Home » ブログ » ブレイクアウトはワンテンポ待ってからハイロー!

ブレイクアウトはワンテンポ待ってからハイロー!

更新:2019年03月08日

Tボーンです!

いつもポンドをトレードするが、ユーロも見てるんだ!

ポンドとユーロといえば、最近のテーマは「合意なき離脱」だが、とうとうその日時を遅らせるという話が出てきた!

実は「充分に情報を与えないまま国民投票をしたのがいけなかったのではないか?」という意見にTボーンも賛成なんだ。

MT5で日足を見るとユーロ/ドル(EURUSD)はレンジ相場だ

※合意なき離脱とは (注1

長期の様子を見たら、次は1分足にしよう。

ハイローオーストラリアにもログインだ。

今日もローソク足を使ってみる

日足でも2本の移動平均線がくっついて真横に進んでいた。

これは全然上下に動いていないということだ。

そして、1分足も動きがない

※ローソク足とは (注2

平日の昼間は、欧州通貨はそんなに動かないのは当たり前だ。

夜に、ECBやユーロ関係者の発言があるから今日は特に静まり返っているんだな。

東京時間だから、ユーロ/円(EURJPY)ならよさそうだ

トレード対象を変更しよう!

※ECBとは (注3

残念だがTurboスプレッドではユーロ/円ができないんだ

Turboに変更してしっかりと分析、トレードすることにしよう。

Turboではふだんよりも勝率を上げることが必要なんだ。

ペイアウト率が1.90倍だからだ。

1分足を長期で見たいので、縮小してみた。

過去の安値にもラインを引いたが、ハイローのタイミングらしいものがみつからない。

放っておいたら、すでに午後3時だ。

そろそろ欧州の相場も動き出すころだぞ!

オシレーターのCHOもラインより上、ローソク足も移動平均線より上、だから上目線でいくぞ!

この陰線が弱ければ「High」を買おう

※ペイアウト、ペイアウト額 (注4

勝ったな!

ついでに行きすぎのところで逆ばりもしたぞ。

ところで、移動平均線の下から、上に抜けていくのを「ブレイクアウト」っていうよな!

でもそのまま素直に上がり続けることは珍しいんだ。

一度、調整の下げがあってからまた上がることが多いから、

ブレイクアウトはワンテンポ待ってからハイローしたほうがいいんだぞ

それじゃあ、夜勤に行ってくるぜ!

■■■■脚注■■■■

(注1)イギリスの「合意なき離脱」で何が起きるか(東洋経済新報社)
(注2)ローソク足(ろーそくあし)(野村證券)
(注3)ECB(いーしーびー)(野村證券)
(注4)ペイアウト額(日本証券業協会)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

流動性があってもテーマがないと動かないこともあるんだ

(更新:2019年05月22日) Tボーンです! ドル/円(USDJPY)が上がった! 中国と米国は相変わらず話がまとまらないが、今日はドル/円は上昇しているんだ! ハイローオーストラリアでは、こっちも上がっているオーストラリアドル/円(AUDJPY)をしようと思ったら、 昼頃にはもう動かなくなってしまった。

[続きを読む]

 

終わっていないが、GW最後の月曜日は荒れるのか

(更新:2019年05月09日) Tボーンです! 元号が変わった今年のゴールデンウィークは長かった! 5月6日月曜日も休みなんだ! 為替は欧米では取引されているから、ハイローオーストラリアもできたんだが、 月曜朝には、ドル/円(USDJPY)などのクロス円が急落した。

[続きを読む]

 

ボラティリティが低下しているから連休は気を付けような!

(更新:2019年04月24日) Tボーンです! 歴史上ないような大型連休を前にドル/円(USDJPY)がぜんぜん動かない! MT5で日足を見るとびっくりするくらい横ばいだ! 週の変動率が4%もないそうだ... ボラティリティがないとFXもしにくい。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

最新攻略法投稿

徹底的にトレンドに寄り添えばどうなるか?検証結果は思わぬことに・・・

(更新:2019年05月24日) こんにちは、ミウラです! 前回のラストで、1時間足のトレンドが示す方向のみにエントリーを絞ったほうがいい結果が出るのでは? と書きました! これまでも1時間足など、より長いスパンの時間足の方向性は意識すべきと書いてきましたが、 徹底的にトレンドに合わせた場合、どのような結果が出るかは検討してきませんでした。

[続きを読む]

 

現役証券マンから聞いた【日本人を狙うテクニカル分析のトラップ2種】

(更新:2019年05月22日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! XM口座は世界中の人が持っていて、FXならではのグローバル感がありますね! それはいいのですが、テクニカル分析が得意な日本人を狙ってくるのも世界中のトレーダーやヘッジファンドです! 今回は狙われがちなフォーメーション分析のトラップを含め2種類ご紹介します。

[続きを読む]

 

ビットコインとゴールドのハイローオーストラリアでのコツ

(更新:2019年05月21日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! リスク回避のために買われるはずのゴールドの役割を、 ビットコインが奪ったのかもしれないといわれています! 今回はこの2つのトレードを取り上げます! 日本がせっかく新元号になったのに、日経225が冴えません! 米中貿易摩擦のひとことで説明できるのかどうか、わからないのが本音です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top