Home » 攻略法 » ビットコインが暴落したんですけど!でその後にXMでビットコイン用のMT5口座を開設っと

ビットコインが暴落したんですけど!でその後にXMでビットコイン用のMT5口座を開設っと

更新:2018年01月28日

12月に入ってすぐ、ビットコインが暴落しましたね(;'∀')

誰もが「もっと上がる」と言い出した日に……

どうも~!

元保険会社OLでファイナンシャルプランナーの、chieです!

XM.comビットコイン口座をまだ開設していなくて幸運だったのかな(;´Д`)

といいつつ、そろそろ開設しなきゃと思う今日この頃です。

優良FX【XM】はこちらから!


目次

〇 わかってきたビットコインの値動きの癖(?)



ビットコインはインターネットの世界で採掘されて流通するものなので、

チャートを見ても動きの見当がつかないと思っていたら、そうでもなかったです。

たとえばドル/円なんて、

東京時間に(たぶんだけど)日本人が調子に乗って買いまくっていると

欧州時間に売り浴びせやストップ狩りをしてくるし、

経済指標の直前にわざと反対の方向に動かしてきたりしますよね。

ビットコインにはまだこれがない!

チャートの動きが素直です。

ダウ理論もさっとハマります。

それにAIもFXほど使われていないのではないかと思われます。

が、これは個人的な感想。

今のところ、順調に上昇トレンドを作っては、たまにキツイ調整の下げがあるというリズム。

仮想通貨のチャートを見るだけならこのBitfinexがいいかも。(注1

時価総額は30兆円くらいになってるはず。coinmarketcapです。(注2

〇 ビットコインFXの値動きのポイント4つ



で、chieが見つけたビットコインFXのポイントをまとめてみました。

投資は自己責任で★

・調整(暴落ともいうw)がある前に出来高がすこしずつ増える
・大小の調整は、週イチくらいのリズムである(絶対ではない)
・ヘッジファンドなどの「まだまだ上がる」というtweetが増えると、調整がある(安値で拾うために言ってる?)
・難しいテクニカルよりも、基本のダウ理論で見るしかないような


とにかく上がりっぱなしなので、上昇トレンドの「押し目買い」のチャンス待ちメインですね。

シカゴでビットコインの先物が上場されるのが、2017年12月18日。

ここで動きがあるでしょうね。(注3

そして、ビットコインもFXと同じように年末年始で流れが変わるかもしれないので、

12月と1月は慎重にトレードしたいですね。

出来高はMT4のボリュームで見られます。

ダウ理論大和証券さんのサイトで:(注4

ビットコインのニュースサイトは「ビットコインニュース」で、(注5

つぶやきをチェックしているのは、ひろぴーさん('ω')ノ(注6

優良FX【XM】はこちらから!

〇 日本の取引所とXMの決定的な違い2つって?



chieが使っている日本の業者は、ビットコインFXトレードもできるビットフライヤー(bitflyer)です。(注7

そしてこれから使う予定の海外業者が、XMのMT5口座。

MT4口座ではビットコイン取引ができません。注8

で、この2社の決定的な違いが「土日もトレードできるかどうか」です。

「土日もトレードできる」のは、日本のビットフライヤーのほう。

今日、土曜日のビットフライヤーのチャットコーナーはポジショントークでにぎわっています。

残念ながら、XMも土日はトレードできません。

chieは土日はすべて忘れてスパッと休みたいほうだからいいんですけど。

そして2つめの違い!

日本の取引所はサーバーが重い!

動きが遅い!

サーバーが止まる業者もある!


なので、chieは日本の取引所ではビットコインFXはやってないのです。

これからXMでやるよ~!

〇 すべての取引所の危険な共通点を考えつつ、XMのMT5口座を開設!



ビットコインを単に円と交換してお買い物に使うだけなら、

ビットコインFXはしなくていいのですけど、

通貨やCFDみたいにトレードしたいなら、口座が必要。

XMの普通の口座はもう持っているので、

ログインして「追加口座を開設する」でMT5口座開設の申し込みをします。

レバレッジは、ZERO口座だと500倍がMAXなので、888倍にしたいからマイクロ口座を選ぼうかな。

XMの注意書きにもはっきり書いてあるように、

ブロックチェーンの性質上、インターバンクに注文を飛ばすということはできません。

万一XMに大きなトラブルが起きても、ビットコインが全額保証されるとは限らないです。

が、この事情はすべての取引所共通です。

優良FX【XM】はこちらから!

〇 口座開設も無事終えて、ビットコイン雑感



日本でビットコイン取引所が登録制になってからまだ8か月しか経っていないので、

正式に登録した業者も少ないですけどね。

これが金融庁の登録業者一覧。

今は15業者です。(注9

FX業者でも、マネーパートナーズやGMOクリック証券が扱っています。

気になるところでは、アメブロでおなじみサイバーエージェントが2018年に参入の予定。

FX業者じゃないですけどここの社長は勝負師なので、

業界地図を書き換える可能性もあります( ゚Д゚)


が、GMOのビットコインサービスはさっそく顧客と出金トラブルがありました(;´Д`)

システム上仕方ないのか、別口座を新たにイチから作るもの面倒(;^_^A

さてさて、今のところ「ビットコインはバブルだ」「ビットコインは怖い」と言っている人がまだ居る。

ということはもう少し上がるのかもな~なんてchieは思ってます。

ビットコインFXなら売りもできますけどね…ではでは。

優良FX【XM】はこちらから!

■■■■脚注■■■■

(注1)Bitfinex
(注2)coinmarketcap
(注3)米 ビットコインの先物取引開始へ(NHK)
(注4)大和証券
(注5)ビットコインニュース
(注6)ひろぴーさん
(注7)ビットフライヤー(bitflyer)
(注8)XMにて MT5からBTCUSD (Bitcoin / US Dollar) を取引(XMTrading)
(注9)仮想通貨交換業者登録一覧

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

「エリオット波動」はなぜディスられる?ほんとうは欠点を知ればもっと使える!

(更新:2018年07月20日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 「エリオット波動」については、前回で基本はわかりました! 今回は、そのデメリットとトレードにどう使うかを、実践を通してみていきましょう! 「エリオット波動論」がディスられる理由である大きな欠点と、 その欠点との付き合い方もご紹介します。

[続きを読む]

 

チャイキンオシレーター(CHO)をシンプルかつわかりやすく解説!

(更新:2018年07月18日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! chieも最近、XMのMT5を使い始めたので、いろんなインディケータを表示させては遊んでいるのです! MT5には、人気インディケータをもっと深堀りした新しいインディケータが標準装備されています! その中で出来高と価格変化の要素を全部盛り込んだ チャイキンオシレーターというオシレーターを見てみましょう。

[続きを読む]

 

「エリオット波動論」の間違いを正して、スッキリ覚えよう

(更新:2018年07月09日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 「エリオット波動」について解説したいのですが、 難解で敷居が高いイメージはハッキリ言って管理人も持っています(笑)! でも、ダウ理論を補足する気持ちも持っていた作者のR・N・エリオットさんは、 相場というものをものすごーくシンプルに説明しようとしていたのです。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

【要注意!】心理の罠にはまらずに、ポンド/円を攻略だ!

(更新:2018年07月17日) Tボーンです! 7月に入って英国の政治がガヤガヤしていたな! ブレグジット担当相が辞任、翌週にボリス・ジョンソン外相が辞任、という人事が続いた! ポンド/円(GBPJPY)の日足だ! 辞任問題があっても上昇した! とにかく上がったり下がったりは相変わらずだな! ※ボリス・ジョンソン辞任(注1) それじゃあ、MT5は1分足にしよう。

[続きを読む]

 

MT5でも虫眼鏡で拡大、縮小してライントレードだ!

(更新:2018年07月06日) Tボーンです! 今日もハイローオーストラリアをしたいと思って、MT5を開いた! ポンド/円(GBPJPY)の1分足なんだが、値動きがあまりないようだな! もうすぐ欧州時間になるから、今だけなのだろうか? ※欧州時間などの特徴(注1) そういえば、英中銀のメンバーの中で、利上げを支持する人がまた一人増えた。

[続きを読む]

 

トレンド分析とオシレータをちゃんと見て「上」を買ったぞ!

(更新:2018年07月02日) Tボーンです! いつもポンド/円(GBPJPY)をトレードしているが、ふと朝の経済指標が気になったから、 NZドル/円(NZDJPY)をやりたくなったんだ! NZドル/円は今日の朝、午前10時に急落した! 「企業景況感」といって、 企業の経営者たちが「景気が良い」と思っているかどうかのアンケート結果なんだが、 悪かった! しかしその後また上昇してきたので、「上」を買いたくて待っているというわけだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top