Menu
Home » ブログ » 【向かいやすい価格】というのは信頼できるか

【向かいやすい価格】というのは信頼できるか

更新:2021年03月04日

初心者の味方Tボーンです!

とっても前回は実験トレードが失敗してしまった!

Tボーンもはじめは初心者だったんだと振り返るきっかけになったぞ!

ポンド/円(GBPJPY)は相変わらず上がっている。

前回は【そちらに向かいやすい価格】というのを使ったんだが、

これは今も気になる。

------------------------------------------------------
※前回のトレードはこちら。

『レンジ相場トレードの実験は失敗だった!』
------------------------------------------------------



【そちらに向かいやすい価格】なんだが、こんなことをいわれるんだ。

注文が集まっている価格

需給の売買が活発に行われた価格

ここでいう注文は、損切り注文も含めすべての注文だ。

下の図は有名なオアンダのオーダーブックだ。

使い方は複雑だが、注文の多い場所はわかりやすい。

オアンダオーダーブック(注1



向かいやすくなる理由をいくつかあげてみるぞ。

・輸出入で決済した価格なら、また似たような価格での取引がありそう

・ヘッジファンドが注文の集まりを狙って、ストップ狩りをするかもしれない


今度はトレーディングビュー「VPVR」というインジケーターを出したところだ。

右側の棒グラフが出るぞ。

これは出来高だが、

棒の長いところは売買が活発だったから「向かいやすい」と見ることはできる。

トレーディングビュー(注2



ほかにも似た情報源はあるが、MT5ハイロートレードをはじめよう。

MT5標準ではオーダーブックのようなのはないから、

過去によく止まったところや狭いレンジになったところにするのが良いと思うんだ。

前回は、よく止まったところをターゲットにしたんだよな。

これは、いつ「向かっていくか」がわからないところが問題で、

それがわからなければハイローオーストラリアができない。



そこで【向かっていく】方向をトレードすると決めてしまって、

実際はいつもどおりのライントレードにしようと決めた。

2日間くらいの5分足で水平ラインを引くと、

148.80円から149.00円あたりでよく上下している。


今はヘッドアンドショルダーを作って下がり始めているし、

ここに向かって下がると想定しようか。

LOWを買うということなんだ。



1分足にすると、ヘッドアンドショルダーが変な形だな。

まあいいやと思って肩かもしれない場所にもラインを引いた。

そのラインまで上がったが、ラインも抵抗になっている。

「向かいやすい」方向をあらかじめ決めていたのでLOWのチャンスを待ったんだ。

オシレータのCCIも買われすぎから下がって、平均足も長い陰線になった。

1分のTurboで勝てたぞ。

【向かいやすい価格】はこうして使えばいいんだな!


■■■■脚注■■■■

(注1)OANDAオーダーブック(OANDA)
(注2)トレーディングビュー(tradingview.com)

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

最新ブログ投稿

価格帯を通知設定して無駄なくトレードしたいよな!

(更新:2021年06月07日) 初心者の味方Tボーンです! といっても初心者の頃みたいな失敗もよくするんだ! 「この価格になったらハイローオーストラリアをしよう」 と狙っていたのに見逃してしまうよな! 無料のFXアプリやトレーディングビューで通知設定をするといいぞ。

[続きを読む]

 

ヘッジファンドの【45日ルール】の季節だが

(更新:2021年05月10日) 初心者の味方Tボーンです! 5月15日(土曜だから翌週の月曜までになりそうだ)まで、 海外のヘッジファンドの45日ルールというものの関係で荒れるそうだぞ! 6月末までにファンドを解約したい投資家は、 その45日前までにヘッジファンドに伝えるというルールなんだ。

[続きを読む]

 

相関性が消えた為替市場でもハイローチャンスはある!

(更新:2021年04月05日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、平均足を使っているがうっかりチャート設定を消してしまった! 出し直して、ラインチャートを表示させて再スタートだ! ローソク足と平均足が重なると見づらいからな! バーチャートが見えるように「プロパティ」「全般」で「チャートを前面に表示」にしておこう。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

課題はタイムゾーンの精度悪化?アークとタイムゾーン併用の実践例!

(更新:2021年06月23日) こんにちは、ミウラです! 前回、フィボナッチアークとフィボナッチタイムゾーンの組み合わせについて紹介しました! レートと時間、2つの異なる視点からチャートを分析し、 予想の精度を引き上げてくれる組み合わせです! ※ フィボナッチタイムゾーン(アイネット証券)(注1) 前回は理論の説明のみだったので、 今回は実践例をあげて運用方法を説明していきます。

[続きを読む]

 

鯨幕(くじらまく)が出たときの戦略3つ

(更新:2021年06月16日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです! FXでは、為替の値動きが地味でつまらないという相場が続いています! 特に鯨幕相場というのを聞くようになりました! XM(XMTrading)のMT4でチャート分析をしていてもしょっちゅう見かけます! 日足が多いです。

[続きを読む]

 

フィボナッチアークとフィボナッチタイムゾーン!本当にうまく作用するのか?

(更新:2021年06月09日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチアークは、フィボナッチ・リトレースメントをベースに、 時間の概念を加味したオブジェクトです! ※ フィボナッチアークとは?(JFX)(注1) ここで思い出して欲しいのですが、以前に紹介したなかでもうひとつ、 時間の概念を組み入れたフィボナッチツールがあったはずです! それは、フィボナッチタイムゾーンですね。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

Top