Home » ブログ » CCIの欠点と矛盾の克服法!バイナリーで強くなれるか?

CCIの欠点と矛盾の克服法!バイナリーで強くなれるか?

更新:2018年03月27日

Tボーンです!

この前使ってみたCCIなんだが、面白いが欠点もあるな!

それは、同じオシレーター系の仲間のRSIやストキャスティクスと同じ欠点だ!

逆張りをしていいか順張りをしていいか、わからないということなんだな!

※逆張りと順張り、儲けやすいのはどっち?(注1



CCIは「0」のラインが真ん中にあって、

そこが上昇トレンドと下降トレンドの分かれ目だった。

「0」ラインは、トレンドを教えてくれる。

ハイローオーストラリアにログインして、MT5も立ち上げよう!

※CCIの特徴(注2



CCIには、「0」のラインの他にもラインが引かれているのがわかるだろうか?

上下にある、+100と-100のラインだ。

これは、「買われすぎ売られすぎ」を判断するラインなんだ!

トレンドには逆らう「逆張り」に使うよな!

※はじめてのオシレーター(注3



順張りにも逆張りにも使えて便利だ。

しかし覚えるまで間違えてしまいそうだ。

実際に使ってみよう。

ポンド/円(GBPJPY)の1分足だが、CCIが-100よりも下にずっとある。

しかし、「売られすぎ」だから「上」を買おうと思うと、

見てわかるように失敗の連続になってしまう。



やっと-100から上に戻ってきた。

それでもやはり、急上昇という雰囲気ではないな。

このときに、ボリンジャーバンドも中心線よりも下だ。

CCIも「0」より下だからトレンドは「下降トレンド」と判断する。


ここで、どうしたらいいかわからなくなった。



しかし、よく見ると、一瞬だけ、

CCIの動きと平均足の動きがリンクするみたいだ。

興味深いな!

「Turboスプレッド」の「3分」のように短期取引ならできる!

CCIは「14」という期間だ。

しかしその後、急上昇して逆に「買われすぎ」になってしまった。

ボリンジャーバンドでもCCIでも上昇トレンドと判断できるが、

試しに逆張りで「下」を買ってみよう。

価格を表す緑の「ティック」が上がってから下がったポイントで「下」だ!

※ティックとは(注4



トレンドに逆らい、「下」を買った。

うまくいった!

条件をまとめてみよう。


・CCIが+100を上から下に突き抜けたとき
・ティックが上に行って急に下がったとき



この2つが同時に起きた。

そして、こうだった!


・トレンドの向きは関係ない、レンジでなくてもよい
・ただし短期取引に限る


短期取引なら、逆張りでも使えるということがわかったぞ!

これからもう少し精度を上げていきたいな!

■■■■脚注■■■■

(注1)逆張りと順張り、儲けやすいのはどっち?(四季報ONLINE)
(注2)ステップアップガイド ~テクニカル分析などの解説~(岡三ネットトレーダーシリーズ)
(注3)RSI(マネックス証券)
(注4)Tick(てぃっく)(野村證券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

動く理由も動かない理由もわからなくなったポンドだ!

(更新:2018年12月11日) Tボーンです! FXニュースサイトでは、イギリスのEU離脱のニュースばかりが流れている! 11月下旬には、英語側の案をEUが承認したというので話題になっていたのだが、 ポンド/円(GBPJPY)は数日間、動いていない! 2019年3月から正式に離脱の手続きはスタートするはずだが、まだまだ心配だ。

[続きを読む]

 

フィッシングのように待つハイローオーストラリアだ

(更新:2018年12月05日) Tボーンです! イギリスとEUがいよいよ離脱内容を同意したのかと安心していたら、まだまだ二転三転しそうだ! Tボーンは英語もわからないから、もっと違うのかもしれないが、メイ首相は意志がとても強いようだな! 心配になるくらいだが、無事にEU離脱をすすめてほしいものだ! MT5でポンド/円(GBPJPY)の日足を出してみた。

[続きを読む]

 

MT5の新しい武器「板注文画面」は使えるのか?

(更新:2018年11月26日) Tボーンです! このまえ、ポンド/円(GBPJPY)の日足を見て「そろそろ下がるのか??」と考えていた! そのときは決定的なトレンド転換のシグナルはなかった! しかしやっとしっかりと下がってきたな! ハイローオーストラリアにもログインだ! ※トレンド転換(注1) ※ポンドほか市況(注2) 次に1時間足を分析だ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

試験に出る?テクノ・ファンダメンタル分析の例2つ

(更新:2018年12月10日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! NTAAというのは「日本テクニカルアナリスト協会」という意味なのですが、 ここの試験の一番最初に「テクノ・ファンダメンタル分析」について出題されることが多いです! そんなに難しい話ではありません! トレードや相場予想のときに、 テクニカル分析とファンダメンタル分析をバランスよく使いましょうという意味なのです。

[続きを読む]

 

平均足が使える理由!それは数値の計算方法にあり!

(更新:2018年12月06日) こんにちは、ミウラです! 前回、平均足について一通り紹介したのですが、 これまでに使用してきたボリンジャーバンドのシグナルや酒田五法のパターンとはまた異なる分析法ですので、 これらと組み合わせれば予測精度の大幅な向上が期待できます! 前回の説明では少しわかりにくい部分もあったので、ちょっと補足を加えつつ、 より詳しく平均足の特徴と使い方について見ていきたいと思います。

[続きを読む]

 

実際のトレードをみながら覚えたい「ブレイクアウト」トレード

(更新:2018年12月04日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! よくブレイクアウトでトレードするといいますが、 「やってみて失敗したのでもう嫌」だという人も多いのではないでしょうか! 今回は、そんな「ブレイクアウト」手法のハイローオーストラリアでの失敗例と対策です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top