Menu
Home » 攻略法 » ベテラントレーダーもうっかり間違えるBidとAskおさらい

ベテラントレーダーもうっかり間違えるBidとAskおさらい

更新:2021年01月07日

こんにちは!

ファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです!

XM(XMTrading)のMT4とMT5は便利ですよね!

BidとAsk値も簡単にみられます!

しかし長年FXをやっているトレーダーでも、

見間違えたりすることがあるので復習しておきましょう。

優良FX【XM】はこちらから!

〇 BidとAskはFXの基本


FXをはじめて最初に覚える部類の言葉、BidとAsk

・Bidは売りのこと
・Askは買いのこと


売りたい人はBidの価格で買いましょう。

買いたい人はAskの価格で買いましょう。

ということです。

もちろん、どんな業者さんでも基本は売値を安く買値を高く設定しています。
(この差をスプレッドといいますよね)

意味はこうですがちょっと気を付けることもあります。

※BIDとASK (注1

〇  BidとAsk、意味の捉え方でちょっと気を付けること


業者さん側の人がBidのことを「買い注文」ということがあります

YouTubeなどで勉強している方は「あれ?」と思ったことがあるかもしれません。

これも正しい意味で使っていますが混乱しますよね。

Bidは売るという行為をいっているので、誰かが買ってくれなければ成立しません

売るという行為の反対側には必ず買いがあるわけですから、

立場によって言い方が反対になることがあるようです

それに相対取引の業者さんなら自分にとってはBidは買いになりますしね。

※XM(XMTrading)はNDD方式とされているので、こういうことはありません。

我々はトレーダーなので普通にBidのことは「売るときの価格」と考えればいいでしょう

優良FX【XM】はこちらから!

〇 BidとAsk、トレードのときにおおいに気を付けること


XM(XMTrading)ではMT4かMT5を使ってトレードすることになります

どちらも同じようにBidとAskを見ることができますが、

上の図のように2本のラインでも表示できます。

FXにはスプレッドがありますから、当然2本の間は離れるのですが、

BidとAskを比べたいのに、表示し忘れたり逆に見ていたりというミスが多いのです。

このミスはchieだけでなく、たまにtweetやブログでも見かけます。

だれもがしそうなミスだといえそうです。

年末年始、指標発表時などにスプレッドが開きます。

損切り設定するときにBidとAskを逆に見ていれば思っていたよりはやく損切りになってしまい、

勝てるところでいきなり損切りということになりかねません。

※損切り (注2

〇  MT5でBidとAskを出す方法2種【その1】レート表示として出す方法


トレード計画に必須なBidとAskですので、

見慣れていない人は一度出して使ってみましょう

2つの出し方というか見かたができます。

「レート表示として出す」「ラインとして出す」の2つです。

ではひとつめです。

(1)チャートの上を右クリックでメニューを出す

「ワンクリックトレード」をクリック

図のように「レート表示」が出ます

※SELL=Bid
※BUY=Ask

優良FX【XM】はこちらから!

〇 【その2】ラインとしてBidとAskを出す方法



ふたつめです。

(2)ラインとしてBidとAskを出す

表示させるには右クリックでメニューを開いてチェックを入れます。

右クリック→「プロパティ」→「表示」タブをクリック→「売りラインを表示」にチェック、「買いラインを表示」にチェック→「OK」をクリック

MT5では「Askのラインを表示」しか選べないことがあります。

これはすでにBidのラインがチャートに出ているからなので、

チェックを入れれば2本揃います。

※それでもラインが出ないときは「プロパティ」「色の設定」タブで「None」になっていないか確認しましょう。

〇   まとめとおまけ【覚え方】


普段のトレードでBidとAskに気を付けていると、相場の向こう側の心理を見透かすことができます。

「広がっているから売買があまり成立していないんだな、ポジションが偏っているな」とか。

すごく細かくピカピカ動くこともありますがそういうときは「もしかしてアルゴが優勢になってる?」

なんて考えることもできます。

最後に蛇足ですが、覚えにくいという方に究極の覚え方を2つお知らせします。

1・Ask=「いくらで買わせてくれる?とたずねるからAsk」
2・BidとAsk、どっちが値が高いほう?と迷ったら「業者は高く買わせたい。だから高いほう(Ask)が私たちの買い値」


繰り返しますがXM(XMTrading)はNDD方式なのでこんなふうに考えて業務されてないと思いますが(笑)

※XMっていいなと思った出来事もどうぞ。
「国内ノックアウトオプションから帰ってきて指値のすばらしさを知りました」
※VDPも気になります
「海外FXのMT4では避けて通れない問題VDPについて」


優良FX【XM】はこちらから!

■■■■脚注■■■■

(注1)レートの見方-BIDとASK(みんかぶFX)
(注2)損切り  (そんきり)(大和証券)

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

最新攻略法投稿

MACDとOsMA(Moving Average of Oscillator)でハイローチャンスが増える?!

(更新:2021年04月09日) MACDのことはよく知られていますが、 MACDのMACDであるOsMAはあまり使われていないようです! MT4にもMT5にも標準であります! ハイローオーストラリアでは、 できるだけ売買チャンスを増やしたいですが適当にやるわけにはいきません! そこで、この2つをMT5に出しましょう! インディケータを上手に組み合わせると、良いチャンスを数多く絞り込めるので使ってみましょう。

[続きを読む]

 

個々人の環境で適正値が変わる?フィボナッチアークのスケール設定とは

(更新:2021年04月06日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチアークはとても使いやすい指標なのですが、 証券会社やアナリストなどが公表する市場分析ではほぼ、用いられていません! 頻繁に使用されるフィボナッチ・リトレースメントとは大違いです! ※ 上昇トレンド崩れたナスダックはまだ危機脱せず、一時的反発の可能性(ブルームバーグ)(注1) なぜ、フィボナッチアークがこうした分析で用いられないかというと、 フィボナッチアークはスケール(縮尺)の設定のしかたによって、形状が大きく異なるからです。

[続きを読む]

 

リトレースメントの発展型?フィボナッチアークの正体とは

(更新:2021年03月29日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチリトレースメントとは少し異なるアークの使い方を解説しましたが、 使い方に違いはあってもリトレースメントもアークも同じ性質のものです! フィボナッチアークは、リトレースメントに横の広がり(時間の概念)を持たせたアレンジバージョンであり、 リトレースメントを補強したオブジェクトです! そこで今回は、 【フィボナッチアークを利用することで、リトレースメントがどのように補強されるか】 についてお話します。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

相関性が消えた為替市場でもハイローチャンスはある!

(更新:2021年04月05日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、平均足を使っているがうっかりチャート設定を消してしまった! 出し直して、ラインチャートを表示させて再スタートだ! ローソク足と平均足が重なると見づらいからな! バーチャートが見えるように「プロパティ」「全般」で「チャートを前面に表示」にしておこう。

[続きを読む]

 

【向かいやすい価格】というのは信頼できるか

(更新:2021年03月04日) 初心者の味方Tボーンです! とっても前回は実験トレードが失敗してしまった! Tボーンもはじめは初心者だったんだと振り返るきっかけになったぞ! ポンド/円(GBPJPY)は相変わらず上がっている。

[続きを読む]

 

レンジ相場トレードの実験は失敗だった!

(更新:2021年02月05日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリアにも関係ありそうだが、 ファイザー製薬の売り上げはワクチンだけでもすごいらしいな! 150億ドルの予想だそうで、これはドルが上がる一因なのだそうだ! いちおう覚えておいて、Tボーンはいつものポンドを確認するぞ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

Top