Home » 攻略法 » 「A/D」インディケータでレンジ相場後のチャンスをつかむ方法

「A/D」インディケータでレンジ相場後のチャンスをつかむ方法

更新:2019年10月04日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

レンジ相場っていつ終わるかわからないですよね!

それなのに終わったとたん急展開が待っています!

レンジブレイクというトレードチャンスを逃がさないためにも

レンジ相場の先行きを知りたいものです!

今回はボリューム系の「A/D」インディケータを使ってレンジ相場の予想を立てる方法です。

目次

〇 レンジ相場とトレードチャンスの関係


レンジ相場というのは、チャートがずっと同じような価格にありつづける相場です。

横ばい、ヨコヨコともいわれます。

これは売買の材料がないとか、売買の勢力が集まりすぎてにらみ合い状態になっているとか、

いろいろな理由があります。

しかし、どちらかに傾き始めると一気にそちらに動き始めるといわれます。

これがレンジブレイクです。

レンジ相場の長い時間のあいだじゅう注文がたまり続けたため、こんな動きになることが多いのです。

このように一気に一方向に動き始めれば売買は楽です。

FXや株式投資家にとって昔からすばらしいトレードチャンスといわれているのです


-------------------------------------
※ちなみにレンジ相場の法則については、

「「ダウ理論」でいう「ボックス圏」はレンジ相場のことですが、使い方は?」

FXの出来高と「ボリューム」インディケータについては、

「為替の出来高とは?MT4の【ボリューム】でしてはいけない通貨ペアをみつける」

こちらで詳細を説明してあります。
-------------------------------------

※レンジ相場とは (注1

〇 A/Dでトレードチャンスを予測するしくみ


レンジ相場のうちになにが起きているかおおよそわかるのが、

MT4やMT5にあるA/Dというインディケータです。

呼び方はいろいろなのですが、カタカナにすると「アキュムレーション・ディストリビューション」となり、

つづりはAccumulation/Distributionです。

A/Dは、RSIのようなオシレータの計算のなかに「出来高」という概念を入れ込んであるので

市場参加者の加熱ぶりと値動きの加熱ぶりをあわせて理解できるのです。

出来高が組み込まれているため、値動きのないレンジ相場なのにA/Dが大きく上下するときは

トレーダーが活発ということですから「何かある」ということがわかるわけです。

そうなりはじめたら、レンジ相場が終わり急変がありそうだと予測するという簡単なしくみです。

※アキュムレーション・ディストリビューション (注2

〇 ローソク足とA/Dの関係


ここは複雑なので、余力のある方だけ読んでくださいね。

A/Dとローソク足との関係をちょっと見ましょう

計算はまず、高値と安値、終値と安値の関係を出します。

それに出来高をかけます。

次にここで出した値と値幅との比率を出すのです。

(最後にそれまでのA/Dを足してグラフがおかしくならないようにします)

途中で出来高をかけているのがポイントで、

これでローソク足だけではわからない加熱ぶりというのがわかるようになっているのです。

※ローソク足とは (注3

〇 A/Dの読み方の例


オシレータでよくやる「ダイバージェンス」「コンバージェンス」と似た読み方が基本です。

名前はともかく「チャートと違う動きのときをみつける」と覚えておけばOKです。

上のチャートはユーロ/ドル(EURUSD)の週足です。

2014年~2017年という長い間レンジ相場にあったのですが、

その前は下げ相場だったので教科書どおり誰もが「次は下がる」と思っていました。

でも、A/Dはいったん下がるもののそれは弱く、反転して上昇したときは出来高を伴って強く上がっています

ここで「ひょっとしてレンジ相場を抜けたあとは下がりにくいんじゃないか」と予想できるのです。

と、こんなふうに「矛盾は何を示しているか」考えながら使うといいのです。

※ダイバージェンス (注4

〇 ハイローオーストラリアで応用するには


ハイローオーストラリアで使うときにチェックすることを並べてみましょう

・A/Dは上がっているときも下がっているときも「0ラインより遠いほうが市場が活発である」といえます。
・レンジ相場なのにA/Dが急変したら、レンジ相場の終りが近いと読めます。
・ほかのどんな場合も、チャートとA/Dが矛盾した動きをしていたら、何かがあるということで警戒する必要があります。


上のポンド/円(GBPJPY)の1分足は、長い陰線を作って下がっているのですが、過去のサポートに触りそうです。

そして、A/Dはローソク足ほど勢いよく下がらず、過去のサポートに触っていません。

ここで、「A/Dが弱いから、すぐ上がるかもしれない」とみて、HIGHの短期を買うことができます

上の図の次のローソク足が映っていませんが、陰線が出てしまったのでそれが終わってからHIGHの1分を買いました。

〇 まとめ


実際は、次のローソク足は十字線、その次が陽線でした。

下げが弱くすぐに上がるだろうというのは正解でしたね。

それから、1分という余裕のあるハイローだったので勝てました。

(こういう下げ+上げの後は、少し調整してまた下がる可能性もあるので注意しましょう)

慣れるまでは面倒で難しそうに思えますが、

ライントレードや移動平均線のトレードなどの補足にすると安心感が持てていいものです

ぜひ参考にしてくださいね!

■■■■脚注■■■■

(注1)レンジ相場(れんじそうば)(東海東京証券)
(注2)Accumulation/Distribution(蓄積/配信)(Meta Trader5)
(注3)ローソク足チャート(マネックス証券)
(注4)ダイバージェンス(マネックス証券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

なぜダマシが発生するのか?そのヒントはセリング・クライマックス?

(更新:2020年01月15日) こんにちは、ミウラです! ミウラが紹介するバイナリーの手法は、 一般的なエントリーのサインとは逆方向に入る、というものが多いです! 前回のダマシに関するお話は、その最たるものでした! どうして一般的な方向とは逆にエントリーするのか!? 今回はその理由についてお話していきたいと思います。

[続きを読む]

 

ボリンジャーバンドとトレンドラインでみるエキゾチック通貨の1年

(更新:2020年01月08日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアではできないものもありますが、 たまにはエキゾチック通貨をチェックしてみましょう! せっかくこれまでテクニカルの基礎をお話してきたので、復習にもなると思います! 12月26日までのチャートになってしまいますがトレードのヒントになるかもしれませんよ。

[続きを読む]

 

いたる所で出現するダマシ!これを逆手にとって勝つ!

(更新:2020年01月06日) こんにちは、ミウラです! これまでトレードにさまざまなサインを用いてきましたが、 その多くが一般的な運用とは逆の方向にエントリーする、というものでした! 例えば、ボリンジャーバンドが平均線を上に抜き去った場面! ボリンジャーバンドは平均線に標準偏差に基づいたバンドを追加したものなので、 描かれる曲線自体は平均線と同じ性質です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ハイローオーストラリアの休み明けは臨機応変に

(更新:2020年01月10日) Tボーンです! ハイローオーストラリアもほかの海外業者と同じようにクリスマスには休みだった! Tボーンは毎年ハイローオーストラリアをやっているが、忘れていた... つい12月24日にログインしようとしたら動いていなかった。

[続きを読む]

 

ふただび一瞬の主人公に戻ったポンド、選挙の結果は

(更新:2019年12月19日) 2019年12月12日、イギリスでは総選挙が行われたぞ! Tボーンも気になっていた! 首相のボリス氏は保守党で、これが与党なんだ! 政権を握っているということだが、 ここが勝てばいちおうスムーズにEU離脱が進むだろうというので為替市場も注目していた。

[続きを読む]

 

常に主人公の通貨は変わるんだな

(更新:2019年12月09日) 首相がボリス・ジョンソン氏に変わったときからポンドがよく動いていた! ハイローオーストラリアもやりやすいなと思っていたんだ! 東京時間にも英国の通貨であるポンドが動くなんて楽だからな! しかし今はポンド/ドル(GBPUSD)も横ばいに変わり、 まるで主人公の座から引きずり降ろされたようだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top