Home » ブログ » ポンドは短時間ならテクニカル分析しやすい通貨だな!

ポンドは短時間ならテクニカル分析しやすい通貨だな!

更新:2019年03月01日

Tボーンです!

ポンドは、FXのスイングトレードの人はあまりやらないそうだ!

そういえば「前日に利益が出て安心してそのままにして、朝起きたら口座がゼロになっていた」という話も聞く!

しかし、ハイローオーストラリアなら数分でトレードは終わるからそういうことにあまり引っかからないな

MT4で日足を見よう。

ポンド/円(GBPJPY)だ。

※スイングトレードとは (注1

日足はずっと下がっていた

EU離脱は、まとまるどころか次々と新案が出て混乱するばかりだ。

メイ首相は健康状態も心配だな!

だが何日か経つと、少しの要人発言では下がらなくなったんだ。

市場のポジションが売りに偏りすぎていたんだろうな!

ストキャスティクスもダイバージェンスが出来ているから中期では上かもしれない

※ダイバージェンスとは (注2

1時間足を見ると、週末に一度下がってからまたもとに戻っている。

にもかかわらず、今日は止まって過去のレンジの上の価格をキープしているんだ。

円が弱くなっているのもあって、上昇ぎみだ。

しかし、1分足の縮小を見ると、6時間くらい前に作られたレジスタンスをうわ抜けることができていない。

2回レジスタンスラインに触って下がっているから、次は3回目だ。

3回目は下がる確率が減るんだよな。

※レジスタンスについて (注3

レジスタンスラインに触って落ちてもハイローオーストラリアでは30秒のほうがいいかもしれない

上の勢いが鈍ったらすぐに「Low」を買うことにしよう

142.787円のレジスタンスラインに触っては少し下がっていたが、次第に強くなっていく。

3回ほど「Low」を買ったが、最後に失敗をして購入金額を増やしてしまった。

そしてそのときに限って負けて、口座資金が減った。

その後、ポンド/円の価格はレジスタンスラインの上になってしまったので「High」を何度か買い、資金をもとに戻した

失敗する日はトレードを続けてもいいことがないから、ここでやめて気分転換でもするぞ!

※こころの会計 (注4

■■■■脚注■■■■

(注1)スイングトレード(すいんぐとれーど)(野村證券)
(注2)ダイバージェンス(フィリップ証券)
(注3)レジスタンスレベルの定義(IG)
(注4)メンタルアカウンティング(めんたるあかうんてぃんぐ)(野村證券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

流動性があってもテーマがないと動かないこともあるんだ

(更新:2019年05月22日) Tボーンです! ドル/円(USDJPY)が上がった! 中国と米国は相変わらず話がまとまらないが、今日はドル/円は上昇しているんだ! ハイローオーストラリアでは、こっちも上がっているオーストラリアドル/円(AUDJPY)をしようと思ったら、 昼頃にはもう動かなくなってしまった。

[続きを読む]

 

終わっていないが、GW最後の月曜日は荒れるのか

(更新:2019年05月09日) Tボーンです! 元号が変わった今年のゴールデンウィークは長かった! 5月6日月曜日も休みなんだ! 為替は欧米では取引されているから、ハイローオーストラリアもできたんだが、 月曜朝には、ドル/円(USDJPY)などのクロス円が急落した。

[続きを読む]

 

ボラティリティが低下しているから連休は気を付けような!

(更新:2019年04月24日) Tボーンです! 歴史上ないような大型連休を前にドル/円(USDJPY)がぜんぜん動かない! MT5で日足を見るとびっくりするくらい横ばいだ! 週の変動率が4%もないそうだ... ボラティリティがないとFXもしにくい。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

徹底的にトレンドに寄り添えばどうなるか?検証結果は思わぬことに・・・

(更新:2019年05月24日) こんにちは、ミウラです! 前回のラストで、1時間足のトレンドが示す方向のみにエントリーを絞ったほうがいい結果が出るのでは? と書きました! これまでも1時間足など、より長いスパンの時間足の方向性は意識すべきと書いてきましたが、 徹底的にトレンドに合わせた場合、どのような結果が出るかは検討してきませんでした。

[続きを読む]

 

現役証券マンから聞いた【日本人を狙うテクニカル分析のトラップ2種】

(更新:2019年05月22日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! XM口座は世界中の人が持っていて、FXならではのグローバル感がありますね! それはいいのですが、テクニカル分析が得意な日本人を狙ってくるのも世界中のトレーダーやヘッジファンドです! 今回は狙われがちなフォーメーション分析のトラップを含め2種類ご紹介します。

[続きを読む]

 

ビットコインとゴールドのハイローオーストラリアでのコツ

(更新:2019年05月21日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! リスク回避のために買われるはずのゴールドの役割を、 ビットコインが奪ったのかもしれないといわれています! 今回はこの2つのトレードを取り上げます! 日本がせっかく新元号になったのに、日経225が冴えません! 米中貿易摩擦のひとことで説明できるのかどうか、わからないのが本音です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top