Home » ブログ » ポンドは短時間ならテクニカル分析しやすい通貨だな!

ポンドは短時間ならテクニカル分析しやすい通貨だな!

更新:2019年03月01日

Tボーンです!

ポンドは、FXのスイングトレードの人はあまりやらないそうだ!

そういえば「前日に利益が出て安心してそのままにして、朝起きたら口座がゼロになっていた」という話も聞く!

しかし、ハイローオーストラリアなら数分でトレードは終わるからそういうことにあまり引っかからないな

MT4で日足を見よう。

ポンド/円(GBPJPY)だ。

※スイングトレードとは (注1

日足はずっと下がっていた

EU離脱は、まとまるどころか次々と新案が出て混乱するばかりだ。

メイ首相は健康状態も心配だな!

だが何日か経つと、少しの要人発言では下がらなくなったんだ。

市場のポジションが売りに偏りすぎていたんだろうな!

ストキャスティクスもダイバージェンスが出来ているから中期では上かもしれない

※ダイバージェンスとは (注2

1時間足を見ると、週末に一度下がってからまたもとに戻っている。

にもかかわらず、今日は止まって過去のレンジの上の価格をキープしているんだ。

円が弱くなっているのもあって、上昇ぎみだ。

しかし、1分足の縮小を見ると、6時間くらい前に作られたレジスタンスをうわ抜けることができていない。

2回レジスタンスラインに触って下がっているから、次は3回目だ。

3回目は下がる確率が減るんだよな。

※レジスタンスについて (注3

レジスタンスラインに触って落ちてもハイローオーストラリアでは30秒のほうがいいかもしれない

上の勢いが鈍ったらすぐに「Low」を買うことにしよう

142.787円のレジスタンスラインに触っては少し下がっていたが、次第に強くなっていく。

3回ほど「Low」を買ったが、最後に失敗をして購入金額を増やしてしまった。

そしてそのときに限って負けて、口座資金が減った。

その後、ポンド/円の価格はレジスタンスラインの上になってしまったので「High」を何度か買い、資金をもとに戻した

失敗する日はトレードを続けてもいいことがないから、ここでやめて気分転換でもするぞ!

※こころの会計 (注4

■■■■脚注■■■■

(注1)スイングトレード(すいんぐとれーど)(野村證券)
(注2)ダイバージェンス(フィリップ証券)
(注3)レジスタンスレベルの定義(IG)
(注4)メンタルアカウンティング(めんたるあかうんてぃんぐ)(野村證券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

ハイローオーストラリアでグランビルの法則を使おうとしたが?

(更新:2019年03月22日) イギリスのEU離脱は、決まってから何年も経つうちに、 人間関係も絡んで予定が大幅に遅れそうになってきた! 何度かの議決を繰り返してもまとまらない... ポンド/円(GBPJPY)とポンド/ドル(GBPUSD)は荒くなってはいても、方向は定まっていないな! MT5でポンド/ドルの日足を見ると英議会の前後の動きもまちまちだ。

[続きを読む]

 

教科書どおりにはいかないトライアングル!でも勝利だ

(更新:2019年03月16日) Tボーンです! 2019年の3月29日がイギリスのEU離脱の日のはずだ! それなのにまだなにも決まっていない... そしてポンドは荒れ放題だ... ポンド/ドル(GBPUSD)ならイギリスポンドをドルに換算した値のはずだよな! でもこんなに上下していたら銀行も大変そうだ。

[続きを読む]

 

直近の高値と直近の安値を生かして連続取引した!

(更新:2019年03月14日) Tボーンです!今日はなんだか早く目覚めてしまった! イギリスの政情はあいかわらずだが、ポンド/円(GBPJPY)は東京時間は荒れないからと、 朝から何度かハイローオーストラリアをしていたぞ! おおざっぱな流れが見たくて、5分足にしてみた! 直近に高くなってすぐに下がった価格があるな。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

ADXは簡単すぎてややこしい?いえ簡単です!

(更新:2019年03月18日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアのトレーダーでADXを使っている人もいますね! これはMT4やMT5のチャートの下に表示されるオシレーターのひとつです! 3本もラインが重なっていて、一見複雑そうですが意味はシンプルで見かたも簡単です。

[続きを読む]

 

スマートに連勝!そして勝ち逃げ!これができるのがRSI!

(更新:2019年03月15日) こんにちは、ミウラです! MACDよりさらに反応が早いRSIを導入してみましたが、 敏感なインジケータだけに極端な動きをすることがあります! このように70ラインを超えて、100に張り付くような動きですね! RSIは70を超えたところで、買われすぎと判断して売る、というインジケータです。

[続きを読む]

 

トレーダーの4つの段階

(更新:2019年03月14日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 新たにハイローオーストラリアに挑戦することになり、 テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を勉強している方も多いと思います! 多くの書物、そしてトレーダーのツイッターやブログを調べると 初心者から上級者になるまでには、だいたい4つの段階があるといえます。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top