Home » 攻略法 » 助成金を増やすためにハイローオーストラリア?やめましょう笑

助成金を増やすためにハイローオーストラリア?やめましょう笑

更新:2020年04月21日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

日本政府が収入が減った世帯などを助けるために無利子で資金を貸す制度が固まってきました!

すでに受付もはじまっているようです!

しかし、

「これでめいっぱいお金を借りてハイローオーストラリアで10倍にしよう」と思いついても実行してはいけません(笑)

目的が違うからですよね。

でも「そうしてもいい人」もいますので説明しますね。

目次

〇 条件に合えば借りたほうがいいですが


※この記事は強引にハイローオーストラリアをおすすめするものではなく、ひとつのアイデアを提供するものです

コロナ対策で、自営業、中小企業、フリーランスの方で前年の同月よりも売り上げが5%以上減ったという条件と、

それぞれの申し込み先が決めている条件を満たした人はお金を借りることができます
(詳しくはリンク先で)

しかし、本当に困っている人のための制度ですから当たり前ですが嘘をついてまで借りてはいけません。
(審査があるのでわかってしまいますが)

そして、借りたお金は事業を立て直すためという本来の目的のために使いましょう。
(トレード事業を法人にしている人はトレードに使えます)

※新型コロナウイルス感染症特別貸付(日本政策金融公庫) (注1
※マル径融資(日本政策金融公庫) (注2
※雇用調整助成金(厚生労働省) (注3

〇 もし30万円もらったら?


上にあげた事業主への貸付のほかに、1世帯に30万円(?)ずつ配るという話も出てきています

そしてTwitterでは「〇〇を買おうかな~」などとみんなつぶやいています。

そういう場合はいくらかハイローオーストラリアをしてみてもいいと思います。

これも本当に生活に困っている人は全額を生活費に充てましょう。
(どうしてもという方は5,000円だけハイローオーストラリアしてください)

ハイローオーストラリアをする余裕があるという人でも、

最初は3分の1の10万円までにしてほしいと思っています

〇 10万円にする理由


繰り返しますが、ハイローオーストラリアに使うのは3分の1の10万円をおすすめします。

お金を残しておく理由はひとつだけ。

「まだこれから何があるかわからないから」です。

新型コロナウイルスの世界的流行も予想がつきませんでした。

そして収束する時期も予想がつきません。

その対策のために配られるお金ですから、3分の1でも多いくらいかもしれません。

たとえば新社会人には「貯金の10%を株に使ってみましょう」とアドバイスするファンドマネージャーもいるくらいです

※厚生労働省「令和元年の初任給」 (注4

〇 なぜ30%以上使ってもいいのか


たった10万円というよりも、もらったお金の30%以上を使うというと大きく感じますね。

でもハイローオーストラリアのトレードはお金を増やせる可能性が、ふつうにあります

ちゃんと練習し自信がついた人が

「どうしても配られたお金でハイローオーストラリアをして増やしてみたい」というなら止める理由はないのです。

自信のある人だけは、もらったお金でハイローオーストラリアしてもいいのではないかと思っています。

最初に「そうしてもいい人」と書いたのはこういう人にあてはまります。

そして自信は誰にでもつけることができるのです。

※上の図は令和元年の初任給です。
参考にしてください。

〇 トレードの自信はどうしたらつく?


トレードだけでなく料理でもなんでもそうですが、自信のつけかたはシンプルです。

・教えてもらって、できたらほめてもらうという体験を繰り返す
・自分で考えたことを試してみて、成功体験を繰り返す
(失敗したら改善して成功につなげましょう)


要するに実践を積み重ねるうちに自信がつくということですね。

ハイローオーストラリアの場合は実践(練習)のためにクイックデモを使って試せます

教えてもらうことは実は難しく、いい先生がみつかりにくいものです。

儲かる方法を素直に誰にでも教える人は少ないのです。

このブログでも、真面目にトレード方法や向き合い方を書いています。

ほめることができないのは残念ですが、心の中で応援していますのでぜひじっくり読んでください。

〇 トレード参考記事


最後に参考記事を載せておくので続けて読んでくださいね。

無理せず自信をつけていきましょう。

・初歩的な考え方は…
※参考記事:「ハイローオーストラリアで失敗しないためのチャート」
※参考記事:「ハイロー取引に挑戦」 
※参考記事:「ハイローオーストラリアでは勝って兜の緒を締めよ!?」

・テクニカル分析では最初にローソク足を知ろう
※参考記事:『「HighLow」で稼ぐにはローソク足を制せ!?』
※参考記事:「高値と安値を意識することで未来を予知できる!?」

・勝率については…
※参考記事:「ハイローオーストラリアでのトレードは勝率だけ?期待値を簡単に使う方法です」

ひとまずここまで読んで、トレードの骨格をしってください。

その後は好きなことを検索するなど知識と実践を深めても大丈夫です。

大変な時期ですが、前向きに乗り切りましょう!

■■■■脚注■■■■

(注1)新型コロナウイルス感染症特別貸付(日本政策金融公庫)
(注2)マル経融資(小規模事業者経営改善資金)(日本政策金融公庫)
(注3)雇用調整助成金(厚生労働省)
(注4)令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況(厚生労働省)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

【投げる】【こなす】の意味とハイローオーストラリアでの使い方

(更新:2020年05月29日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! 「ハイローオーストラリアってなに?FX?」 「検索して勝ち方を見てもなにを言っているかわからない!」 「専門用語だと思って調べてもどこにも意味が書いてない」 悩みは尽きませんね! 今回も「誰もちゃんと教えてくれない用語」の意味です。

[続きを読む]

 

やはり最終目標は連勝狙い!エンベロープトレードで美味しい場面とは?

(更新:2020年05月28日) こんにちは、ミウラです! エンベロープ+中央に平均線というのが今のチャート構成ですが、 最終的に狙っていきたいのは、やはり連勝で稼ぐスタイルです! 後から平均線を追加したのもエントリーのチャンスを増やすためですね! 前回でお話しした長いスパンでチャートを眺める、という部分も、 連勝を狙うタイミングを見定めるのに役立ちます。

[続きを読む]

 

海外FXと国内ノックアウトオプションの気になるところだけ3つ比較

(更新:2020年05月27日) こんにちは! ファイナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! XM(XMTrading)やiFOREXは海外FXと呼ばれ、 レバレッジの高さと損失額を限定できるのが主な魅力です! ところで最近、まったく同じ魅力を持ったとされる国内FXのオプションを扱う業者が増えました! 今回は、特に気になる部分だけを比較してみます。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

いよいよライン引きを教えることになった!

(更新:2020年05月22日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリア初心者の友達に教えていることをここでも書いているんだ! テレワーク中にハイローオーストラリアをしてはいけないが、家で過ごす時間は充実させたいよな! MT5でチャートを見るぞ。

[続きを読む]

 

スプレッドありでもペイアウト率2.2倍は嬉しいよな

(更新:2020年05月11日) Tボーンです! ハイローオーストラリアのHighLowでペイアウト率2倍キャンペーンは終わってしまった! それでもTurboで1.95倍は嬉しいな! Turboスプレッドはなんと2.2倍だ! ドル/円(USDJPY)のスプレッドが今は0.2pipsだった。

[続きを読む]

 

今回はすこしレベルアップして移動平均線を使おう

(更新:2020年04月24日) Tボーンです! 2020年1月から流行している新型コロナウイルスのせいで収入が減った友達のために ハイローオーストラリアを教えているんだ! もちろん、給料のように毎月一定額の利益があるというものではない。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top