Home » 攻略法 » 2本の「先行スパン」に込められた「一目均衡表」のエッセンス

2本の「先行スパン」に込められた「一目均衡表」のエッセンス

更新:2018年04月16日

こんにちは!

NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

バイナリーオプションでも人気の「一目均衡表」、なんとなく使っている人も多いのではないでしょうか!

でもエッセンスを知ると「ちゃんと解って使っている人」になれますよ('ω')ノ

今回はいよいよ雲を作っている2本の「先行スパン」についてです!

見かたを少しずつ覚えていきましょう。


目次

〇 「先行スパン1」と「先行スパン2」ってなんだっけ?



それではまた、計算式から思い出してみましょう。

よく見ればとても簡単です。


「先行スパン1」=(転換線+基準線)÷2
「先行スパン2」=(過去52日間の高値+安値)÷2



こうでした。

足し算と割り算しかありません。

使う価格も高値と安値だけです。

それなのに「一目均衡表」ではとてもよく使われ大切にされています。

そしてもう一つ重要なのが、描く位置です。


「先行スパン1」と「先行スパン2」は当日を含む26日先に描く


こう決まっていました。

この2本の線がまるで今から26日先まで予測できるかのようです。

(日足以外でも使えます)

※一目均衡表によるトレンド分析(注1

〇 2本の「先行スパン」が描く予測



なぜ、今よりも未来に描かれるのでしょうか。

しかもこの2本の線は、その間に色を塗って「雲」とか「抵抗帯」とか呼んでいますね。

これが「時間論」に関係します。

時間を超えて予測ができるのです。

「一目均衡表」の作者が研究の末に「26」と「52」がふさわしいと発見をしました。

「先行スパン」の1と2は、26日間と52日間という時間が、

相場の現在と未来に影響を与えるのだ
ということをいっています。

細かい理由は一般人にはわかりません。

しかし、実際に市場参加者の多くが使っていることで

今や自己実現的に「使える数字」となっています。

え~っと、つまり、難しく考えなくてもすごく使えるインディケータだよということです。

26の倍が52というのも面白いですね。

※一目均衡表とは(注2

〇 2本の「先行スパン」はどうやって未来を予測するか?「抵抗帯」の使い方



何度もいうように「予想」はダメですが「一目均衡表」では「予測」はOKとされています。

なにも考えない「予想」はギャンブルや宝くじと同じですからね('ω')ノ

では「先行スパン」でどうやって未来を予測するのでしょう。

そうです、色を塗って予測するのです!

「抵抗帯」の名前の由来は、価格がそこに触ると抵抗になるからです。

働きとしては、レジスタンスラインやサポートラインと似ています。


「抵抗帯」の上にローソク足があれば「強い相場」
「抵抗帯」の下にローソク足があれば「弱い相場」



こんなふうに判断します。

そして、


「抵抗帯」の外にあるローソク足は、中に入るためにエネルギーが必要
「抵抗帯」の中にあるローソク足は、出るためにエネルギーが必要

「抵抗帯」の幅が広いものは抵抗力も強い
「抵抗帯」の幅が広いものはサポート力も強い

「抵抗帯」の幅が狭いときはローソク足も突き抜けやすい



こんなふうにも使われます。

〇 2本の「先行スパン」はバイナリーオプションで使えるか?



これらの「先行スパン」でできた「抵抗帯」は、

相場のエネルギーのうねりのようなものを教えてくれます。

バイナリーオプションは、

「何かに触ったら反転と見て買う」といったなんらかのシグナルを見てトレードする人がほとんどです。

実際、「一目均衡表」の「雲」に触ったら買うという人もいます。

レジスタンスラインやサポートラインのように使えるわけですから当然です。

ただ、MT4の「一目均衡表」は実は少しずれて表示されるので、

果たして本来の「一目均衡表」の意味どおりに使っているといえるのだろうかと

疑問に思ってはいるのです。

とはいえ、やっぱり使えるんですけどね(^^)/

MT4の使い方(FXTF)注3

〇 実際にハイローオーストラリアで「抵抗帯」を使ってみる



運よく、これを書いているときに

ユーロ/ドル(EURUSD)の1分足が「抵抗帯」に触っては上がっていました。

以前、こういった動きは2~3回は続くとお話しました。

もちろん、絶対にそうなるとは限りません。

今日はもともとユーロが朝から強く、少しのことではバーンと下がらないという下地もあり、

この1.237の付近はちょこちょこと行ったり来たりしていたので、

トレードしてみることにしました。

この瞬間の「抵抗帯」は、過去の買いの強さをあらわしています。

見ると売られては「抵抗帯」に当たって上がっていますね。

「抵抗帯」に触ったら跳ね返ると考えてみます。

売りも頑張っているようですが「3分」程度なら買いが勝ちそうです。

ちょっと「抵抗帯」に入ってますが「上」を買います。

欧州景気概況注4

〇 何時間足でも使える不思議な「抵抗帯」



1分足を見ながら、3分の「Turboスプレッド」をしたのですが、

このように何分足でも何時間足でも使えるのが不思議です。

世界中の市場参加者が見ているかのようですね。

運も良かったのですが、ハイロートレーダーの間で「一目均衡表」の人気がうなずけます。

では、今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました(*'ω'*)

■■■■脚注■■■■

(注1)一目均衡表によるトレンド分析(基準線、転換線など)(日本テクニカルアナリスト協会)
(注2)一目均衡表(日本テクニカルアナリスト協会)
(注3)MT4の使い方(FXTF)
(注4)欧州景気概況(2018年4月)(MUFG)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

ADXは簡単すぎてややこしい?いえ簡単です!

(更新:2019年03月18日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! ハイローオーストラリアのトレーダーでADXを使っている人もいますね! これはMT4やMT5のチャートの下に表示されるオシレーターのひとつです! 3本もラインが重なっていて、一見複雑そうですが意味はシンプルで見かたも簡単です。

[続きを読む]

 

スマートに連勝!そして勝ち逃げ!これができるのがRSI!

(更新:2019年03月15日) こんにちは、ミウラです! MACDよりさらに反応が早いRSIを導入してみましたが、 敏感なインジケータだけに極端な動きをすることがあります! このように70ラインを超えて、100に張り付くような動きですね! RSIは70を超えたところで、買われすぎと判断して売る、というインジケータです。

[続きを読む]

 

トレーダーの4つの段階

(更新:2019年03月14日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 新たにハイローオーストラリアに挑戦することになり、 テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を勉強している方も多いと思います! 多くの書物、そしてトレーダーのツイッターやブログを調べると 初心者から上級者になるまでには、だいたい4つの段階があるといえます。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ハイローオーストラリアでグランビルの法則を使おうとしたが?

(更新:2019年03月22日) イギリスのEU離脱は、決まってから何年も経つうちに、 人間関係も絡んで予定が大幅に遅れそうになってきた! 何度かの議決を繰り返してもまとまらない... ポンド/円(GBPJPY)とポンド/ドル(GBPUSD)は荒くなってはいても、方向は定まっていないな! MT5でポンド/ドルの日足を見ると英議会の前後の動きもまちまちだ。

[続きを読む]

 

教科書どおりにはいかないトライアングル!でも勝利だ

(更新:2019年03月16日) Tボーンです! 2019年の3月29日がイギリスのEU離脱の日のはずだ! それなのにまだなにも決まっていない... そしてポンドは荒れ放題だ... ポンド/ドル(GBPUSD)ならイギリスポンドをドルに換算した値のはずだよな! でもこんなに上下していたら銀行も大変そうだ。

[続きを読む]

 

直近の高値と直近の安値を生かして連続取引した!

(更新:2019年03月14日) Tボーンです!今日はなんだか早く目覚めてしまった! イギリスの政情はあいかわらずだが、ポンド/円(GBPJPY)は東京時間は荒れないからと、 朝から何度かハイローオーストラリアをしていたぞ! おおざっぱな流れが見たくて、5分足にしてみた! 直近に高くなってすぐに下がった価格があるな。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top