ファイザー製薬の売り上げはワクチンだけでもすごいらしいな! 150億ドルの予想だそうで、これはドルが上がる一因なのだそうだ! いちおう覚えておいて、Tボーンはいつものポンドを確認するぞ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

MACDとOsMA(Moving Average of Oscillator)でハイローチャンスが増える?!

(更新:2021年04月09日) MACDのことはよく知られていますが、 MACDのMACDであるOsMAはあまり使われていないようです! MT4にもMT5にも標準であります! ハイローオーストラリアでは、 できるだけ売買チャンスを増やしたいですが適当にやるわけにはいきません! そこで、この2つをMT5に出しましょう! インディケータを上手に組み合わせると、良いチャンスを数多く絞り込めるので使ってみましょう。

[続きを読む]

 

個々人の環境で適正値が変わる?フィボナッチアークのスケール設定とは

(更新:2021年04月06日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチアークはとても使いやすい指標なのですが、 証券会社やアナリストなどが公表する市場分析ではほぼ、用いられていません! 頻繁に使用されるフィボナッチ・リトレースメントとは大違いです! ※ 上昇トレンド崩れたナスダックはまだ危機脱せず、一時的反発の可能性(ブルームバーグ)(注1) なぜ、フィボナッチアークがこうした分析で用いられないかというと、 フィボナッチアークはスケール(縮尺)の設定のしかたによって、形状が大きく異なるからです。

[続きを読む]

 

リトレースメントの発展型?フィボナッチアークの正体とは

(更新:2021年03月29日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチリトレースメントとは少し異なるアークの使い方を解説しましたが、 使い方に違いはあってもリトレースメントもアークも同じ性質のものです! フィボナッチアークは、リトレースメントに横の広がり(時間の概念)を持たせたアレンジバージョンであり、 リトレースメントを補強したオブジェクトです! そこで今回は、 【フィボナッチアークを利用することで、リトレースメントがどのように補強されるか】 についてお話します。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

Top