Home » ブログ » ブレイクアウトはワンテンポ待ってからハイロー!

ブレイクアウトはワンテンポ待ってからハイロー!

更新:2019年03月08日

Tボーンです!

いつもポンドをトレードするが、ユーロも見てるんだ!

ポンドとユーロといえば、最近のテーマは「合意なき離脱」だが、とうとうその日時を遅らせるという話が出てきた!

実は「充分に情報を与えないまま国民投票をしたのがいけなかったのではないか?」という意見にTボーンも賛成なんだ。

MT5で日足を見るとユーロ/ドル(EURUSD)はレンジ相場だ

※合意なき離脱とは (注1

長期の様子を見たら、次は1分足にしよう。

ハイローオーストラリアにもログインだ。

今日もローソク足を使ってみる

日足でも2本の移動平均線がくっついて真横に進んでいた。

これは全然上下に動いていないということだ。

そして、1分足も動きがない

※ローソク足とは (注2

平日の昼間は、欧州通貨はそんなに動かないのは当たり前だ。

夜に、ECBやユーロ関係者の発言があるから今日は特に静まり返っているんだな。

東京時間だから、ユーロ/円(EURJPY)ならよさそうだ

トレード対象を変更しよう!

※ECBとは (注3

残念だがTurboスプレッドではユーロ/円ができないんだ

Turboに変更してしっかりと分析、トレードすることにしよう。

Turboではふだんよりも勝率を上げることが必要なんだ。

ペイアウト率が1.90倍だからだ。

1分足を長期で見たいので、縮小してみた。

過去の安値にもラインを引いたが、ハイローのタイミングらしいものがみつからない。

放っておいたら、すでに午後3時だ。

そろそろ欧州の相場も動き出すころだぞ!

オシレーターのCHOもラインより上、ローソク足も移動平均線より上、だから上目線でいくぞ!

この陰線が弱ければ「High」を買おう

※ペイアウト、ペイアウト額 (注4

勝ったな!

ついでに行きすぎのところで逆ばりもしたぞ。

ところで、移動平均線の下から、上に抜けていくのを「ブレイクアウト」っていうよな!

でもそのまま素直に上がり続けることは珍しいんだ。

一度、調整の下げがあってからまた上がることが多いから、

ブレイクアウトはワンテンポ待ってからハイローしたほうがいいんだぞ

それじゃあ、夜勤に行ってくるぜ!

■■■■脚注■■■■

(注1)イギリスの「合意なき離脱」で何が起きるか(東洋経済新報社)
(注2)ローソク足(ろーそくあし)(野村證券)
(注3)ECB(いーしーびー)(野村證券)
(注4)ペイアウト額(日本証券業協会)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

ハイローオーストラリアの休み明けは臨機応変に

(更新:2020年01月10日) Tボーンです! ハイローオーストラリアもほかの海外業者と同じようにクリスマスには休みだった! Tボーンは毎年ハイローオーストラリアをやっているが、忘れていた... つい12月24日にログインしようとしたら動いていなかった。

[続きを読む]

 

ふただび一瞬の主人公に戻ったポンド、選挙の結果は

(更新:2019年12月19日) 2019年12月12日、イギリスでは総選挙が行われたぞ! Tボーンも気になっていた! 首相のボリス氏は保守党で、これが与党なんだ! 政権を握っているということだが、 ここが勝てばいちおうスムーズにEU離脱が進むだろうというので為替市場も注目していた。

[続きを読む]

 

常に主人公の通貨は変わるんだな

(更新:2019年12月09日) 首相がボリス・ジョンソン氏に変わったときからポンドがよく動いていた! ハイローオーストラリアもやりやすいなと思っていたんだ! 東京時間にも英国の通貨であるポンドが動くなんて楽だからな! しかし今はポンド/ドル(GBPUSD)も横ばいに変わり、 まるで主人公の座から引きずり降ろされたようだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

【例文あり】検索してもみつからないトレード用語2つ

(更新:2020年01月20日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアやFXの知識を得たいとき、よくわからない用語が出てきます! ふつうなら証券会社などの用語集を検索すれば正しい意味がわかるのですが、 どこにも出ていない言葉もあります! 今回はそんな言葉のうち「ちゃぶつく」「目線」の意味と例文をご紹介します。

[続きを読む]

 

なぜダマシが発生するのか?そのヒントはセリング・クライマックス?

(更新:2020年01月15日) こんにちは、ミウラです! ミウラが紹介するバイナリーの手法は、 一般的なエントリーのサインとは逆方向に入る、というものが多いです! 前回のダマシに関するお話は、その最たるものでした! どうして一般的な方向とは逆にエントリーするのか!? 今回はその理由についてお話していきたいと思います。

[続きを読む]

 

ボリンジャーバンドとトレンドラインでみるエキゾチック通貨の1年

(更新:2020年01月08日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアではできないものもありますが、 たまにはエキゾチック通貨をチェックしてみましょう! せっかくこれまでテクニカルの基礎をお話してきたので、復習にもなると思います! 12月26日までのチャートになってしまいますがトレードのヒントになるかもしれませんよ。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top