Home » 攻略法 » 「RSI」のもうひとつの汚名、売られすぎ買われすぎの正しい意味!

「RSI」のもうひとつの汚名、売られすぎ買われすぎの正しい意味!

更新:2018年09月06日

こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です!

「RSI」はオシレータ系の基本の基本だとおもっているので、

しつこ~く取り上げますよ('ω')ノ

今回は「RSI」のもう一つの汚名である「買われすぎ売られすぎ」についてです!

「こんなの使えない!」と結論づけるのは、

いいかげんなネットの情報がよくなかったのです!

「買われすぎ売られすぎ」を考える前にここを読んでくださいね。

目次

〇 「買われすぎ売られすぎ」を考える前にここを読んでくださいね!



オシレータ系の基本「買われすぎ売られすぎ」については、

知っている方がほとんどだと思います。

でも、しつこ~く説明しますね!

注意することだけ覚えておけば、正しく使いこなせるようになるのです。

先にぜひ過去記事の

『「RSI」とは小学生でもわかるくらいな基本中の基本なオシレーターだった!』

をおさらいしておいてください。


※過去記事「「RSI」とは小学生でもわかるくらいな基本中の基本なオシレーターだった!」注1

〇 オシレータ系の基本「買われすぎ売られすぎ」とは?



過去記事にもすこし書いてありますが、

オシレータ系といえば「買われすぎ売られすぎ」を見るものです。

見かたは簡単で、「RSI」なら以下のようにします。


・70のラインよりも「RSI」が上なら「買われすぎ」
・30のラインよりも「RSI」が上なら「売られすぎ」



70と30のラインはMT4とMT5で「RSI」を表示させると描かれる2本の点線です。

イメージとしては

「最高に買われているところを100%とすると 70%くらいが70ライン」のように考えてもOKです。

見づらいと思えば太い実線にもできますし、

80と20というような位置に変えることもできます。


※オシレータとは(注2

〇 「買われすぎ売られすぎ」の正しい使い方その1「レンジ相場のとき」



相場の行き過ぎ(買われすぎ売られすぎ)を教えてくれるインディケータには、

誤解が多いのです。

何も知らなければ、ネットで検索して単純に

「買われすぎだからここで売ればよい」と思ってしまいますが、それでは失敗します。

さて「RSI」では「買われすぎ売られすぎ」は

正しくは以下のように「レンジ相場の時だけ」使います。

ごちゃごちゃするので「買われすぎ」の場合だけ書きますね。


・レンジ相場のときに70ラインより上になった後、下がってラインを下抜けたら「下を買う」(FXなら売り)

(30ラインのときは、売られすぎでこの反対です。図は30ラインの売られすぎの時の場合ですよ)

〇 「買われすぎ売られすぎ」の正しい使い方その2「トレンドがある相場のとき」



次は、トレンドができているときです。


・チャートが上昇トレンドのときに「RSI」は70ラインの上にずっとあるかぎり「上を買い続けることができる」(FXなら売りの継続)


以前にも書きましたが、

70ラインの上だからと言ってすぐに「下」(売り)というわけではないのです。

ずっとあるなら、それは「上昇トレンドが強い」ということになります。

これめちゃくちゃ重要です。


(30ラインのときは、下降トレンドが強いということで、図にあるとおりです)

〇 「買われすぎ売られすぎ」でも使えるダイバージェンスとヒドゥン・ダイバージェンス



それから、70ラインよりも上にありつづけるとき、それでも少しずつ下がったりします。

これはダイバージェンスということですから、

ダイバージェンスの分析をすることもできるのです。

上の図では、30ラインのダイバージェンスの例になっています。

これは、30ラインの下にありつづけていますが、

少しずつ「RSI」が下値を切り上げてダイバージェンスになっています。


その後、チャートが上がっています。

(ヒドゥン・ダイバージェンスも同じようなことが起きますが、説明はまたの機会に)


※過去記事「ヒドゥン・ダイバージェンス」(注3
※過去記事「ダイバージェンス」(注4

〇 「買われすぎ売られすぎ」ですぐ勝てる?



「RSI」の使い方、いかがでしたか?

レンジ相場のときとトレンドが出ているときと180度違うというお話でした。

これは何かを思い出しますね!

そうです。

ボリンジャーバンドの考え方と同じです!


「RSI」だけでなく、「買われすぎ売られすぎ」と書いてあるようなインディケータは

すべてこの考え方が使えるんですよ!

でもハイローオーストラリアでは、エントリータイミングが重要ですので、

これだけの知識だけではすぐには勝てません。


クイックデモで練習すると自分なりのタイミングがつかめるようになります。

そして「実践ブログ」のトレードも参考にしてみてください。

がんばりましょう!


※過去記事「ボリンジャーバンドの基礎の基礎」(注5
※参考「株の買われすぎ」(注6

■■■■脚注■■■■

(注1)「RSI」とは小学生でもわかるくらいな基本中の基本なオシレーターだった!
(注2)オシレーター(おしれーたー)(野村證券)
(注3)「RSI」の「ヒドゥン・ダイバージェンス」がサラっとわかる解説
(注4)「RSI」があてにならないなんて嘘です!これだけ使えるから見直してあげて!
(注5)「ボリンジャーバンド」の基礎の基礎
(注6)売られすぎの反動相場と戻りの目安(楽天証券)

HighLow.net

公式サイト 口座開設

最新攻略法投稿

フィボナッチ・リトレースメントでハイローオーストラリアしてみる!

(更新:2019年02月19日) こんにちは、NTAA認定テクニカルアナリストの管理人です! フィボナッチ・リトレースメントはレジスタンスやサポートラインとして使えます! 今回はその前提でハイローオーストラリアのトレードに使ってみましょう! 読みながらぜひクイックデモでいっしょにやってみてくださいね。

[続きを読む]

 

扱いが難しい両ヒゲ・・・これも大きな利益のチャンス!?

(更新:2019年02月18日) こんにちわ、ミウラです! 最近は平均足の上ヒゲ陽線や下ヒゲ陰線を主な手がかりにしてトレードをしていますが、 ほとんど手付かずの平均足の形状があります! 前にちょっとだけ触れたかもしれませんが、「両ヒゲ」てやつですね! このように上にも下にもヒゲのついた平均足のことです。

[続きを読む]

 

通貨オプションのストラドルの意味とFXでの使い方!

(更新:2019年02月15日) こんにちは! フィナンシャルプランナーで、海外FX大好きトレーダーのchieです! 国内FX業者さんの相場情報のなかに「110円にロング・ストラドルがありまして」といった発言があります! これは主に通貨オプションという取引をしている市場参加者のポジションについていっています。

[続きを読む]

 

その他の攻略法はこちらから

最新ブログ投稿

ハイローオーストラリアのクイック入金が終了したんだ!どうしたらいい?

(更新:2019年02月19日) Tボーンです! ハイローオーストラリアはクイック入金が便利だったよな! でも2019年1月31日までで終了してしまった! いつも見ている入金画面でも消えていて寂しい気分になるが、大丈夫だ! 理由は取引先の銀行の要望だったらしい。

[続きを読む]

 

ユーロは強いんだろうか?レンジ相場でのハイローオーストラリアだ!

(更新:2019年02月14日) Tボーンです! ハイローオーストラリアにファンダメンタルズは直接は関係なさそうだ! それでも大きな経済状況だけは掴んでおきたいよな! 今日もユーロ/ドル(EURUSD)を見ている! 月足だが、去年2018年は下がったんだな! ユーロ危機のときだった! Tボーンはいつもポンドを見ているが、ユーロ/ポンド(EURGBP)の取引高も世界では大きいよな。

[続きを読む]

 

元号も変わることだし、チャイキンオシレータを使ってみるか!

(更新:2019年02月12日) Tボーンです! 日本では平成から新しい元号に変わるぞ! 発表されるのが4月だそうだから楽しみだな! いつもハイローオーストラリアのトレードのときに使っている、 ボリンジャーバンドとストキャスティクスから別のインディケータに変えてみるぞ! 新たなチャレンジをしたいんだ。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

HighLow.net

公式サイト 口座開設

Top