Home » 攻略法 » ハイローオーストラリアにもおおいに関係ある!長期トレンドの法則

ハイローオーストラリアにもおおいに関係ある!長期トレンドの法則

更新:2018年07月09日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

「ダウ理論」のお話も今回でいったん最後です!

最初の頃、長期トレンドについては「ハイローオーストラリアにはあまり関係ない」とさらっと流しました!

でも知っていれば有効に応用することができます!

今回は長期トレンドに使うはずの法則が、バイナリーオプションでも応用できるというお話です。

目次

〇 長期トレンドの法則おさらい



「ダウ理論」では、平均価格などについて

今でもすべてのトレーダーが使っている基本中の基本の法則をシンプルにまとめていました。

さて長期トレンドについての法則は、こうでしたね。


(3)長期トレンドには3段階ある


この基本法則は、

ハイローオーストラリアの30秒や15分トレードで使う1分足のチャートでもあてはまるのです。


※長期トレンドほか(注1

〇 長期トレンドの3段階とは?強気相場の場合



ちなみに、3段階というのは3局面ともいいます。

ネットでどう書いてあっても、同じ意味です。


(1)先行投資家が買い集める段階で、出来高も少しずつしか増えない
(2)実際に良い材料がめだちはじめ、追従型の投資家が買い始めるので、出来高も増えてくる
(3)上昇の最終段階。一般投資家が買う場面なので、出来高もチャートも急に上がる



さてこの後は、チャートは下がっていく可能性が高いですよね。

「高値掴み」をするのは(3)の一般投資家です。

また、(3)で上昇したチャートが落ちていくときに

「良い材料は織り込み済みだった」などと後付けのニュースが流れます。


※過去記事「ダウ理論の基本法則」(注2

〇 長期トレンドの3段階とは?弱気相場の場合



弱気相場のときは、強気相場の反対です。

反対に考えればいいだけで、良い材料か悪材料かで買われるか売られるかが決まります。

最初に耳の早い人が悪いニュースをキャッチして売り始めますが、

下げのピークあたりで一般投資家が一気に売ってきます。


ここで「悪いニュースはすでに織り込み済みで、買われ始めた」

「底で売った投資家が上げ相場で損をする」ということが起きるわけです。


※織り込み済み、材料出尽くしとは(注3

〇 1分足でも「長期トレンドの3段階」が通用するわけ



「ダウ理論」は、日足で株式を分析するためのものでした。

それにこれは「長期トレンドの3段階」です。

なのでファンダメンタルの材料が元になっていました。

しかし、ファンダメンタルには関係なさそうな1分足でもこの「3段階」のような動きをします。

なぜなら、「天井で買いたくなる心理」「底で売りたくなる心理」は、

秒単位で世界中のトレーダーの心を刺激し続けているからです。


ほんの数秒あれば「こんなに上昇しているから、チャンスを逃したくない!買って儲けたい!」

または「こんなに下落しているから、チャンスを逃したくない!売って儲けたい!」

という心理は誰の心にも現れます。

みなさんにも、経験があるのではないでしょうか?管理人は、しょっちゅうです笑


※天井とは(注4
※底とは(注5

〇 1分足のチャートでこの法則を使ってみる



ユーロ/ドル(EURUSD)の1分足です。

「1」のところですでに、小さな天井ができています。

ちょうど、前にローソク足でお話した形「トンカチ」(天井と底のサイン)になって

すぐに下降していますね。

ここは、「天井を買った人」が一気に売り浴びせを受けてチャートは下がってしまった場面です。

「長期トレンドの3段階」とほぼ同じ出来事が起きていたのがわかります。

次に、「2」のへんで過去の安値めざして落ちているので、この安値に触って上がるのを期待しました。

ただし、安値ラインに触る前に上がり始めて移動平均線(TEMA)の上に出たので、

「上」の「1分」を買いました。

〇 ハイローオーストラリアでも使えた「長期トレンドの3段階」



さきほどの「1分」はうまくいきませんでした。

どうやら「トンカチ」で上昇するのではなく、ゆっくりと上昇するようです。

そこで「3分」に切り替えて、

さきほどの損失のぶんを取り戻すためにも連続2回の「上」エントリーをして勝ちました。

ここでも、底で慌てて買った人が負けたわけです。

「ダウ理論」は相場の波をとらえる理論で、しかもどんな小さな波でも使えることがわかりました。

テクニカル分析をするときも、知っていると自信が持てて良いですよ!

■■■■脚注■■■■

(注1)短期・中期・長期…個人投資家がとるべき投資スタイルは?(楽天証券)
(注2)「ダウ理論」の基本法則が相場の本質をスッキリまとめている件
(注3)【材料出尽くし】【織り込み済み】(日本証券業協会)
(注4)天井(てんじょう)(乙女のお財布)
(注5)底(そこ)(乙女のお財布)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

「エリオット波動」はなぜディスられる?ほんとうは欠点を知ればもっと使える!

(更新:2018年07月20日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 「エリオット波動」については、前回で基本はわかりました! 今回は、そのデメリットとトレードにどう使うかを、実践を通してみていきましょう! 「エリオット波動論」がディスられる理由である大きな欠点と、 その欠点との付き合い方もご紹介します。

[続きを読む]

 

チャイキンオシレーター(CHO)をシンプルかつわかりやすく解説!

(更新:2018年07月18日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! chieも最近、XMのMT5を使い始めたので、いろんなインディケータを表示させては遊んでいるのです! MT5には、人気インディケータをもっと深堀りした新しいインディケータが標準装備されています! その中で出来高と価格変化の要素を全部盛り込んだ チャイキンオシレーターというオシレーターを見てみましょう。

[続きを読む]

 

「エリオット波動論」の間違いを正して、スッキリ覚えよう

(更新:2018年07月09日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 「エリオット波動」について解説したいのですが、 難解で敷居が高いイメージはハッキリ言って管理人も持っています(笑)! でも、ダウ理論を補足する気持ちも持っていた作者のR・N・エリオットさんは、 相場というものをものすごーくシンプルに説明しようとしていたのです。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

【要注意!】心理の罠にはまらずに、ポンド/円を攻略だ!

(更新:2018年07月17日) Tボーンです! 7月に入って英国の政治がガヤガヤしていたな! ブレグジット担当相が辞任、翌週にボリス・ジョンソン外相が辞任、という人事が続いた! ポンド/円(GBPJPY)の日足だ! 辞任問題があっても上昇した! とにかく上がったり下がったりは相変わらずだな! ※ボリス・ジョンソン辞任(注1) それじゃあ、MT5は1分足にしよう。

[続きを読む]

 

MT5でも虫眼鏡で拡大、縮小してライントレードだ!

(更新:2018年07月06日) Tボーンです! 今日もハイローオーストラリアをしたいと思って、MT5を開いた! ポンド/円(GBPJPY)の1分足なんだが、値動きがあまりないようだな! もうすぐ欧州時間になるから、今だけなのだろうか? ※欧州時間などの特徴(注1) そういえば、英中銀のメンバーの中で、利上げを支持する人がまた一人増えた。

[続きを読む]

 

トレンド分析とオシレータをちゃんと見て「上」を買ったぞ!

(更新:2018年07月02日) Tボーンです! いつもポンド/円(GBPJPY)をトレードしているが、ふと朝の経済指標が気になったから、 NZドル/円(NZDJPY)をやりたくなったんだ! NZドル/円は今日の朝、午前10時に急落した! 「企業景況感」といって、 企業の経営者たちが「景気が良い」と思っているかどうかのアンケート結果なんだが、 悪かった! しかしその後また上昇してきたので、「上」を買いたくて待っているというわけだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top