Home » 攻略法 » ローソク足1本読み最終回。とても短いローソク足でバイナリーオプションに挑む

ローソク足1本読み最終回。とても短いローソク足でバイナリーオプションに挑む

こんにちは('ω')ノ管理人です!

最終回と言っても、ローソク足1本の最終回です!

これからもどんどんバイナリーオプションに役立つ内容をお届けしますのでご安心ください(*'ω'*)

1本のローソク足には様々な形があります。

最終回の「とても短いローソク足」「迷い」「引き分け」「力の拮抗」という状態を表します。

意味と、使い方やワークする場面とそうでない場面などをご紹介します。



目次

〇 とても短いローソク足が示す「迷い」「引き分け」「力の拮抗」とは?



本題に入る前に、

「ローソク足の本体は短いのにヒゲだけが異様に長くて気になる」

ことがあります。

そこで、先に「step.1 長いヒゲ戦略」を読んでみてください。

今回は、長いヒゲを持つものも含めて紹介しますが、あまりにも目立つ長いヒゲについては予備知識を持っていたほうが分析しやすいと思います。

さて、とても短く、始値と終値の位置が同じローソク足は「寄り引け同時線」(よりひけどうじせん)と呼ばれています。

本体の長さですが、始値と終値が全く同じレートで幅の無いものと少し幅のあるものがあります。

幅のあるものも、無いものと同じように見て良いでしょう。

「他と比べてすごく幅が狭い」という直感的な判断で構いません。

それでは、

「とても短いローソク足」=「寄り引け同時線」が持っている意味です。

図にあるすべてのローソク足に共通の意味になります。

・「迷い」とは、市場参加者の迷いのことです。
そのレートから買っていくか売っていくか。迷っている状態です。迷いの雰囲気があるときは出来高も少なくなります。そして下位の足(もっと短時間のローソク足)を見ると細かいヒゲがたくさん出ていることが多いです。

・「引き分け」とは、市場参加者の売り方と買い方が戦っているけれど、現状では引き分けているということです。
日足がこうなら、「1日中、始値と終値の間を行ったり来たりの戦いが続いたね」と読み取れます。出来高は多い時も少ないときもあります。

・「力の拮抗」とは、引き分けのときの売り方と買い方の力(つまり資金)が同じくらいで、拮抗しているという意味です。
この場合は、出来高が多い場合がけっこうあるので、これが破られるとどちらかに大きく動きます。

これらのどの状態なのかを見極めることは、とても難しいです。

出来高や前後のファンダメンタルなどで想像するしかありません。

また、この3つの組み合わせのときもあります。

正確に読み切れなくても、バイナリーオプション前の心の準備としては有効で

(これを破ったら大きいから、もう少し有利になるまで待とう)などの判断ができ、エッジ(有利さ)につながります。

〇 「寄り引け同時線」一つ一つの意味と使い方



寄り引け同時線には、これだけの仲間がいます。各名前は覚える必要はありません。

最初に、一般的な意味を整理してみましょう。

ところで、いつも「高値圏」「底値圏」とだけ書いていますが、どう見分けるのか謎ですよね。また詳しく説明しますので待っていてください(;^_^A

・「十字」:
完全に迷いの状態。「寄せ線」などと見分けがつきにくいが、上下のヒゲが短めならそのままトレンドが続く確率も高い。

・「寄せ線」:
売り買いが上下に激しかったが、結局始値に戻ったところ。その後相場の勢いや流れが変わることがあるが、反転とは限らない。

・「四値同時」:
始値、終値、高値、安値、がすべて同じ。市場参加者が極端に少ない年末年始など。または迷いで動けない状態。その後の動きはどちらにしても大きめ。

・「トウバ」「上十字」:
上に長いヒゲ。特に高値圏で出るとその後は下降トレンドに変わることが多い。底値圏でも出ることがあるが、株では「買いの弱さ」が残るため決定的な反転となることが少ない。
「上十字」は下にもヒゲがあり、シグナルとしては弱い。どちらもトレンド途中やレンジ中に出てもあまり意味がない。

・「トンボ」「下十字」:
チャートの高値圏で出れば下降、底値圏で出れば上昇のシグナルとされる。つまり反転シグナル。

教科書的な意味は以上です。

でも、全てがこのとおりに出てくれれば、誰も苦労はしませんが、そうでないのが悩みどころです。

次に、これらのローソク足がワークするとき、しないときを見ていきます。

〇 「寄り引け同時線」がワークする条件と、使い方の例



寄り引け同時線は、なんといっても

「トレンド転換しそうな気配をキャッチできる!」

ところが良いのです。

こちらも「反転のシグナル」とだけ覚えてしまい、見た途端にエントリーすると失敗します。

寄り引け同時線が出たら、2つの可能性を考える必要があります。

それは「トレンド反転」「トレンド継続」かのどちらかの可能性です。

「それじゃあ上を買えばいいのか、下を買えばいいのか、わからないじゃないかああああ!」

と思ってしまいますね(笑)。

では、それぞれがワークするときの条件を整理してみましたので、ぜひ今後のトレードに取り入れてみてください。

寄り引け同時線を見つけてから、ハイローオーストラリアで「銘柄」「オプションタイプ」の設定をはじめても充分間に合います。

落ち着いてトレードミスを防ぎましょう。

寄り引け同時線が「トレンド反転」のシグナルとしてワークする条件

・高値圏、底値圏で出たとき
・高値圏、底値圏でいくつかの寄り引け同時線と共に何本か出たとき
・高値圏で上ヒゲ、底値圏で下ヒゲが出たとき
・オシレーターで「買われすぎ」「売られすぎ」が出るなど、他のテクニカルのシグナルと重なったとき
・ファンダメンタル的な理由があるとき


これらは、すべて反対のトレンドに向かっていく確率が高いとみて、トレード準備をします。

寄り引け同時線が「トレンド継続」のシグナルとしてワークする条件

・トレンドの途中で出たとき
・オシレーターなど他のテクニカルで強いトレンドを示しているとき
・ファンダメンタル的な理由があるとき


もし明らかにトレンドの途中で出たら、迷いの後のトレンド継続なので、その次はわりと強いローソク足になることが多いです。

バイナリーオプションでは、「寄り引け同時線」の次のローソク足が出始めた方向を買う準備をします。

〇 「寄り引け同時線」がワークしないときと注意点



ほんとうに偶然だとか、他の理由で寄り引け同時線になってしまうことがあります。

それでは、「寄り引け同時線」がワークしないときです。

・レンジ(持ち合い)相場のとき
・閑散相場のとき
・相場が荒れているとき
・突然のファンダメンタル要因があったとき


閑散相場とは、市場参加者が少ない相場です。

為替では正確な参加者数はわかりませんが、MT4などで「Volumes」を表示させるとだいたいの出来高がわかります。

少なければ閑散相場です。また、東京時間9時の始まる前とか、決まった時間に参加者が減ります。

人が少なければ、売買がぽつーんと離れた価格でたまに成立するので、ヒゲばかりが出て、始値と終値もあまり違わないということになりバイナリーオプションには適しません。

反対に、指標発表などで相場が荒れて方向感のないときも、無駄に出てくるので無意味になります。

〇 寄り引け同時線と長いヒゲのハイブリッド?コマ、タクリ、トンカチ



最後に、少しだけ実体に幅があり、相場の転換点で出やすいといわれる「とても短いローソク足」の説明です。

・コマ:迷いを表す。
・タクリ:高値圏、底値圏で出れば反転の可能性あり。
・トンカチ:高値圏に出たときだけ下降を暗示。底値圏で陽線のトンカチが出たら上昇の可能性。陰線はなぜか決定打とならないことが多い。

名前は覚えなくて良いですし、トンカチの判断は難しいので、一応見ておくだけで良いですよ(*'ω'*)

〇 1本のローソク足総まとめ



何もかも、今まで書いた通りになるわけではありません。

相場には必ずイレギュラーな出来事があり、それが面白いところでもあります。

基本事項はこれで抑えることができたと思いますので、どんどん練習や検証を重ねてみてくださいね(*'ω'*)


HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

ハイロー逆張り派になじむ「グランビル第4の法則」で大攻略!

管理人の知っているハイローオーストラリアのトレーダーには「逆張り派」の人が多いのです! 今回は、そんな逆張り派にとって使いやすい 「グランビルの法則」の「第4の法則」を使います! こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 最後にもうひとつだけ「グランビルの法則」のお話をさせてくださいね。

[続きを読む]

 

高値と安値を意識することで未来を予知できる!?

こんにちは、ミウラです! FXからバイナリーへと移った当初、 とにかくミウラはネットでバイナリーについて調べまくりました! いま、ネットにはたくさんバイナリーオプションの攻略法が紹介されていますよね? なにかいい方法はないかとミウラもそれを読みあさったのです! 「ああ、これはいいな」、「こんなことよく思いつくなあ」、 なんて感心するような鮮やかな手法もありました。

[続きを読む]

 

ハイロートレーダーがすごくよく使っているのは「グランビルの第3の法則」!

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 前回ざっくりと説明だけした「グランビルの法則」ですが、 ハイローオーストラリアのトレーダーがよく使っているのは、 「第3の法則」と「第4の法則」です! 「グランビルの法則」は上昇トレンドと下降トレンドに、それぞれ4つの法則がありましたね! 今回は、その「第3の法則」でハイローオーストラリアを攻略します。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ハイローオーストラリアの天才の真似をしてはみたものの?!

Tボーンです! しばらくハイローオーストラリアを離れていた先輩が、 また復活してくれて嬉しい今日この頃だ! その先輩、ポンド/円(GBPJPY)で天才的なトレードをしているんだ! 今日は懐かしい先輩の手法を試してみよう! 先輩は、週の始まり値にラインを引くインディケータを使っているが、 俺は持っていない。

[続きを読む]

 

最高のチャンスとタイミングを逃さないのは気持ちが良いな!

Tボーンです! 今日、MT5でポンド/円(GBPJPY)のチャートを見たら、150円を上抜けて、 それまでレジスタンスラインだったのに、 サポートラインになったという瞬間に出くわしたぞ! 次に150円に近づいて、 ストキャスティクスが上に向いた瞬間が「上」を買うチャンスだな! おっとこれは5分足のチャートだぞ! ハイローオーストラリアにもログインだ。

[続きを読む]

 

メンタルを鍛えるなんて不可能だ!それよりもこうしよう!

Tボーンです! 今日も健康管理に気を付けて、 スッキリした気分でハイローオーストラリアをトレードしよう! スポーツもそうだが、ほんの少しの体調の乱れや悩み事のせいで トレードがうまくいかないということは、本当にあるんだ! MT4でポンド/円の日足からチェックしていくぞ! ポンドはイギリスの通貨だが、最近はブレグジットの話も聞かないな。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top