Menu
Home » 攻略法 » トレーディングビューの【新】ローソク足パターン一覧、3つのコマ(これだけ日本語w)

トレーディングビューの【新】ローソク足パターン一覧、3つのコマ(これだけ日本語w)

更新:2020年09月24日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

トレーディングビューの新しいローソク足インディケータが、

英語で書いてあるのでわかりにくいと思ってこのシリーズを書きました!

最終回は、なぜか日本語で名前が出ているコマ足を解説します。

シグナルがでるときは英語で出るので、やっぱり日本語と英語と対応させて一覧にしますね。

()内がトレーディングビューで出たときの名前です

目次

〇 ローソク足パターン【コマ足】


今回は3つともコマです。

コマとは、実体が小さくてヒゲが長く、独楽のようにみえるローソク足です。

が、トレーディングビューで日本語でコマ足と表示されるものは、

同時線のヒゲがちょっと長めのもののようです。

コマ足 (Doji) = 上ヒゲと下ヒゲが比較的短い同時線

同時線というのは、始値と終値が同じなのでローソク足の実体が線になってしまうものです。

宵、明けの明星や捨て子と違い、天井や底でなくてもトレーディングビューでサインが出ます。

市場参加者の迷いをあらわしますので、次に上とか下とかは決まりません。

そのかわり迷った後の動きが大きくなりやすいので、ハイローオーストラリアでの準備ができます。

心理的節目や水平ラインといっしょに使うといいですよ

※心理的節目 (注1

〇 ローソク足パターン【陰のコマ】


陰線でできたコマ

ヒゲが実体よりも長いほうがシグナルとして強いです。

陰のコマ (Spinning Top Black) = 陰線のコマ

小陰線、極線ともいいます。

ヒゲが出来ているのは、市場参加者がどうしていいかわかってない状態です。

そして結局終値が安くなるのでちょっと弱気。

トレンドの途中で出たら、警戒しましょうとしかいえません( ノД`)シクシク…

上昇トレンドの途中なら反落に気を付けるといいです

〇  ローソク足パターン【陽のコマ】


陽線でできたコマ

こちらもヒゲは長めが良いです。

陽のコマ (Spinning Top White) = 陽線のコマ

小陽線、極線ともいいます。

長めのヒゲですが、ちょっと強めというだけでこちらも次に上がるか下がるかは確定しません。

逆のトレンドで出ると反転の確率は高まるのですが。

〇  コマと同時線を読むポイントは市場心理


こういう形のローソク足はよく迷いと書いてあると思います。

わかりにくいですが、ローソク足の1本分の時間に注目するとわかってきます

株式の日足を例にするといいかもしれません。

(1)朝、株式市場が開くと始値が描かれる。
(2)市場が開いている間に良いニュース悪いニュースが交錯し売買が荒れて、上と下にヒゲが作られる
(3)市場が終わると、さっきまで慌てて売買していた人たちが手仕舞いする→結局始値と終値が変わらない

必ずというのでもないですが、こう考えるとコマができるイメージが掴みやすいと思います。

為替市場は24時間続いていますが、

ローソク足の設定で終値としてニューヨーク時間の終わる時間になっていることが多いです。

なので上の株式のストーリーと同じようなことは起こるわけです。

〇  ハイローオーストラリアでおすすめはこの3種


ここまでトレーディングビューの新しいローソク足の解説でした。

最後にハイローオーストラリアでのおすすめです。

ほかのローソク足が好きな方も、独自の使い方をどんどん見つけてくださいね。

・捨て子2種(abandoned babyのふたつ)
天井、底値圏で綺麗に離れて出るとさすがに反転することが多いです。

・上ヒゲ下ヒゲ(long lower shadowのふたつ)
タクリ線や首吊り線もなのですが、ヒゲは長いと反転するパワーが強いのがよくわかります。

・丸坊主2種(marubozu white -bullish、marubozu black -bearish)
強い実体はそれだけで相場の強さを教えてくれます。
次のローソク足を慎重に見ながら丸坊主と同じ方向を狙えます。


ローソク足一個だけでなく、

必ずそれまでの動きや全体像をみてからハイローオーストラリアしてくださいね

ありがとうございました。

※この特集はAから順にやっています。
「トレーディングビューの【新】ローソク足パターン日本語一覧 A,D,E」
「トレーディングビューの【新】ローソク足パターン日本語と使い方 G,H」
「トレーディングビューの【新】ローソク足パターン日本語一覧 I,K,L」

※参考文献 NTAA認定テクニカルアナリスト試験用テキストほか

■■■■脚注■■■■

(注1)心理的節目(しんりてきふしめ)(野村證券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

わかったつもり?ボラティリティを考えるならこれだけでいい

(更新:2020年10月19日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 以前、わかりにくい投資用語を取り上げたことがあります! 今回はわかったつもりだけかもしれない「ボラティリティ」について、 見ることのできるインディケータと、ハイローオーストラリアでの使い方です! チャネル系、オシレータ系と分けておきますね。

[続きを読む]

 

急落・急上昇はビッグチャンス!超短期トレードでバイナリーの醍醐味を味わう!

(更新:2020年10月16日) こんにちは、ミウラです! これまでに紹介したフィボナッチ・ファンを使ったトレード以外にも、 さらに短いスパンで勝負する超短期トレードというものが存在します! 精度に少し難があること! そして、トレードの回転が早いので、すばやい状況判断が求められることなどから、 難度は高めです。

[続きを読む]

 

名目金利と実質金利はXMトレードに関係ある?

(更新:2020年10月15日) こんにちは! いろんな過去を持つファイナンシャルプランナーで海外FX大好きトレーダーのchieです(笑) XM(XMTrading)トレーダーの皆さんは頭が良くてファンダメンタルズもよく知っているんですよね! でもコロナ禍で新人XMトレーダーさんが増えたのと、 米国のパウエルさんの政策で注目されたので名目金利と実質金利のお話をします。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

フィンセン文書がすっとんだ週末だが為替は平常運転だったな

(更新:2020年10月13日) 初心者の味方Tボーンです! 今、懐かしい平均足を使っているんだ! Tボーンのハイローオーストラリアは、 【トレンドをみてから水平ラインでトレードする】 という基本しかやっていないから、インディケータを変えても使い方は簡単だ。

[続きを読む]

 

ひさしぶりに使った平均足は楽しかった!

(更新:2020年09月29日) 初心者の味方Tボーンです! Tボーンがハイローオーストラリアをはじめたころ、 平均足というインディケータを使っていたんだ! ローソク足でトレードがうまくいかないと悩んでいるなら一度使ってみよう。

[続きを読む]

 

自信がなくてもこの順序でハイローオーストラリアしてみてくれ

(更新:2020年09月11日) 初心者の味方Tボーンです! 今日はTボーンのいつものトレードの流れを書くぞ! Tボーンは友達の中でも勝負事が下手なほうだし反射神経もないんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top