Home » 攻略法 » 一目均衡表とアリゲーターの意外な発見

一目均衡表とアリゲーターの意外な発見

更新:2020年03月16日

おはぎゃあございます、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

(NYダウ暴落の日に書いていますw)

前回アリゲーターを使うときに一目均衡表の「雲」と同じような感覚でいいですよとお話しました!

今回はその具体的な解説です!

ハイローオーストラリアで意外な発見もあったのでぜひ最後まで読んでくださいね。

目次

〇 アリゲーターと一目均衡表の雲の共通点とは


アリゲーターは3本の移動平均線のセットですが、独特のパラメータ設定がしてあります。

最新のローソク足よりも右側にずれています

ずらす位置はフィボナッチ数で、「3」「5」「8」(ローソク足の本数)になっています

一目均衡表の雲(抵抗帯)は先行スパン1と先行スパン2という2本の線からできています。

この2本の線の間の空間に色をつけると雲のように見えるので、愛称で「雲」と呼ばれます。

雲が右側にずれる位置は26(ローソク足の本数)です。

というわけで共通点は「右にずれていること」ですね。

※参考記事:「一目均衡表のパーツを消す」 (注1

〇 同じように使うとはどういうことか


どちらもトレンド系といって、上昇トレンドか下降トレンドかを知るタイプです。

同じように使えるのは、トレンドを判断したいときです。

・一目均衡表の雲の下にローソク足があれば下降トレンド
・アリゲーター3本ぜんぶの下にローソク足があれば下降トレンド


このように判断します。

上の図の四角の中が下降トレンドです。

上昇トレンドは反対になります。

そして重要なのがこれで、上の図の〇のなかです。

・線が作る空間の中にローソク足が入ってしまったらハイロートレードには不利

明確な上抜けなどがなく、

雲の中やアリゲーターの3本が作る空間(線が作る空間)に入ってしまったら

頼れる形にならずハイローしにくくなります。

〇 アリゲーターと雲の違う点


この2つの違いはたくさんあります。

実は「同じようだ」と書いたのは、初心者の方にもわかりやすくと考えたからでした。

それでは違いの例をあげましょう。

・トレンドの判断は雲のほうが遅くなる
(一目均衡表のパーツすべてを使えば速くなります)

・ハイローオーストラリアのHighLowまでの短期取引では、雲だけだとタイミングがつかめない

・アリゲーターは現在のローソク足に近すぎるので未来の値動きが想像しにくい

〇 ハイロートレードに使えるのはどっち?


今回は、一目均衡表すべてを表示せずに雲だけなので比べるのはかわいそうですが、

雲だけだと長期の分析しかできないのでアリゲーターのほうが使いやすいです。

15分のHighLowをアリゲーターでトレードしてみましょう。

トレードの3つのテクニックは過去記事でチェックしてくださいね。

※参考記事「アリゲーターのハイロートレード」 (注2

〇 トレード例


今回は、アリゲーターで見て上昇になったところで押し目買いのようにHIGHを買います

・チャートは5分足
・USDJPY
・HighLow15分(スプレッドなし)
・残り時間3分くらいのところで買いました


買う前のローソク足が長い下ヒゲを作ったのも背中を押してくれました。

〇 まとめと意外な発見!


結果は勝ちです。

ところで図の(1)のローソク足ですが、すごく長い上ヒゲですね。

これは雲が抵抗になったため、上昇しきれなかったのです。

そこから3本くらい前はアリゲーターの空間を突き破って上昇が続くのかと思ったのに、です。

そこで、ひょっとしたらアリゲーターと雲を組み合わせて

負けそうなトレードを回避できるかもしれないと発見しました。

また次回にでも検証してみましょう。

お楽しみに。

※一目均衡表とは (注3
※アリゲーターとは (注4

■■■■脚注■■■■

(注1)MT4とMT5で「一目均衡表」の雲を消してハイローしてみよう!
(注2)アリゲーターのハイロートレード3パターン
(注3)一目均衡表(いちもくきんこうひょう)(野村證券)
(注4)ウィリアムズアリゲーター指標 (Williams Alligator)(SAXO BANK)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

アリゲーターの作者ビル・ウィリアムズ特集【ビル・ウィリアムズとは】

(更新:2020年03月26日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! このところアリゲーターというインディケータのお話をしています! これを作ったビル・ウィリアムズについて今回は特集します。

[続きを読む]

 

ドル/円の大きな上昇説とその結果

(更新:2020年03月25日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 自分の母国である日本が世界中で嫌われるなんていやですね! 2019年に発見されたと思われる新型肺炎の感染拡大はすでに世界中に広がっています! 2020年2月、ドル/円(USDJPY)が急上昇しました! 上がったら売るという逆張り派が損失を次々と出したのが2月19日の上昇でした。

[続きを読む]

 

判断ミス防止で勝率アップ!動かないエンベロープとは?

(更新:2020年03月25日) こんにちは、ミウラです! エンベロープをサポートやレジスタンスに見立ててトレードする時、 やりにくさを感じるのが、レートの上下に応じてエンベロープも動いてしまうことです! エンベロープに到達しそうで到達しない! 到達しなかったのにレートの変化でエンベロープが動き、 最終的にはヒゲにタッチした形になっている! こんな経験は日常茶飯事です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

友達がハイローオーストラリアをはじめたぞ

(更新:2020年03月19日) Tボーンです! 最近ギャンという人のマイナースイング・チャートを知ったが、 これはMT4とMT5のインディケータを作った人もいるんだな! 自分で引くのは大変だから、こういうのがあるといいよな。

[続きを読む]

 

マイナースイング・チャートってなんだろう

(更新:2020年03月03日) Tボーンです! 新型肺炎にわが社も対策をしていて出張が延期になったんだ! だからゆっくり本を読んでいる! 昔のアメリカ人でW.D.ギャンという人がすごいというので古本を買ったんだ。

[続きを読む]

 

6分HighLowもできるハイローオーストラリア

(更新:2020年02月18日) Tボーンです! ポンドは上昇しそうだったのになんだかおかしな具合になってきた! ポンド/円(GBPJPY)月足をMT5で出している! 長い間の下降トレンドのレジスタンスラインからちょっと頭を出したよな。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top