Menu
Home » 攻略法 » わかったつもり?ボラティリティを考えるならこれだけでいい

わかったつもり?ボラティリティを考えるならこれだけでいい

更新:2020年10月19日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

以前、わかりにくい投資用語を取り上げたことがあります!

今回はわかったつもりだけかもしれない「ボラティリティ」について、

見ることのできるインディケータと、ハイローオーストラリアでの使い方です!

チャネル系、オシレータ系と分けておきますね。

目次

〇 ボラティリティはここだけ押さえる


ボラティリティという言葉もネットでいろいろ書かれています。

でも、ハイローオーストラリアで必要なのは「一定時間の値幅」だけです。

たとえば、1分のスプレッドHighLowでは、「1分間にどれだけの値幅が動くか」が大切です。

この時間内にスプレッド以上の値幅で動いてくれないと勝てないからです。

ハイローオーストラリアで勝つことを考えるなら、このポイントだけ押さえておきましょう

※「ボラティリティとはリスクのことである」というのも本当ですが、それは投資信託を選ぶときなどの話です。
ハイロートレーダーが気にしすぎることもないと思います。

〇 ボラティリティを見るインディケータ【チャネル系】


ハイローオーストラリアで使いやすいインディケータの例をいくつかあげますね。

【チャネル系】はMT4なら上に表示されるインディケータで、

値幅やその標準偏差を描いていきます

使えるチャートシステムを()の中に書いておきますね。

・ボリンジャーバンド:価格の標準偏差を描きます。(MT4、MT5、トレーディングビュー)
・HLバンド:ドンチャンチャネルのこと。一定期間の高値と安値を水平ラインで引いてくれる。(トレーディングビュー)
・ケルトナーチャネル:移動平均線の上下に1本ずつラインがあるバンド型。計算式のバリエーションが多いですが、
「移動平均線のATR」を出すことが多いです。(トレーディングビュー)
・Variable Index Dynamic Average:VIDYAと呼ばれます。ボリンジャーバンドと同じ考えで出した移動平均線。
1本しか出ないので使いにくくほとんど使われません。
(MT5、トレーディングビュー)

チャネル系は「開いていればボラティリティが大きい」というみかたをします

※トレーディングビュー(ボラティリティ)(注1
※ケルトナーチャネル (注2
※VIDYA (注3

〇  ボラティリティを見るインディケータ【オシレータ系】


次にオシレータ系です。

チャートの下に描かれますね。

というかオシレータ系はすべて値幅を考慮しているので、全部ボラティリティを見ることはできます

たいていは「オシレータが上のほうならボラティリティが大きい」とみます。(例外あり)

ここでは特にボラティリティを追求したと思われるものをあげておきますね。

・ATR:高値、安値、終値をもとに値動きが強いかどうかを出します。(MT4、MT5、トレーディングビュー)
・ADX:DMI/ADXなどいろいろな呼び名が。下がるパワー、上がるパワー、そしてトレンドの強さの3本を表示します。
慣れないとちょっと使いにくい。
(MT4、MT5、トレーディングビュー)
・HV:ヒストリカルボラティリティ。過去の値動きを教えてくれます。めやすとしてはわかりやすい。(トレーディングビュー)
・RVI:Relative Vigor Indexの略です。ストキャスティクスの計算に終値と始値を導入したもの。
(MT5、トレーディングビュー)
・CMO:Chande Momentum Oscillatorというもので上下動の比率を出します。単独というよりもVIDAを出すために使います。(トレーディング ビュー)

ほかにCHVなどもあります。

※ATRの計算 (注4
※ADX (注5
※RVI (注6

〇  ボラティリティを判断するには


トレーダーはどこからどこまでを「ボラティリティが大きい」といっているのでしょうか?

それぞれのインディケータの値と、通貨の性格、見ている時間足などを総合して判断しています。

過去のデータをたくさんとって、

「ATRが〇〇以上のときに相場が反転しやすい」などの研究もされています。

でもハイローオーストラリアでは、実際には

「ローソク足で見ても横ばいで値幅も小さかったが、急に広がった」
(上の図で、ATRが『すごく広がった』と書いてあるところ)

のように過去やほかのテクニカル指標を見比べながら使っています。

数値を出す研究はFXのEAを作るときなどに使われることが多いようです。

〇  実際のつかいかた


さきほどの図をもう一度使いましょう。

左側の「すごく広がった」ときから10分くらいは長いローソク足が多いですね。

このときは値動きは大きいのでハイローオーストラリアで、スプレッド取引もできます

その右側の「ずっと真ん中」の時間になるとローソク足は短いものが増えます

このときはスプレッド取引はやめて、普通のハイローをするのがおすすめです

※ハイローオーストラリアが初めての方はこちら
「ハイローオーストラリア定番テクニック【2つのステップ】」

〇 初心者はとりあえずATRで


簡単な説明になってしまいましたが、まずは初心者のうちはこのくらいの知識でOKです。

また、たくさんインディケータを出しましたが最初はATRを使ってみましょう

多くの方が使っていて迷ったときも検索するといろいろ出てきます。

チャート上に表示するのは最初はボリンジャーバンドにしてみましょう

この曲線がわかりにくいなど不満が出てきたら、ドンチャンチャネルに変えてみましょう。

ケルトナーチャネルの形がわかりやすいという人もいます。

ぜひ参考にしてくださいね!

※エンベロープと移動平均線を使う方法もあります。ボラティリティを見ながらやってみましょう。
「エンベロープに平均線をプラス!この一手で手法は完成する!」

■■■■脚注■■■■

(注1)ボラティリティ(tradingview)
(注2)ケルトナーチャネル(アイネット証券)
(注3)Variable Index Dynamic Average(可変インデックス動的平均)(MetaTrader5)
(注4)ATR(AVATRADE)
(注5)DMI (方向性指数)・ADX(Money Partners)
(注6)Relative Vigor Index(相対活力指数)(MetaTrader5)

HighLow

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

【100均で揃う!】初心者のためのローソク足レッスンのアイデアひとつだけ

(更新:2020年11月26日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ローソク足を「よく知っているよ」と言い切れる人はいないかもしれません! 無限に情報が詰まっていてそれが常に新しく生まれる性質をもっているので、不可能ですよね! でも、毎日少しずつかかわり続けるとテレビに出ているアナリストさんよりも読み取れるようになります! 初心者のためのレッスンのヒントをご紹介します。

[続きを読む]

 

扱い方はフィボナッチ・ファンと同じ!ギャンファンを使ったトレードとは?

(更新:2020年11月19日) こんにちは、ミウラです! ここまでフィボナッチ・ファンを中心にバイナリーでのトレード法を解説していますが、 このフィボナッチ・ファンとよく似たオブジェクトにギャンファンというものがあります! ウィリアム・D・ギャンが考案したギャンラインというものが原型のオブジェクトなのですが、 この人物、テクニカル分析の祖と呼ばれることもあるくらい有名な人で、 100年近く前、あらゆる相場のデータをメモ書きのみで研究し、 最終的に5000万ドルの資産を築いたと言われています。

[続きを読む]

 

ローソク足のパターン【三法】とハイローオーストラリアの考察

(更新:2020年11月18日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ローソク足のパターン分析で有名な「酒田五法」のうち、 【三法】(さんぽう)というのがあります! 一目均衡表などでいう「N波動」の形と似ていて「そのトレンドは続く」といわれます! これでハイローオーストラリアできるという人もいるのですが、 実際は、トレンド把握くらいしかできないんじゃないかとは思います。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ポンドをチェック!【レンジ相場の戦い方】

(更新:2020年11月25日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリアしやすいと思っているポンドだが、事件があったな! イギリスはEUから離脱するんだが、 細かい交渉をしていたカミングスさんという人が辞任したんだ。

[続きを読む]

 

ハイローオーストラリアあるあるだ!

(更新:2020年11月11日) あるあるってよくあるよな! あるばっかりになってしまったが 「ハイローオーストラリアしたい気分だな!」と思ったときにチャートを開くと、 このドル/円(USDJPY)みたいにぜんぜん動いていないんだ! 今は東京の株式市場の終わり直前だ。

[続きを読む]

 

【AMA】面白い移動平均線をみつけた!

(更新:2020年10月26日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、ハイローオーストラリアをはじめた頃を思い出して平均足でトレードしているんだ! これだけだと寂しいから移動平均線で面白いものがないかと探したぞ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow

公式サイト 口座開設

Top