Home » ブログ » ポンドと企業買収、様子が違ってきたぞ?どうトレードしようか

ポンドと企業買収、様子が違ってきたぞ?どうトレードしようか

更新:2018年04月27日

Tボーンです!

先週、武田薬品の買収ではポンドはそんなに動かないと思っていた!

その後また事態が変わり、M&Aの提案額が増えたんだ!

買収の金額だな!

今回は6.5兆円になってしまった…

さすがに一気にポンドに両替されたら怖いな!

最近の推移をMT5で見るぞ!

ハイローオーストラリアにもログインしよう。

※武田薬品、シャイアー買収の記事(注1



最初は「とある欧州の製薬会社」みたいな報道だったな。

今はアイルランドのシャイアーという会社だとわかった。

ポンド/円(GBPJPY)は、日足ではまだ上昇トレンドだ。

1分足も上に向かっている。

しかしボリンジャーバンドの中央ラインよりも下がってしまった。

どうしたらいいんだ。

※ボリンジャーバンドとは(注2



オシレーターで判断できるだろうか。

まずCCIだ。

0.00のラインよりも下だし元気がなさそうだ。

ストキャスティクスは80のラインに近づかず、下に落ちていく。

落ち切ったところで「上」

または下がる勢いが続きそうなら「下」だが……。

悩む。

※CCIとは(注3
※ストキャスティクスとは(注4



ただし平均足の上にも下にも、ヒゲが出ている。

平均足のヒゲは、今後進みそうな方向をあらわすんだ。

だから、これはどちらに動くかわからないということなんだ。


もう少し様子を見よう。

※平均足とは(注5
※平均足とヒゲの関係(注6



ボリンジャーバンドの中央ラインに、下から触れそうになったら「下」を買おうと決めたが、

平均足はまだ上下に伸びていた。

しかしハイローオーストラリアのチャートを見ると、頂上で買うことができたみたいだ。



その後、オシレーターも重要なラインに触れずに下に落ちていった。

一安心だ。

いつものように「GBPJPY」「Turboスプレッド」「3分」にしたぞ!



成功だ。

エントリーの場所も良かった。

これは何度かデモで練習すると上手になるぞ。

ところで武田薬品のことだが、

市場に一気に6.5兆円という大金を投げ込んでくることは普通はない。

それに為替市場に影響を与えない方法を使うことも多いんだ。


少しずつ、相場を荒らさないようにするはずだ。

それでも、一応気を付けておこう。

それじゃあ、ジムに行ってくるぜ!

※買収と為替(注7

■■■■脚注■■■■

(注1)武田、シャイアー買収で大筋合意か ロイター報道(日本経済新聞)
(注2)ボリンジャーバンド(FXブロードネット)
(注3)CCI (Commodity Channel Index)商品チャンネル指数(マネーパートナーズ)
(注4)ストキャスティクス (Stochastics)(マネーパートナーズ)
(注5)平均足(カブドットコム証券)
(注6)平均足(ヒロセ通商)
(注7)草野耕一のあまり法律家的でない法律論(日経ビジネス)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

動く理由も動かない理由もわからなくなったポンドだ!

(更新:2018年12月11日) Tボーンです! FXニュースサイトでは、イギリスのEU離脱のニュースばかりが流れている! 11月下旬には、英語側の案をEUが承認したというので話題になっていたのだが、 ポンド/円(GBPJPY)は数日間、動いていない! 2019年3月から正式に離脱の手続きはスタートするはずだが、まだまだ心配だ。

[続きを読む]

 

フィッシングのように待つハイローオーストラリアだ

(更新:2018年12月05日) Tボーンです! イギリスとEUがいよいよ離脱内容を同意したのかと安心していたら、まだまだ二転三転しそうだ! Tボーンは英語もわからないから、もっと違うのかもしれないが、メイ首相は意志がとても強いようだな! 心配になるくらいだが、無事にEU離脱をすすめてほしいものだ! MT5でポンド/円(GBPJPY)の日足を出してみた。

[続きを読む]

 

MT5の新しい武器「板注文画面」は使えるのか?

(更新:2018年11月26日) Tボーンです! このまえ、ポンド/円(GBPJPY)の日足を見て「そろそろ下がるのか??」と考えていた! そのときは決定的なトレンド転換のシグナルはなかった! しかしやっとしっかりと下がってきたな! ハイローオーストラリアにもログインだ! ※トレンド転換(注1) ※ポンドほか市況(注2) 次に1時間足を分析だ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

試験に出る?テクノ・ファンダメンタル分析の例2つ

(更新:2018年12月10日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! NTAAというのは「日本テクニカルアナリスト協会」という意味なのですが、 ここの試験の一番最初に「テクノ・ファンダメンタル分析」について出題されることが多いです! そんなに難しい話ではありません! トレードや相場予想のときに、 テクニカル分析とファンダメンタル分析をバランスよく使いましょうという意味なのです。

[続きを読む]

 

平均足が使える理由!それは数値の計算方法にあり!

(更新:2018年12月06日) こんにちは、ミウラです! 前回、平均足について一通り紹介したのですが、 これまでに使用してきたボリンジャーバンドのシグナルや酒田五法のパターンとはまた異なる分析法ですので、 これらと組み合わせれば予測精度の大幅な向上が期待できます! 前回の説明では少しわかりにくい部分もあったので、ちょっと補足を加えつつ、 より詳しく平均足の特徴と使い方について見ていきたいと思います。

[続きを読む]

 

実際のトレードをみながら覚えたい「ブレイクアウト」トレード

(更新:2018年12月04日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! よくブレイクアウトでトレードするといいますが、 「やってみて失敗したのでもう嫌」だという人も多いのではないでしょうか! 今回は、そんな「ブレイクアウト」手法のハイローオーストラリアでの失敗例と対策です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top