Home » ブログ » 値動きのなさが味方になってくれるときとは?今日もポンドだぞ!

値動きのなさが味方になってくれるときとは?今日もポンドだぞ!

更新:2018年07月29日

Tボーンです!

暑いから塩分と水分を忘れずに取ろうな!

Tボーンも外で働くことがあるから、ユニクロの下着を着たりして気を付けているぞ!

今日は、MT5でポンド/円(GBPJPY)の日足を見ているんだ!

ハイローオーストラリアにもログインしたぞ!

メイ首相はピンチといわれても、意外と続けているから偉いと思うんだがどうだろう!

日足は下がっているんだが。


※EU離脱ニュース(注1



次に4時間を見ると、地味な下がり方に見える。

最近、トランプ大統領が為替に関係する発言をしたから

ドル/円(USDJPY)がニューヨーク時間に下がったんだ。

ポンド/円もクロス円だから、ドル/円の影響を受けるんだな。

クロス円というのは、〇〇/円となっていて、円との通貨ペアのことだぞ!


※クロス円とは(注2



次は1時間足で、1日のうちチャートはどんな水準にあるか見たいんだ。

PCなら「ctrl」「Y」のキーを同時に押すと、1日の境界を点線で出してくれるぞ。

これは日本では朝6時だから、そこから何があったかだいだい雰囲気が知りたい。

やはり10時というドル/円が動くときに荒れているな。


※マイクロソフト ショートカットキー一覧(注3



朝10時に荒れたあとは、穏やかな動きだ。

この日は、トルコ中銀が政策金利を発表するだけで、昼間は大きな経済指標はない。

1分足でハイローのチャンスを待とう。

ボリンジャーバンドも真横に進んでいて、売られすぎ買われすぎでトレードできそうだ。

だいたい、平均足6本で反転しているようだな。

その真ん中くらいの時間がいいだろうか。


3分の「Turboスプレッド」にしよう。


※トルコ中銀金利(注4



ボリンジャーバンドの上、2σに触って下がり始めたところで、

あまり神経質にならずに「3分」「下」を買った。

このとき、2つのオシレーターもそれぞれ上のラインから下がり始めている。

「売られすぎ買われすぎ」の条件が完全に揃った!

特に変なニュースでもなければ平和に終わりそうだな!


※オシレーターとは(注5



ときどき、上昇しているがさすがに安心して見ているぞ。

テクニカル分析はこういうときに、心を落ち着かせてくれるな!

順調のようだ。


※テクニカル分析とは(注6



3分後、しっかり下がってくれた。

わかりやすく基本的なインディケータの使い方ができて、良いチャンスが巡ってきて良かった!

値動きが少ない昼間もこんな良いことがあるんだな!

それじゃあ、夜勤に行ってくるぜ!

■■■■脚注■■■■

(注1)英国のEU離脱、金融業で1万2000人の雇用喪失も(ロイター)
(注2)クロス円 (クロスえん)(SMBC日興証券)
(注3)キーボード ショートカット キーの一覧(Microsoft)
(注4)トルコ中銀、予想外に金利据え置き(ロイター)
(注5)オシレーター(おしれーたー)(野村證券)
(注6)イチから始めるテクニカル分析!テクニカル基礎講座(SBI証券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

久しぶりにトレンドラインに注目した気がする!

(更新:2019年04月18日) Tボーンです! 日本では4月下旬から10日間も休日が続く! そのとき欧米がドル/円(USDJPY)を暴落させたら大変だとアナリストがよく言っているが、 ハイローオーストラリアではあまり関係ないと思うぞ。

[続きを読む]

 

急に下がったクロス円に驚いたがルールどおりにできた!

(更新:2019年04月10日) Tボーンです! 今朝は夜勤明けに少しハイローオーストラリアをしたくて午前9時過ぎにMT5を開いたんだ! 東京の株式市場が開いてすぐだが、先週の雇用統計はまあまあだったし、 特に目立った動きがないだろうと思っていた! しかしドル/円(USDJPY)が急に下がり始めた・・・。

[続きを読む]

 

素直な下げには素直にLOWを買っておこう!

(更新:2019年04月03日) Tボーンです! 日本では新年号が発表されてわくわくモードだ! マクロ市場では中国の製造業PMIが久しぶりに50以上になった! ドル/円(USDJPY)も上がったな! ※マクロ分析とは(注1) 4月2日は、オーストラリア中銀の政策金利が発表されるんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

ハイローの勝敗に直結!これがRSIダイバージェンスの弱点!

(更新:2019年04月19日) こんにちは、ミウラです! RSIのダイバージェンスをトレンド転換のサインと捉え、だましを見破る、 という方法を以前に紹介しました! ※2. ダイバージェンス(逆行現象)法則 (FXTF)(注1) このやり方、確かにトレンド転換となる確率は高いのですが、気になる弱点があります! 特にハイローオーストラリアでは、この弱点が勝敗を決定的に分ける可能性があります。

[続きを読む]

 

2つのXMファンダメンタルズレポート読み解き方

(更新:2019年04月16日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 海外FXであるXMですが、投資情報を日本語でも発信してくれています! それにしてもファンダメンタルズ情報をトレードに生かすのは大変ですね! 「このニュース絶対買い!」と思ってロングにしたら「織り込み済みですから下がりました」となることもしばしば。

[続きを読む]

 

【ADX総集編】DMIとの関係そしてADXの点

(更新:2019年04月15日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! MT4やMT5を使っていると最初からある「ADX」ですから、 普段はなんの疑問もなく使っていますね! でもADXで検索していると「DMI」という言葉がヒットしてわけがわからなくなります! 今回はこの説明とADXの欠点をまとめます。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top