Home » ブログ » 暴落があってもハイローオーストラリアは淡々とトレードだ!

暴落があってもハイローオーストラリアは淡々とトレードだ!

更新:2018年11月09日

Tボーンです!

年末にどんどん近づいているが、ポンド/円(GBPJPY)は動きが鈍ってしまったな!

日足を見ると上がったぶんだけ下がり、

今は過去にもみ合ったあたりで止まっているように見える!

最近はイタリアの経済悪化で、ユーロが下がってポンドも影響を受けているのかもしれないな。

※イタリアの動揺(日本経済新聞)(注1

1時間足も見ると、今日はごくふつうの平日だ。

前の日の夜に大きく上下していたようだが、今朝は動きがない。

経済指標などのイベント狙いよりも、テクニカル分析でトレードすることにしよう。

そういえば、10月下旬は日本の株式も米国の株式も激落ちした。

日経平均は、午前に上がっていても午後には下がるなど、反対になることも多い。

ちょっと気になるからちらっと見てみたが、ガタガタして予想しにくいな。

今日はやめることにする。

※日経平均とは(注2

次はポンド/円の1分足だ。

見慣れていないので、ローソク足から平均足に戻してみた。

1時間くらい真横に進んでいるな。

オシレータ中心にチェックしよう。

まず、平均足の陰線がこの1時間のレンジの下に触っては上がっていた

しかし、それがレンジの下に行かなくなっていたな。

黄色い〇を見てくれ。

そしてとうとう、ボリンジャーバンドの中心に触っただけで上昇してしまった。

下のストキャスティクスを見ると、ダイバージェンスとはいわないのだがやはり上に向かっている。

※平均足とは(注3

そして、レンジの上のラインには、2回ほど触って下がっている。

143.50円のところだ。

この最新の位置から、上がっていくのかそれともまた落ちるのかが知りたいよな。

さっきの平均足とストキャスティクスの動きから「ラインの上にいく可能性が高い」と決めて、

「Turbo」「上」「1分」を買った

※レンジとは(注4
※ストキャスティクスとは(注5

1分後、しっかり上がってくれた。

これだけ上昇すると今までレジスタンスだと思っていた143.50円は、サポートになるかもしれないな。

次もトレードしたいときはそこに気を付ければいいぞ!

■■■■脚注■■■■

(注1)イタリア、金融市場の動揺収まらず、予算案巡りEUと衝突必至(日本経済新聞)
(注2)日経平均株価 (にっけいへいきんかぶか)(大和証券)
(注3)平均足(カブドットコム証券)
(注4)レンジ相場 (れんじそうば)(大和証券)
(注5)ストキャスティックス(すときゃすてぃっくす) (大和証券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

動く理由も動かない理由もわからなくなったポンドだ!

(更新:2018年12月11日) Tボーンです! FXニュースサイトでは、イギリスのEU離脱のニュースばかりが流れている! 11月下旬には、英語側の案をEUが承認したというので話題になっていたのだが、 ポンド/円(GBPJPY)は数日間、動いていない! 2019年3月から正式に離脱の手続きはスタートするはずだが、まだまだ心配だ。

[続きを読む]

 

フィッシングのように待つハイローオーストラリアだ

(更新:2018年12月05日) Tボーンです! イギリスとEUがいよいよ離脱内容を同意したのかと安心していたら、まだまだ二転三転しそうだ! Tボーンは英語もわからないから、もっと違うのかもしれないが、メイ首相は意志がとても強いようだな! 心配になるくらいだが、無事にEU離脱をすすめてほしいものだ! MT5でポンド/円(GBPJPY)の日足を出してみた。

[続きを読む]

 

MT5の新しい武器「板注文画面」は使えるのか?

(更新:2018年11月26日) Tボーンです! このまえ、ポンド/円(GBPJPY)の日足を見て「そろそろ下がるのか??」と考えていた! そのときは決定的なトレンド転換のシグナルはなかった! しかしやっとしっかりと下がってきたな! ハイローオーストラリアにもログインだ! ※トレンド転換(注1) ※ポンドほか市況(注2) 次に1時間足を分析だ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

試験に出る?テクノ・ファンダメンタル分析の例2つ

(更新:2018年12月10日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! NTAAというのは「日本テクニカルアナリスト協会」という意味なのですが、 ここの試験の一番最初に「テクノ・ファンダメンタル分析」について出題されることが多いです! そんなに難しい話ではありません! トレードや相場予想のときに、 テクニカル分析とファンダメンタル分析をバランスよく使いましょうという意味なのです。

[続きを読む]

 

平均足が使える理由!それは数値の計算方法にあり!

(更新:2018年12月06日) こんにちは、ミウラです! 前回、平均足について一通り紹介したのですが、 これまでに使用してきたボリンジャーバンドのシグナルや酒田五法のパターンとはまた異なる分析法ですので、 これらと組み合わせれば予測精度の大幅な向上が期待できます! 前回の説明では少しわかりにくい部分もあったので、ちょっと補足を加えつつ、 より詳しく平均足の特徴と使い方について見ていきたいと思います。

[続きを読む]

 

実際のトレードをみながら覚えたい「ブレイクアウト」トレード

(更新:2018年12月04日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! よくブレイクアウトでトレードするといいますが、 「やってみて失敗したのでもう嫌」だという人も多いのではないでしょうか! 今回は、そんな「ブレイクアウト」手法のハイローオーストラリアでの失敗例と対策です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top