Home » ブログ » コーヒー片手に優雅に?!ハイローオーストラリア

コーヒー片手に優雅に?!ハイローオーストラリア

更新:2018年10月11日

Tボーンです!

イギリスでは、EUとケンカ別れをするのか、それとも優しく妥協して別れるのか、ということでもめている!

要人発言があるたびに、何日か続けて上がるとか下がるということが続いているようだ!

リズミカルというか、日足で上がっているときは素直に「上」と思っておこう。

※大荒れの英国ブレグジット騒動(注1


そう思っていたら、ここ10日ほど値動きがあまりない。

為替の営業日数は週5日だから、2週間ということだな!

要人発言はあったが、飽きられたのだろうか。

※為替取引可能日カレンダー(注2


こんなときには、強いトレンドを追いかけるよりも、買われすぎたら売るという逆張りが楽そうだ。

しかし1時間足にしてみると、荒れた場面もあったんだな。

殺人通貨といわれるだけあるが、

ハイローオーストラリアなら短時間で決済するからこういうときに運悪く当たらなければ大丈夫だ。


5分足は今、上昇している。

しかしストキャスティクスがググっと急に下がっているな

ボリンジャーバンドの上にあるのに、こんなふうに矛盾しているときは危険だ。

急落もありえる。

※ストキャスティクスとは(注3


1分足ではボリンジャーバンドで見ても下降トレンドになっている。

チャンスを待っているうちに上昇したが、いっこうにストキャスティクスも下がる気配を見せない。

※ボリンジャーバンドとは(注4


とうとう、ボリンジャーバンドの上まで行ってしまったが、

オシレータがふたつともちゃんと下がっていかなかった。

1分足を見はじめてから、平均足が12本くらい並んだが、ぜんぶ陽線だ。

そのあとやっとオシレータも平均足も下がりはじめたが、待っている間に寝てしまいそうだったぞ!


地味に長い時間(といっても12分だが)上がってきたので、

ポンポンと勢いよく下がるだろうと、2回「下」を買って成功した。

「Turbo」の「1分」だ。

実はその前に失敗しているが、絵では隠れてしまっている。

それじゃあ、眠気をさますためにコーヒーを飲むぜ!

■■■■脚注■■■■

(注1)英国のブレグジット騒動、大荒れの終幕に突入(ロイター)
(注2)外国為替の取引可能日カレンダー(楽天証券)
(注3)ストキャスティックス(FXブロードネット)
(注4)ボリンジャーバンド(FXブロードネット)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

流動性があってもテーマがないと動かないこともあるんだ

(更新:2019年05月22日) Tボーンです! ドル/円(USDJPY)が上がった! 中国と米国は相変わらず話がまとまらないが、今日はドル/円は上昇しているんだ! ハイローオーストラリアでは、こっちも上がっているオーストラリアドル/円(AUDJPY)をしようと思ったら、 昼頃にはもう動かなくなってしまった。

[続きを読む]

 

終わっていないが、GW最後の月曜日は荒れるのか

(更新:2019年05月09日) Tボーンです! 元号が変わった今年のゴールデンウィークは長かった! 5月6日月曜日も休みなんだ! 為替は欧米では取引されているから、ハイローオーストラリアもできたんだが、 月曜朝には、ドル/円(USDJPY)などのクロス円が急落した。

[続きを読む]

 

ボラティリティが低下しているから連休は気を付けような!

(更新:2019年04月24日) Tボーンです! 歴史上ないような大型連休を前にドル/円(USDJPY)がぜんぜん動かない! MT5で日足を見るとびっくりするくらい横ばいだ! 週の変動率が4%もないそうだ... ボラティリティがないとFXもしにくい。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

徹底的にトレンドに寄り添えばどうなるか?検証結果は思わぬことに・・・

(更新:2019年05月24日) こんにちは、ミウラです! 前回のラストで、1時間足のトレンドが示す方向のみにエントリーを絞ったほうがいい結果が出るのでは? と書きました! これまでも1時間足など、より長いスパンの時間足の方向性は意識すべきと書いてきましたが、 徹底的にトレンドに合わせた場合、どのような結果が出るかは検討してきませんでした。

[続きを読む]

 

現役証券マンから聞いた【日本人を狙うテクニカル分析のトラップ2種】

(更新:2019年05月22日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! XM口座は世界中の人が持っていて、FXならではのグローバル感がありますね! それはいいのですが、テクニカル分析が得意な日本人を狙ってくるのも世界中のトレーダーやヘッジファンドです! 今回は狙われがちなフォーメーション分析のトラップを含め2種類ご紹介します。

[続きを読む]

 

ビットコインとゴールドのハイローオーストラリアでのコツ

(更新:2019年05月21日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! リスク回避のために買われるはずのゴールドの役割を、 ビットコインが奪ったのかもしれないといわれています! 今回はこの2つのトレードを取り上げます! 日本がせっかく新元号になったのに、日経225が冴えません! 米中貿易摩擦のひとことで説明できるのかどうか、わからないのが本音です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top