Home » ブログ » ポンド/円のバイナリーオプションなら運ゲーにはならないのか?

ポンド/円のバイナリーオプションなら運ゲーにはならないのか?

更新:2018年04月13日

Tボーンです!

今日はなんだか哲学的なタイトルをつけてみたぞ!

冗談のようだが、

有名な投資家のジョージ・ソロスという人は哲学者を目指していたそうだから

トレードと哲学は関係がありそうだ!

とはいっても、

ポンド/円(GBPJPY)でハイローオーストラリアをする理由は現実的なものなんだ!

ジョージ・ソロス(Wikipedia)注1



下のチャートを見てくれ。

1時間足だ。

いつもと違って、オシレーターのところには「ATR」というのが表示してある。

「真の値幅」と訳されるが、

高値や安値を計算に入れて効果的に値幅を見るためのものなんだ。

ATRが上に行くときは、その通貨ペアの値動きが大きい時間帯ということなんだ。

※ATRとは(注2



そして、PCのキーボードの「Ctrl」「Y」を同時に押すと、縦の点線が表示される。

これが「0時」のラインだ。

MT5の会社はロシアだから、日本と時差がある。

この0時は、日本では朝6時だ。

この線の前後で、ATRが上がって値動きが大きいことがわかる。

※メタクオーツ社(注3



夜勤が多いTボーンは、朝6時頃というのはサラリーマンの帰宅後くらいになるんだ。

だからちょうど

「仕事が終わったらバイナリーオプションをする」というスケジュールが組みやすいんだな。

値動きが大きい時間は、バイナリーオプションもFXもトレードしやすいぞ。

人気ブロガーが「ポンド/円がやりやすい」と言っていたのも、決めた理由だ。

こんなふうにちゃんと通貨ペアを選べば、

バイナリーオプションは決して運ゲーにはならないんだ。


※為替が動く時間帯いろいろ(注4

※時間帯別変動率(注5



1分足に変えて、トレードしよう。

今は出勤前の16時だ。

欧州時間だからそれなりに動きがある。

オシレーターの上で右クリックして「サブウィンドウを削除」を選べばATRを消せるぞ。

いつものCCIとストキャスティクスを表示した。

どちらも買われすぎから下がってラインを割り込んだな。

「下」だ。

※ストキャスティクス(注6

※CCI(注7



今回も、トレンドに逆らう逆張りでハイローをしてみた。

これは超短期バイナリーに向いている方法だ。

「Turboスプレッド」「3分」だったが、

乱れたにもかかわらず3分後にはなんとか下で正解だったようだ。



ボリンジャーバンドが縮みはじめていたのも良かったみたいだ。

それじゃあ、夜勤にいってくるぜ!

仕事中にスマホでハイローオーストラリアをやるとたいてい負けるぞ!

やめような!

■■■■脚注■■■■

(注1)ジョージ・ソロス(Wikipedia)
(注2)ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)(マネーパートナーズ)
(注3)Meta Trader 5
(注4)為替の動く時間帯はあるの?(楽天証券)
(注5)時間帯別変動率(松井証券)
(注6)ストキャスティクス (Stochastics)(マネーパートナーズ)
(注7)CCI (Commodity Channel Index)商品チャンネル指数(マネーパートナーズ)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

動く理由も動かない理由もわからなくなったポンドだ!

(更新:2018年12月11日) Tボーンです! FXニュースサイトでは、イギリスのEU離脱のニュースばかりが流れている! 11月下旬には、英語側の案をEUが承認したというので話題になっていたのだが、 ポンド/円(GBPJPY)は数日間、動いていない! 2019年3月から正式に離脱の手続きはスタートするはずだが、まだまだ心配だ。

[続きを読む]

 

フィッシングのように待つハイローオーストラリアだ

(更新:2018年12月05日) Tボーンです! イギリスとEUがいよいよ離脱内容を同意したのかと安心していたら、まだまだ二転三転しそうだ! Tボーンは英語もわからないから、もっと違うのかもしれないが、メイ首相は意志がとても強いようだな! 心配になるくらいだが、無事にEU離脱をすすめてほしいものだ! MT5でポンド/円(GBPJPY)の日足を出してみた。

[続きを読む]

 

MT5の新しい武器「板注文画面」は使えるのか?

(更新:2018年11月26日) Tボーンです! このまえ、ポンド/円(GBPJPY)の日足を見て「そろそろ下がるのか??」と考えていた! そのときは決定的なトレンド転換のシグナルはなかった! しかしやっとしっかりと下がってきたな! ハイローオーストラリアにもログインだ! ※トレンド転換(注1) ※ポンドほか市況(注2) 次に1時間足を分析だ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

試験に出る?テクノ・ファンダメンタル分析の例2つ

(更新:2018年12月10日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! NTAAというのは「日本テクニカルアナリスト協会」という意味なのですが、 ここの試験の一番最初に「テクノ・ファンダメンタル分析」について出題されることが多いです! そんなに難しい話ではありません! トレードや相場予想のときに、 テクニカル分析とファンダメンタル分析をバランスよく使いましょうという意味なのです。

[続きを読む]

 

平均足が使える理由!それは数値の計算方法にあり!

(更新:2018年12月06日) こんにちは、ミウラです! 前回、平均足について一通り紹介したのですが、 これまでに使用してきたボリンジャーバンドのシグナルや酒田五法のパターンとはまた異なる分析法ですので、 これらと組み合わせれば予測精度の大幅な向上が期待できます! 前回の説明では少しわかりにくい部分もあったので、ちょっと補足を加えつつ、 より詳しく平均足の特徴と使い方について見ていきたいと思います。

[続きを読む]

 

実際のトレードをみながら覚えたい「ブレイクアウト」トレード

(更新:2018年12月04日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! よくブレイクアウトでトレードするといいますが、 「やってみて失敗したのでもう嫌」だという人も多いのではないでしょうか! 今回は、そんな「ブレイクアウト」手法のハイローオーストラリアでの失敗例と対策です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top