Home » 攻略法 » 2本の「先行スパン」に込められた「一目均衡表」のエッセンス

2本の「先行スパン」に込められた「一目均衡表」のエッセンス

更新:2018年04月16日

こんにちは!

NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

バイナリーオプションでも人気の「一目均衡表」、なんとなく使っている人も多いのではないでしょうか!

でもエッセンスを知ると「ちゃんと解って使っている人」になれますよ('ω')ノ

今回はいよいよ雲を作っている2本の「先行スパン」についてです!

見かたを少しずつ覚えていきましょう。


目次

〇 「先行スパン1」と「先行スパン2」ってなんだっけ?



それではまた、計算式から思い出してみましょう。

よく見ればとても簡単です。


「先行スパン1」=(転換線+基準線)÷2
「先行スパン2」=(過去52日間の高値+安値)÷2



こうでした。

足し算と割り算しかありません。

使う価格も高値と安値だけです。

それなのに「一目均衡表」ではとてもよく使われ大切にされています。

そしてもう一つ重要なのが、描く位置です。


「先行スパン1」と「先行スパン2」は当日を含む26日先に描く


こう決まっていました。

この2本の線がまるで今から26日先まで予測できるかのようです。

(日足以外でも使えます)

※一目均衡表によるトレンド分析(注1

〇 2本の「先行スパン」が描く予測



なぜ、今よりも未来に描かれるのでしょうか。

しかもこの2本の線は、その間に色を塗って「雲」とか「抵抗帯」とか呼んでいますね。

これが「時間論」に関係します。

時間を超えて予測ができるのです。

「一目均衡表」の作者が研究の末に「26」と「52」がふさわしいと発見をしました。

「先行スパン」の1と2は、26日間と52日間という時間が、

相場の現在と未来に影響を与えるのだ
ということをいっています。

細かい理由は一般人にはわかりません。

しかし、実際に市場参加者の多くが使っていることで

今や自己実現的に「使える数字」となっています。

え~っと、つまり、難しく考えなくてもすごく使えるインディケータだよということです。

26の倍が52というのも面白いですね。

※一目均衡表とは(注2

〇 2本の「先行スパン」はどうやって未来を予測するか?「抵抗帯」の使い方



何度もいうように「予想」はダメですが「一目均衡表」では「予測」はOKとされています。

なにも考えない「予想」はギャンブルや宝くじと同じですからね('ω')ノ

では「先行スパン」でどうやって未来を予測するのでしょう。

そうです、色を塗って予測するのです!

「抵抗帯」の名前の由来は、価格がそこに触ると抵抗になるからです。

働きとしては、レジスタンスラインやサポートラインと似ています。


「抵抗帯」の上にローソク足があれば「強い相場」
「抵抗帯」の下にローソク足があれば「弱い相場」



こんなふうに判断します。

そして、


「抵抗帯」の外にあるローソク足は、中に入るためにエネルギーが必要
「抵抗帯」の中にあるローソク足は、出るためにエネルギーが必要

「抵抗帯」の幅が広いものは抵抗力も強い
「抵抗帯」の幅が広いものはサポート力も強い

「抵抗帯」の幅が狭いときはローソク足も突き抜けやすい



こんなふうにも使われます。

〇 2本の「先行スパン」はバイナリーオプションで使えるか?



これらの「先行スパン」でできた「抵抗帯」は、

相場のエネルギーのうねりのようなものを教えてくれます。

バイナリーオプションは、

「何かに触ったら反転と見て買う」といったなんらかのシグナルを見てトレードする人がほとんどです。

実際、「一目均衡表」の「雲」に触ったら買うという人もいます。

レジスタンスラインやサポートラインのように使えるわけですから当然です。

ただ、MT4の「一目均衡表」は実は少しずれて表示されるので、

果たして本来の「一目均衡表」の意味どおりに使っているといえるのだろうかと

疑問に思ってはいるのです。

とはいえ、やっぱり使えるんですけどね(^^)/

MT4の使い方(FXTF)注3

〇 実際にハイローオーストラリアで「抵抗帯」を使ってみる



運よく、これを書いているときに

ユーロ/ドル(EURUSD)の1分足が「抵抗帯」に触っては上がっていました。

以前、こういった動きは2~3回は続くとお話しました。

もちろん、絶対にそうなるとは限りません。

今日はもともとユーロが朝から強く、少しのことではバーンと下がらないという下地もあり、

この1.237の付近はちょこちょこと行ったり来たりしていたので、

トレードしてみることにしました。

この瞬間の「抵抗帯」は、過去の買いの強さをあらわしています。

見ると売られては「抵抗帯」に当たって上がっていますね。

「抵抗帯」に触ったら跳ね返ると考えてみます。

売りも頑張っているようですが「3分」程度なら買いが勝ちそうです。

ちょっと「抵抗帯」に入ってますが「上」を買います。

欧州景気概況注4

〇 何時間足でも使える不思議な「抵抗帯」



1分足を見ながら、3分の「Turboスプレッド」をしたのですが、

このように何分足でも何時間足でも使えるのが不思議です。

世界中の市場参加者が見ているかのようですね。

運も良かったのですが、ハイロートレーダーの間で「一目均衡表」の人気がうなずけます。

では、今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました(*'ω'*)

■■■■脚注■■■■

(注1)一目均衡表によるトレンド分析(基準線、転換線など)(日本テクニカルアナリスト協会)
(注2)一目均衡表(日本テクニカルアナリスト協会)
(注3)MT4の使い方(FXTF)
(注4)欧州景気概況(2018年4月)(MUFG)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

試験に出る?テクノ・ファンダメンタル分析の例2つ

(更新:2018年12月10日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! NTAAというのは「日本テクニカルアナリスト協会」という意味なのですが、 ここの試験の一番最初に「テクノ・ファンダメンタル分析」について出題されることが多いです! そんなに難しい話ではありません! トレードや相場予想のときに、 テクニカル分析とファンダメンタル分析をバランスよく使いましょうという意味なのです。

[続きを読む]

 

平均足が使える理由!それは数値の計算方法にあり!

(更新:2018年12月06日) こんにちは、ミウラです! 前回、平均足について一通り紹介したのですが、 これまでに使用してきたボリンジャーバンドのシグナルや酒田五法のパターンとはまた異なる分析法ですので、 これらと組み合わせれば予測精度の大幅な向上が期待できます! 前回の説明では少しわかりにくい部分もあったので、ちょっと補足を加えつつ、 より詳しく平均足の特徴と使い方について見ていきたいと思います。

[続きを読む]

 

実際のトレードをみながら覚えたい「ブレイクアウト」トレード

(更新:2018年12月04日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! よくブレイクアウトでトレードするといいますが、 「やってみて失敗したのでもう嫌」だという人も多いのではないでしょうか! 今回は、そんな「ブレイクアウト」手法のハイローオーストラリアでの失敗例と対策です。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

動く理由も動かない理由もわからなくなったポンドだ!

(更新:2018年12月11日) Tボーンです! FXニュースサイトでは、イギリスのEU離脱のニュースばかりが流れている! 11月下旬には、英語側の案をEUが承認したというので話題になっていたのだが、 ポンド/円(GBPJPY)は数日間、動いていない! 2019年3月から正式に離脱の手続きはスタートするはずだが、まだまだ心配だ。

[続きを読む]

 

フィッシングのように待つハイローオーストラリアだ

(更新:2018年12月05日) Tボーンです! イギリスとEUがいよいよ離脱内容を同意したのかと安心していたら、まだまだ二転三転しそうだ! Tボーンは英語もわからないから、もっと違うのかもしれないが、メイ首相は意志がとても強いようだな! 心配になるくらいだが、無事にEU離脱をすすめてほしいものだ! MT5でポンド/円(GBPJPY)の日足を出してみた。

[続きを読む]

 

MT5の新しい武器「板注文画面」は使えるのか?

(更新:2018年11月26日) Tボーンです! このまえ、ポンド/円(GBPJPY)の日足を見て「そろそろ下がるのか??」と考えていた! そのときは決定的なトレンド転換のシグナルはなかった! しかしやっとしっかりと下がってきたな! ハイローオーストラリアにもログインだ! ※トレンド転換(注1) ※ポンドほか市況(注2) 次に1時間足を分析だ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top