Menu
Home » 攻略法 » ハイローオーストラリアで失敗しないためのチャート

ハイローオーストラリアで失敗しないためのチャート

更新:2018年06月26日

ハイローオーストラリアで取組めるのは、バイナリーオプション投資のハイロー取引!

ある銘柄の相場が一定時間経過後に(判定時に)取引開始時よりも

“上がっているか・下がっているか”

を予想、それが当たれば利益が得られるという投資商品です!

ですが“利益”を狙うなら事前準備は必須!

地道な“予想的中率の引上げ努力”と“損失防止対策”が欠かせません。

よって早速、バイナリーオプションの“失敗取引を減らし利益をアップさせるコツ”を学んでいきましょう。

【勝つにはチャート分析とエントリータイミングが命!】



ハイロー取引は、上記の通り「2択」を行う投資。

つまり、相場が上がるか下がるかのどちらかを選んで

資金を投入(エントリー)するだけの単純な仕組なので、

極端なことをいえば何の投資知識がなくても始めることが可能です。

しかし、そうは言っても適当に取引していては最終損益を“プラス”にするのはムリ! 

稼ぐには、まず最低限“チャートの基本”を覚え、

チャートから相場傾向を読み取れるようになる必要があります。


そしてチャートを頼りに先の相場を予想し

“このあと相場は下げるな・上げるな”

と確信が持てたところでタイミングよく取引をして初めて利益が出せるのです。

HIGHかLOWかを“勘”で選んでいては利益を望むことはムリ…と心得てください。

さて、予想を決めたら“いざ取引”!

狙いを定めたら素早く“購入ボタンを押す(取引にエントリーする)”のがポイントです。

せっかく相場予想をしても、エントリータイミングを逃せば利益には結びつきません。

ここだと思うタイミングが来たら迷わずスピーティに動きましょう。

(ただし、エントリーミスをしないよう急ぎながらも慎重に!)

【ハイローオーストラリアでの取引のコツとは?】

ハイローオーストラリアのチャートは非常にシンプルで、

横軸時間・縦軸価格でリアルタイムに表示されています。

左部には「トレーダーズ・チョイス」と言われる、

リアルタイムでのトレーダーの選ぶHigh/Lowを確認することができます。

シンプルと言うのは決して褒めているわけではありません。

テクニカル分析をするには不十分で、このままでは勝率を上げることは不可能でしょう。

ここでは相場を読むために、MT4(Meta Trader 4)を導入して、

チャートのテクニカルでバイナリーオプション取引の勝率を上げるためのアイデア
をお伝えします。

MT4は世界中のトレーダーが利用しているソフトウェアです。

チャートのカスタマイズが容易で、ローソク足や移動平均線などの表示や

RSI・ストキャスティクスなどのオシレータを表示することができます。

一般的に、株やFXで用いられる「テクニカル」

このようなチャート・オシレータを正しく表示させることで確認することができます。



【バイナリーオプションで役に立つテクニカルとは?】

では、どのようなテクニカルがバイナリーオプション取引に役立つかを紹介しましょう。

まず、基本チャートは「ローソク足」です。

ローソク足はまず一定期間の値上がりを示す陽線と値下がりを示す陰線があります。

陽線の下端は始値・上端は終値で、陰線の上端は始値・下端は終値を示しています。

ローソク足にはローソクの芯にあたる「上ひげ」「下ひげ」があります。

上ひげは「最高値」、下ひげは「最安値」を示しています。

ローソク足を複数本見てトレンドを予測するには「酒田五法」と呼ばれる手法があります。

基本的な酒田五法の考え方は三山と三川です。

三山はトップピークが3つ並んだ時、三川はボトムピークが3つ並んだ時を指します。

三山はそれ以上値が上がらない、三川はそれ以上値が下がらないことを示唆しています。

このように、酒田五法の基本的な部分はスイングトレードのように長期目線が向いているので、

バイナリーオプション取引の取引期間によっては判断が間に合わない場合もあるでしょう。

そこで、ローソク足と組み合わせて「移動平均線」と「ボリンジャーバンド」を用いる方法があります。



【移動平均線】

まず、移動平均線が得意としているのは「トレンドがどう言う状態か」を確認することです。

長期・中期・短期の移動平均線を表示させ、

チャートが右肩上がりで且つ下から長期・中期・短期の順に移動平均線が並んでいる場合

強い「上昇相場」と言えます。

逆に右肩下がりで且つ下から短期・中期・長期の順に移動平均線が並んでいる場合

強い「下落相場」と言えます。

移動へ金銭が長期・短期・中期と綺麗に並んでいない場合は

「持ち合い」つまり「レンジ相場」を指しています。

移動平均線を用いたバイナリーオプション取引の指標には「ゴールデンクロス」「デッドクロス」があります。

ゴールデンクロスは下落相場で短期線が上向き、中期・長期線とクロスすることで、「買い」の指標です。

逆にデッドクロスは上昇相場で短期戦が下向き、中期・長期線とクロスすることで、「売り」の指標です。

非常に分かりやすい指標なのですが、その後元に戻ることもよくあり、「ダマシ」になることもよくあります。

ですが、市場心理的には同様に判断されるため相場も動きやすく、

勝率を向上させることができるでしょう。



ボリンジャーバンド

次にボリンジャーバンドが得意としているのは「反発のタイミング」を知ることです。

ボリンジャーバンドは、そのバンド内に値が入る確率を示しています。

複数本表示が可能ですが、2σのライン内に入る確率は95%です。

つまり値が2σに近づいたとき、その線を越える確率が5%と非常に低いため、

反発するポイントになり得ます。

これらのテクニカルがバイナリーオプション取引で導入しやすいテクニカル指標でしょう。

勝率を上げるためにはこれらの指標が必須です。

MT4で確認しながら取引に役立ててくださいね。



【予想が外れそうでも慌てず途中決済でリスク減!】


しっかりチャートを読んだつもりでも予想を外すことは珍しくありません。

でも、そんなときも慌てなくて大丈夫! 

なんとハイローオーストラリアには、

相場予想を外してしまっても損失を最小限に抑えられる嬉しい機能があるのです。

それは“転売機能”

コレを使えば、購入したオプションを転売すること…

要は、エントリーした取引を判定時刻の前に途中決済することができるのです。

(3分間の取引なら判定時刻の1分前まで、1日単位の取引なら判定時刻の10分前までというように時間に制限あり)

ハイロー取引は、予想を外すと、その取引に投入した資金が丸ごと“没収”されるルール。

ですが

「エントリーに失敗した…、このまま判定時刻を待っていたら確実に予想を外すな」

と思ったとき、焦らず“転売のボタンをポチッ!”とすれば

(投資金の一部は失うものの)投資金の全額没収は免れることができ、

損失を最小限に食い止められるんですね!


ちなみに…この転売機能

「今このタイミングで取引を終えれば利益が出るけれど、判定時刻まで待ったら損をするかも…」

といった状況での使用も効果的。

途中決済をして得られる利益は、

正規に予想を当てた場合(判定時でもらえる利益)より少なくはなります。

それでも確実に利益確保ができるのは大きなメリットでしょう。 

この通り転売機能は、損切りだけでなく堅実な利益の積み重ねにも役立つもの。

バイナリーオプション投資での失敗リスクを減らし稼いでいきたいなら、

この「転売」機能の使い方についても前もって練習しておくことをオススメします。

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

最新攻略法投稿

MACDとOsMA(Moving Average of Oscillator)でハイローチャンスが増える?!

(更新:2021年04月09日) MACDのことはよく知られていますが、 MACDのMACDであるOsMAはあまり使われていないようです! MT4にもMT5にも標準であります! ハイローオーストラリアでは、 できるだけ売買チャンスを増やしたいですが適当にやるわけにはいきません! そこで、この2つをMT5に出しましょう! インディケータを上手に組み合わせると、良いチャンスを数多く絞り込めるので使ってみましょう。

[続きを読む]

 

個々人の環境で適正値が変わる?フィボナッチアークのスケール設定とは

(更新:2021年04月06日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチアークはとても使いやすい指標なのですが、 証券会社やアナリストなどが公表する市場分析ではほぼ、用いられていません! 頻繁に使用されるフィボナッチ・リトレースメントとは大違いです! ※ 上昇トレンド崩れたナスダックはまだ危機脱せず、一時的反発の可能性(ブルームバーグ)(注1) なぜ、フィボナッチアークがこうした分析で用いられないかというと、 フィボナッチアークはスケール(縮尺)の設定のしかたによって、形状が大きく異なるからです。

[続きを読む]

 

リトレースメントの発展型?フィボナッチアークの正体とは

(更新:2021年03月29日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチリトレースメントとは少し異なるアークの使い方を解説しましたが、 使い方に違いはあってもリトレースメントもアークも同じ性質のものです! フィボナッチアークは、リトレースメントに横の広がり(時間の概念)を持たせたアレンジバージョンであり、 リトレースメントを補強したオブジェクトです! そこで今回は、 【フィボナッチアークを利用することで、リトレースメントがどのように補強されるか】 についてお話します。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

相関性が消えた為替市場でもハイローチャンスはある!

(更新:2021年04月05日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、平均足を使っているがうっかりチャート設定を消してしまった! 出し直して、ラインチャートを表示させて再スタートだ! ローソク足と平均足が重なると見づらいからな! バーチャートが見えるように「プロパティ」「全般」で「チャートを前面に表示」にしておこう。

[続きを読む]

 

【向かいやすい価格】というのは信頼できるか

(更新:2021年03月04日) 初心者の味方Tボーンです! とっても前回は実験トレードが失敗してしまった! Tボーンもはじめは初心者だったんだと振り返るきっかけになったぞ! ポンド/円(GBPJPY)は相変わらず上がっている。

[続きを読む]

 

レンジ相場トレードの実験は失敗だった!

(更新:2021年02月05日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリアにも関係ありそうだが、 ファイザー製薬の売り上げはワクチンだけでもすごいらしいな! 150億ドルの予想だそうで、これはドルが上がる一因なのだそうだ! いちおう覚えておいて、Tボーンはいつものポンドを確認するぞ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

Top