Menu
Home » 攻略法 » ローソク足を読んで稼ごう「HighLow(ハイローオーストラリア)」

ローソク足を読んで稼ごう「HighLow(ハイローオーストラリア)」

更新:2017年10月03日

これから「HighLow(通称ハイローオーストラリア)」でバイナリーオプション投資をやっていこうとお考えの方へ!

バイナリーオプションは仕組が分かりやすく誰でも気軽に取組めるのが特徴です。

でも…これも損失リスクのある投資。

事前準備ゼロで始めるのは非常にリスキーです! 

勘頼みで取引をすれば“大損をしてスグに資金が尽きる”という事態にも陥りかねません。

それを防ぐには、やはり事前学習がオススメ。

最低限の投資知識は学んでおく必要があるでしょう。

【ローソクチャートの読み方】


なかでも特に押さえておきたいのが「ローソクチャートの読み方」!

なにもチャート分析の達人になる必要はありません。ただ根拠を持って相場予想ができるようになるために、チャートの大まかな読み方くらいは予め頭に叩き込んでおくべきです。

例えば、下げ相場で大陽線(白く長い線)が現れたら上昇の兆し、高値圏で大陰線(黒く長い線)が現れたら下落に転じる兆し。

また大きく相場が下げた後、下に長くヒゲが伸びた陽線が現れたら相場の上昇期待が持てる一方、上に長くヒゲが伸びた陽線が現れた時には上昇局面が一段落しそう…

など、それぞれの線が持つ特性は必ず押さえておきたいところです。

さらにローソク足は、その並びも重要。

例えば“陰線が出た翌日に前日の陰線を完全に包み込む長い陽線が現れる、陽線が出た翌日に前日の陽線を完全に包み込む長い陰線が現れる”といった組み合わせが見られた場合は、典型的なトレンド転換の兆候です。

このようにローソク足の並びにも、相場の方向感を捉えるのに役立つパターンが存在するため、そうしたものも徐々に覚えていくと良いですね。


【チャートは必ずしもパターン通りに動かない!?】


バイナリーオプション投資(特にハイローオーストラリアの短期取引)をするときには相場のチャート分析が必須!

でも、ここで覚えておくべきことが1つ。

それは「相場の動きはパターンから外れることも多い」ということです。

チャートのパターンを利用して相場の方向感を探っていくのはバイナリーオプション投資の基本手法。

ですが困ったことに、そうしたパターン知識が全く役に立たない相場局面も頻繁に発生します。

相場は様々な事柄の影響を受けて動くもの。

人の心理や天災といった予想できない要因が相場を大きく揺るがすことも多く、また相場には“ダマシ”と呼ばれるトレーダーを惑わす動きも出現するため、必死にチャートに向き合ったからといって予想精度が100%になることはありません。

そうした観点から見るとチャート分析を過信しすぎるのも考えもの…。

けれど、チャート分析を取り入れれば、チャートを見ない場合よりも先の相場展開の可能性を探りやすくなるのは事実! 

ですから、ローソクチャートの基礎はやはり真っ先に押さえ、シッカリ取引に活用していきたいですね。

【チャートの基本知識】


バイナリーオプション投資を始めるさい、何より欠かせないのはチャートの基本知識ですが、その分析結果が100%当たる保証はないため過信するのは要注意。

投資を進めていくうえでは、世界のニュースなど幅広い情報にも積極的に目を向けていくべきでしょう。

日頃から世界の経済・政治動向に気を配るなど、あらゆる方面にアンテナを張り、そこから得た情報とチャート分析とを組み合わせていくのが理想です。

ぜひバイナリーオプション投資を始めようと思うならチャートの基本を本やネットで学ぶと同時に、ぜひ世界のニュースをチェックする時間を毎日の生活の中につくるようにしてみてください。

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

最新攻略法投稿

MACDとOsMA(Moving Average of Oscillator)でハイローチャンスが増える?!

(更新:2021年04月09日) MACDのことはよく知られていますが、 MACDのMACDであるOsMAはあまり使われていないようです! MT4にもMT5にも標準であります! ハイローオーストラリアでは、 できるだけ売買チャンスを増やしたいですが適当にやるわけにはいきません! そこで、この2つをMT5に出しましょう! インディケータを上手に組み合わせると、良いチャンスを数多く絞り込めるので使ってみましょう。

[続きを読む]

 

個々人の環境で適正値が変わる?フィボナッチアークのスケール設定とは

(更新:2021年04月06日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチアークはとても使いやすい指標なのですが、 証券会社やアナリストなどが公表する市場分析ではほぼ、用いられていません! 頻繁に使用されるフィボナッチ・リトレースメントとは大違いです! ※ 上昇トレンド崩れたナスダックはまだ危機脱せず、一時的反発の可能性(ブルームバーグ)(注1) なぜ、フィボナッチアークがこうした分析で用いられないかというと、 フィボナッチアークはスケール(縮尺)の設定のしかたによって、形状が大きく異なるからです。

[続きを読む]

 

リトレースメントの発展型?フィボナッチアークの正体とは

(更新:2021年03月29日) こんにちは、ミウラです! フィボナッチリトレースメントとは少し異なるアークの使い方を解説しましたが、 使い方に違いはあってもリトレースメントもアークも同じ性質のものです! フィボナッチアークは、リトレースメントに横の広がり(時間の概念)を持たせたアレンジバージョンであり、 リトレースメントを補強したオブジェクトです! そこで今回は、 【フィボナッチアークを利用することで、リトレースメントがどのように補強されるか】 についてお話します。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

相関性が消えた為替市場でもハイローチャンスはある!

(更新:2021年04月05日) 初心者の味方Tボーンです! 最近、平均足を使っているがうっかりチャート設定を消してしまった! 出し直して、ラインチャートを表示させて再スタートだ! ローソク足と平均足が重なると見づらいからな! バーチャートが見えるように「プロパティ」「全般」で「チャートを前面に表示」にしておこう。

[続きを読む]

 

【向かいやすい価格】というのは信頼できるか

(更新:2021年03月04日) 初心者の味方Tボーンです! とっても前回は実験トレードが失敗してしまった! Tボーンもはじめは初心者だったんだと振り返るきっかけになったぞ! ポンド/円(GBPJPY)は相変わらず上がっている。

[続きを読む]

 

レンジ相場トレードの実験は失敗だった!

(更新:2021年02月05日) 初心者の味方Tボーンです! ハイローオーストラリアにも関係ありそうだが、 ファイザー製薬の売り上げはワクチンだけでもすごいらしいな! 150億ドルの予想だそうで、これはドルが上がる一因なのだそうだ! いちおう覚えておいて、Tボーンはいつものポンドを確認するぞ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

限定ボーナス見る? 

HighLow公式サイト口座開設

Top