Home » 攻略法 » 「ストキャスティクス」の使い方、RSIと同じところ違うところ

「ストキャスティクス」の使い方、RSIと同じところ違うところ

更新:2018年12月30日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

ストキャスティクスではラインの名前だけでなく、

「スロー」の意味も親しみづらいものでした!

でももう名前のことは諦めて、ハイローオーストラリアで前向きに使っていきましょう(^^)/

前回書けなかった「ストキャスティクスの基本的な使い方」をRSIと比べながらご紹介します。

目次

〇 これがストキャスティクスの3つの使い方です


ストキャスティクスの使い方は、ほぼRSIと同じですが、

2本あるので、分析方法が広がるのが良いところです。

大きく分けると以下の3つの使い方があります。

1・「買われすぎ売られすぎ」をみる
2・2本のラインの関係(ゴールデンクロス、デッドクロス)をみる
3・ダイバージェンスをみる


とってもシンプルです!

〇 ここで「%Kってなんだっけ?」な、おさらい


ここでもう一度だけ、MT4にストキャスティクスの2本のラインが描かれるまでをおさらいしましょう。

・最初に%Kの値を出すが、それはMT4には描かれない。
・次に%Kの移動平均線のような%Dを出し、MT4に描く。
・最後に、%Dの移動平均線を出し、MT4に描く。(これがスロー%D)


MT5でも同じです。

これが2本のストキャスティクスのラインの意味です。

〇 1.ストキャスティクスの「買われすぎ売られすぎ」


ここから3つの使い方をお話していきます。

同じ期間に合わせたRSIと比べながらみていきましょう。

上の図を見てくださいね(^^)/

RSIの期間「14」に対し、ストキャスティクスも%Kを「14」にしました。

「買われすぎ売られすぎ」をみるための上下のラインもそれぞれ「80」「20」に合わせました。

これをレベルラインといいます。

そして、以下のように使います。

レンジ相場に限ります

・「80」ラインよりも上にあるときは「買われすぎ」で、次の下降に備える。
・「20」ラインよりも下にあるときは「売られすぎ」で、次の上昇に備える。


売買タイミングがすぐに来るというわけではありません。

それから、MT4装備のままだとレベルラインは「70」「30」になっています。

好みは人それぞれですが、

「70」「30」のほうがシビアなので、信頼度は高いかもしれません。

※過去記事「RSIの設定方法」 (注1

〇 2.ストキャスティクスの2本のラインの関係を使う方法


次は、ストキャスティクスを作っている2本のラインの使い方です。

ここがRSIとの最大の違いかも!

この2本は、最初におさらいしたように「移動平均線とそのまた移動平均線」なので、

使い方は移動平均線やMACDをイメージすればわかると思います。

具体的な使い方は以下になります。

こちらもレンジ相場のときです!

・ラインが2本とも「80」の上にあり、かつ%Dがスロー%Dを上から下に突き抜けたら、売りシグナル
・ラインが2本とも「20」の下にあり、かつ%Dがスロー%Dを下から上に突き抜けたら、買いシグナル


移動平均線のデッドクロスやゴールデンクロスの使い方とよく似ています。

それに合わせてオシレーターの特徴である「買われすぎ売られすぎ」

一緒に見ることができるので楽なんですよね(^^♪

※過去記事「移動平均線の使い方」 (注2

〇 3.ストキャスティクスのダイバージェンスを使う


ダイバージェンスなので、トレンドができているときに使います。

トレンド相場で使うのはこのパターンだけということですね(^^)/

・上昇トレンドで使う。
チャートが高値を切り上げているときにストキャスティクスが高値を切り下げているなら、次の下降トレンドの準備をする

・下降トレンドで使う。
チャートが安値を切り下げているときにストキャスティクスが安値を切り上げているなら、次の上昇トレンドの準備をする


いずれも、「次のトレンドの準備をする」だけであって、

「次は必ずトレンドが変わる」という意味ではないので注意しましょう。

上の図は、RSIと比べたダイバージェンスの出方です。

たまたまなのですが、(2)と書いた赤いラインのダイバージェンスでは、

RSIはうまく出してくれませんでしたね。

注意点としては、ストキャスティクスが敏感すぎるのにも気を付ける必要があり、

毎回ダイバージェンスどおりになるとは限らないことです。

※ダイバージェンスとは (注3
※過去記事「ダイバージェンス」 (注4

〇 まとめ!RSIとの違いとどちらを選ぶか?


ここまでストキャスティクの使い方でした。

もしハイローオーストラリアのときに使ったことがなければ、

まずはクイックデモをしてくださいね。

RSIとの違いはラインが2本なのと、ズバリ「ストキャスティクスのほうが敏感で大きく動く」ことです。

それで、微妙な動きを捉えたい「30秒」~「5分」くらいまでのハイローオーストラリアに向いています

(通貨や時間帯で合わないときもあり)

それから、パラメータ設定についての補足です。

レベルラインは「70」「30」のときも同じ使い方ができますが、シグナルが出るのが遅くなります。

ハイローオーストラリアのクイックデモをしながら好きなほうに決めてください。

参考までに、管理人は「70」「30」で使っています

次回から実戦で使った様子などをお送りする予定です!

お楽しみに。

■■■■脚注■■■■

(注1)点線を極める!「RSI」の70%の意味と設定方法と使い方

(注2)ハイロー逆張り派になじむ「グランビル第4の法則」で大攻略!

(注3)ダイバージェンス(カブドットコム証券)

(注4)「RSI」があてにならないなんて嘘です!これだけ使えるから見直してあげて!

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

スタンダード・デビエーションとボリンジャーバンド

(更新:2019年11月14日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! スタンダード・デビエーションは日本語で標準偏差という意味で、MT4とMT5にあるインディケータです! 標準偏差といえばボリンジャーバンドが有名ですが、合わせて使うととても便利です! 見た目はオシレータのように見えますが、ナビゲーターのメニューでは「トレンド」のところにあります。

[続きを読む]

 

DMIトレードはこれで完璧!3つ目のパターンは逆張りで勝つ!

(更新:2019年11月11日) こんにちは、ミウラです! これまでにDMIを使ったトレードで2パターンを見てきました! 1つ目は、+DI、-DIがADXに追いつかれた場面! この時点でトレンド一服として逆張りするという方法でした! 画像の例では、 -DIが+DIの上にあるので下降トレンドですが、ADXに追いつかれて下げは終了! highで入って勝ちという場面です。

[続きを読む]

 

国内業者の強制ロスカットとXMのゼロカット比較

(更新:2019年11月07日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! ある日トレード仲間が 「国内業者の強制ロスカットにひっかかってお金が減った」と嘆いているのを耳にしました! XMのゼロカットシステムはわかりやすくて覚えやすいルールですが、 国内業者の強制ロスカットとはどういうシステムなのでしょうか! XMと比較をしてみましょう。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

市場の流れが変わる秋だからドル/円だ

(更新:2019年11月07日) Tボーンです! おおざっぱなんだが、日本では立冬のころ、 欧米では冬時間に変わったころ、今頃の話だ! この時期は毎年、なんとなく為替市場の雰囲気が変わる!  大企業や各国が需給を変化させるんだろうな。

[続きを読む]

 

合意はどうなったんだ?ポンドはすごく上昇しているが

(更新:2019年10月29日) Tボーンです! EUと英国のボリス・ジョンソン首相が合意したということでポンドが上昇した! だがその後また、すんなり話が進まなくなったんだ! しかしポンドは少し反応しただけでやっぱり上昇している。

[続きを読む]

 

レンジ相場のユーロが動くのはいつだろう

(更新:2019年10月10日) Tボーンです! 最近オーサム・オシレータというのも使ってるんだが、 不思議とトレンドに敏感みたいだ! 今日はユーロ/ドル(EURUSD)が気になったから見ているぞ! 1時間足ではそんなに派手な動きはないようだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top